主演・阿部サダヲ×脚本・宮藤官九郎『不適切にもほどがある!』に山本耕史、古田新太ら出演決定!

ドラマ『不適切にもほどがある!』に出演する(上段左から)山本耕史、古田新太、(下段左から)三宅弘城、袴田吉彦、中島歩

主演・阿部サダヲ×脚本・宮藤官九郎『不適切にもほどがある!』に山本耕史、古田新太ら出演決定!

12月8日(金) 7:00

阿部サダヲが主演し、宮藤官九郎が脚本を務めるドラマ『不適切にもほどがある!』の新たなレギュラーキャストとして、山本耕史、古田新太、三宅弘城、袴田吉彦、中島歩の出演が発表された。

【写真】主演・阿部サダヲ×脚本・宮藤官九郎ドラマ『不適切にもほどがある!』2024年1月スタート共演に仲里依紗・吉田羊・磯村勇斗

本作は、昭和のダメおやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意識低い系タイムスリップコメディー。

阿部演じる昭和のおじさん・小川市郎は、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂。コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく。脚本は宮藤官九郎が務め、妻を亡くした市郎とその一人娘、そしてタイムスリップしたことで出会う人々との絆を描く、ヒューマンコメディとしての要素も持つ完全オリジナルストーリーだ。

市郎がタイムスリップした令和で出会うシングルマザー・犬島渚役を仲里依紗、1986年に生き、とあるアイドルに心酔するあまり、その身なり言動をすべて完コピする男“ムッチ先輩”こと秋津睦実役を磯村勇斗、2024年から1986年に息子と共にタイムスリップする令和の社会学者・向坂サカエ役を吉田羊が演じる。また、市郎の娘・小川純子役で河合優実、サカエの息子・向坂キヨシ役で坂元愛登の出演が決定している。

そしてこのたび、新たなレギュラーキャストとして、山本耕史、古田新太、三宅弘城、袴田吉彦、中島歩の出演が決定した。

EBSテレビでアシスタントプロデューサーとして働く渚の先輩でプロデューサーの栗田一也を演じるのは山本耕史。宮藤×磯山晶プロデューサーのタッグ作品には現在配信中のNetflixシリーズ『離婚しようよ』で初出演、地上波ドラマでは今作が初となる。

山本が演じる栗田は、2024年のテレビ局で情報番組を手がけるプロデューサー。ある事件が起こったため、担当番組のコンプライアンスを過度に気にしなければいけなくなり、市郎と渚をとんでもないトラブルに巻き込んでいくことになる。コミカルな役からシリアスな役まで多彩な役柄を演じてきた山本が栗田をどのように演じるのか。

古田新太が演じるのは、物語のキーマンとなる“ある男”。古田は『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)や『木更津キャッツアイ』(2002年)などこれまで数多くの宮藤×磯山作品に出演しており、いずれも存在感を強く残している。そんな古田が本作でも衝撃的で重要な役柄を演じる。古田演じる“ある男”とは一体何者なのか…?

金曜ドラマ『俺の家の話』(2021年)以来、3年ぶりのTBSドラマ出演となる三宅が演じるのは、吉田演じるサカエの元夫で、物語の核となるタイムマシン型バスを開発した大学教授・井上昌和。

袴田が演じるのは、1986年の市郎や純子、地元民の溜まり場となっている喫茶店「すきゃんだる」のマスター。TBSドラマのレギュラー出演は『ママとパパが生きる理由。』(2014年)以来約10年ぶりとなる。

そして、金曜ドラマ初出演となる中島が演じるのは、1986年の市郎の同僚である昭和の中学教師・安森。令和からタイムスリップしたキヨシが通うことになる中学校のクラス担任でもあるという役どころだ。

なお、今夜8日22時放送の金曜ドラマ『フェルマーの料理』第8話の放送後に、本作の第1弾ティザー映像を初解禁する。

金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』は、TBS系にて2024年1月より毎週金曜22時放送。

■関連記事
【写真】山本耕史は仲里依紗演じる渚の先輩でコンプラにがんじがらめのプロデューサー役
【写真】宮藤官九郎×磯山晶Pタッグ作品の常連・古田新太は物語のキーマンとなる男役
【写真】河合優実、『不適切にもほどがある!』で阿部サダヲの娘役
『きのう何食べた?』公式、“小日向大策”山本耕史の誕生日を祝福たくましすぎる二の腕にも注目集まる
古田新太、飲酒してスタジオ入り柄本明にド緊張「シラフでは無理」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ