「本物!あっぱれ」神田うの 脅威のセレブ味覚に視聴者衝撃「さすが美食家」

「本物!あっぱれ」神田うの 脅威のセレブ味覚に視聴者衝撃「さすが美食家」

12月9日(土) 11:00

12月7日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に、タレントの神田うの(48)が美川憲一(77)とともに出演。そこで美食家としての一面を披露し、ネットで話題となっている。

2人が登場したのは、「ミシュランレストランでシェフからニチレイフーズの冷凍食品が提供されても気づくことができるか?」というドッキリ企画。2人のほかには辻希美(36)と杉浦太陽(42)夫妻、山口もえ(46)と安めぐみ(41)、お笑いコンビ「なすなかにし」が挑戦していた。

そして“ラスボス”として登場したのが、神田と美川だ。「ミシュランレストランにはしょっちゅう行く」と話した神田。最初に提供された、実際にシェフが作った手羽先を食べると、「フォアグラと八角の香りがすごくいい」「八角を使うところがさすがシェフ」と絶賛した。

しかし、二品目に冷凍食品のチャーハンを出されると、「ちょっとお味が強め?濃い感じというか。お肉は、こういうお肉も使うんですか?」と切り込んだ。そして美川が「美味しいけど、なんか普通っぽいわね」と言うと、神田は「普通っていうよりも……。ちょっとごめんなさい。塩分が強すぎます、私には」と指摘した。

また神田は、続いて提供された冷凍食品のあんかけ焼きそばについて、「キクラゲが随分小っちゃい。もっとプリッとしたキクラゲは仕入れられなかったんですか?」とシェフに質問。さらに「っていうかシェフ、なんか変じゃない?アシスタントが作った?」と畳み込んだ。

この発言を受けて、番組スタッフとニチレイフーズ側が「この後、冷凍食品の唐揚げを出す勇気がない」という結論を出し、ドッキリだったとネタバラシをすることに。そして、2品が冷凍食品だったと明かされた神田は「え~!」と驚き、冷凍食品について「お手軽っていうのが、プライオリティが一番のとこだと思うんですよね」とフォロー。さらに、こう語った。

「『お腹空いた』って言って、いただけるの、温かいものがね。で、これだけのものが。それだけで本当に私は神だと思う。スゴいと思う」

父は東大出身の元エリート官僚で、夫は会社経営者である神田。また自身もストッキングなどのブランドを立ち上げるなどし、その年商は数十億円ともいわれている。そんな神田が今回の『モニタリング』で超セレブな味覚ぶりを発揮したため、ネットでは驚きとともに讃える声が相次いでいる。

《うのさん凄かったですね。自分なら全く気が付かないで、美味しといいながら食べてると思う。普段からいい物を食している人なんだなと感じました》
《神田うのさんの舌 噂とかイメージじゃなくてホンマもんだったの解る》
《さすが美食家》
《やはり美食家の舌は、本物!あっぱれ》

web女性自身

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ