小池栄子“万里江”の欲しいものが父・小林薫"達男”のおかげで手に入れることができた<コタツがない家 最終回>

欲しかったものが手に入った万里江(小池栄子)は「プレゼント返し」と言って夫・悠作(吉岡秀隆)を抱きしめた/(C)日テレ

小池栄子“万里江”の欲しいものが父・小林薫"達男”のおかげで手に入れることができた<コタツがない家 最終回>

12月21日(木) 22:35

小池栄子主演の水曜ドラマ「コタツがない家」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系/Huluにて配信)の最終話となる第10話「クリスマスの奇跡」が、12月20日に放送された。本作は、小池演じる会社社長兼カリスマウエディングプランナーの深堀万里江が、夫・息子・父親というダメ男を養う“笑って泣けるネオ・ホームコメディー”。悠作(吉岡秀隆)との離婚を回避できた万里江だったが、まだまだダメ男3人衆に悩まされる日々が続く。(以下、ネタバレを含みます)
【写真】保留案件になっていた志織(ホラン千秋)の結婚問題も無事解決

■ダメ男たちのせいで万里江は家でも大黒柱にならざるを得ない状況に

主人公・万里江は、”彼女に頼めば離婚しない”と称される伝説のウエディングプランナー。多忙な中、取材を受けたりもしていて、業界での注目度も高く引っ張りだこ。仕事を生き甲斐にしているが、家族に負い目を感じてもいる。というのも、夫・悠作は廃業寸前の売れない漫画家(ペンネームはフカボリ遊策)で、いつも家の中でゲームをしたり、グダグダ過ごしているだけ。廃業寸前の売れない漫画家の夫・深堀悠作を演じるのは吉岡秀隆。

また、アイドルを夢見るもオーディションに脱落し進路に迷う息子・深堀順基に、民放ゴールデン・プライム帯連続ドラマ初出演となる作間龍斗(HiHi Jets)が配役。そして、熟年離婚で一人になり万里江に引き取られる父親・山神達男を小林薫が演じる。

さらに、悠作と一緒に再び一発当てたいという野望を持つ編集者・土門幸平を北村一輝、万里江の部下であり良き相談相手だが自身の結婚には悩むウエディングプランナー・八塚志織をホラン千秋、万里江の母で達男と熟年離婚し、楽しい独身を謳歌(おうか)する貝田清美を高橋惠子が演じている。

また、万里江に憧れ、結婚式を万里江に依頼すると決めていた新婦・酒井ひかるに富田望生、万里江の会社「フェリシュラン」で働くウエディングプランナー・師島澄彦にオクラホマ・河野真也、同じく「フェリシュラン」で働くアシスタント・首藤凛奈に石川萌香が配役。

そして、順基と同じ私立高校に通うクラスメート・原木田れいら役に平澤宏々路、志織と同棲する徳丸康彦役に中川大輔、「フェリシュラン」の近くでキッチンカー「ブロンソン」を営み万里江の心の拠り所となる主婦・霞田和恵役に、ドラマ初出演の野々村友紀子が抜てきされている。

■クリスマスに万里江が欲しいプレゼントはお金で買えないもの

悠作との離婚を回避することができた万里江。そんな深堀家にもクリスマスが近づいてきた。息子・順基が欲しいものはダウンコート。バイトをしているが7万円もするので自分では買えないという。父・達男は”自分の部屋”が欲しいと言うが、なかなかそれも難しそう。悠作は”家族からの尊敬”が欲しいようだが、それも簡単ではなさそうだ。

万里江が欲しいものは、お金では買えないもの。それを口に出して伝えることはしなかったが、順基が分かったらしく、耳打ちして伝えると、大正解だった。


■悠作はあと少しのところで漫画を描くのをやめてしまった

離婚しないことになった悠作は、あと少しのところで漫画を描くのをやめた。”離婚するまで”を描くということで始めたので、離婚しないことになった今はもう描けないという。そういうところはかなり頑固。

もう一つの保留案件だった志織(ホラン)と彼氏・徳丸(中川)の”結婚”については、徳丸がプロポーズをして、結婚する運びとなった。悠作が徳丸と話したことが結婚につながったのかどうかは定かではないが、結果的に結婚することとなったので、悠作は万里江と買い物に行ったついでに、小さめのテレビを買ってもらった。

これによって深堀家の中に動きがあった。テレビを買ったことで、これまでずっと一階のリビングでテレビゲームをやっていた悠作が、仕事部屋でゲームをすることが可能に。そうなったことで、一階の和室は達男の部屋になり、達男の欲しかったものが手に入った。

また、順基が欲しがっていたダウンコートは、万里江が奮発して買ってプレゼントにしようとしたが、順基は祖母のところに彼女を連れて行き、ちゃっかりとダウンコートを買ってもらっていた。

■達男が自分の部屋にサウナを購入

万里江から「好きなように使っていい」と言われていた達男は、まさかの”室内サウナ”を設置。

万里江は驚いたが、悠作は「うち、コタツがないのにサウナあるんだよ。おかしくない?」と笑いが止まらない。それにつられて笑い始めた万里江だったが、笑っているうちに止まらなくなっていった。

実は、達男が室内サウナを買ったのはファインプレーというか、ミラクルを起こすほどの出来事だった。

後日、編集の土門が深堀家にやってきた。悠作の漫画の原稿を受け取りに来たという。驚いた万里江が、悠作の仕事部屋に行くと、悠作はソファで眠っていたが、机の上には「コタツがない家」というタイトルの漫画の原稿が置かれていた。

”離婚”ではなくなったが、和室にサウナを設置する達男の行動がおかしくて、漫画を描こうという気持ちになったようだ。読んで涙を流す万里江に、「クリスマスプレゼント。欲しかったあれって、それのことなんでしょ?」と悠作。

万里江は「もう大みそかですけどね」と答えつつも、プレゼントのお返しと言って悠作を抱きしめ、「尊敬してあげる」とささやいた。

みんなが欲しかったものを手に入れることができて、まさにハッピーエンドを迎えた深堀家。しかし、ドラマは最終回を迎えてもきっとダメ男3人衆はまだまだ万里江を困らせることばかりしてしまうのだろう。深堀家がどうなっていくのか、その先が気になる。

◆文=ザテレビジョンドラマ部



【関連記事】
【写真】新入りが西堀亮“熊さん”と親しくしているのを嫉妬する小林薫“達男”
【写真】吉岡秀隆“悠作”の腰を足で踏み付けるぞんざいなマッサージをする作間龍斗“順基”
小池栄子“万里江”が吉岡秀隆“悠作”との離婚を回避、見出した着地点「30年後に離婚したっていいじゃない」<コタツがない家>
吉岡秀隆“悠作”の断筆宣言が招いた深堀家崩壊の危機<コタツがない家>
父・小林薫”達男”の鬼怒川での知られざる恋に小池栄子”万里江”も困惑<コタツがない家>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ