池田エライザ×野田洋次郎『舟を編む』に柴田恭兵・美村里江ら実力派俳優出演決定

ドラマ『舟を編む 〜私、辞書つくります~』キャスト陣 (C)NHK

池田エライザ×野田洋次郎『舟を編む』に柴田恭兵・美村里江ら実力派俳優出演決定

11月30日(木) 7:00

池田エライザが主演を務め、野田洋次郎が共演する2024年2月18日スタートのドラマ『舟を編む 〜私、辞書つくります~』(NHK BS、NHK BSプレミアム4K)に、柴田恭兵、矢本悠馬、美村里江、岩松了ら実力派俳優の出演が決定した。

【写真】ドラマ『舟を編む』、池田エライザ、野田洋次郎、柴田恭兵らキャスト陣

本作は、辞書作りにかける情熱を描いた、三浦しをんによるベストセラー小説のドラマ化。原作の主人公・馬締ではなく、新入り社員・岸辺みどりの視点から辞書編集部員たちの奮闘を描く。

大人気ファッション誌の編集部員・岸辺みどり。雑誌の廃刊が決まり、突如異動になった先は辞書編集部。そこは、ぼさぼさ頭で超がつくほどの生真面目上司・馬締光也を筆頭に、くせ者ぞろい。みどりは、彼らに翻弄されながらも、1冊の辞書を作るために10数年間に及ぶ時間と手間をかける根気と熱意に触発され、次第に自らも言葉の魅力を発見、辞書編さんの仕事にのめり込んでいく。辞書「大渡海」を完成させるまでの、辞書編集部員たちの奮闘物語だ。

このたび、柴田恭兵、矢本悠馬、美村里江、岩松了、渡辺真起子、前田旺志郎の出演が決定した。

柴田が演じるのは、日本語学者・松本朋佑(ともすけ)。玄武書房初の中型辞書『大渡海』の発起人であり、監修者。常に用例採集カードを持ち歩き、耳慣れない言葉を聞くと、すぐに記録する。穏やかな佇まいながら、“辞書の鬼”と呼ばれるほど言葉への探求心が強い。

松本朋佑役の柴田は、「松本先生は、温かくて優しくて、信念をしっかり持っていて、どこかチャーミング。台本が素晴らしいので、1話1話本当に胸を打つ。役者とスタッフが頑張ってこのドラマの舟を編んだら、きっと見て下さった人の心にちゃんとこのドラマの舟は届くと思うし、届いたらいいなと思います」と期待を込める。

矢本が演じるのは、製紙会社・あけぼの製紙の営業担当・宮本慎一郎。中型辞書『大渡海』用の紙の開発に取り組み、馬締の要望に苦労しながら、より良い紙の開発を目指す。みどりと“究極の紙”を作るため切磋琢磨するうち、恋心が…。

宮本慎一郎役の矢本は、「自分は辞書の紙を担当する役柄なのですが、言葉もおもしろいですが、紙もなかなか深い世界です。早くこの作品の面白さを視聴者の方と分かち合いたい!そんな気持ちで撮影しております」と熱意を明かす。

美村が演じるのは、馬締の配偶者・香具矢。旧姓、林。神楽坂で「月の裏」という小料理店を営む板前。馬締が下宿していた大家の孫娘で、馬締が生まれて初めて“一目ぼれ”を経験し、長文の恋文を送った相手。みどりの良き理解者にもなっていく。

馬締香具矢役の美村は、「三浦しをんさんの小説が大好きで、連載中の挿絵からコミカライズなど担当された雲田はるこさんの画集まで持っている原作ファンです。映画もあったのにドラマ化?どんな風になるのかなと思っていたら、想像の遥か上を行く素晴らしい台本が次々と…」とコメントを寄せる。

岩松が演じるのは、馬締を辞書編集部へ引き入れた、元・玄武書房辞書編集部員・荒木公平。定年退職後は、社外編集者として、松本と企画した中型辞書『大渡海』を完成させるため、馬締たちと作業を続ける執念の男。根っからの辞書好き。

荒木公平の岩松は、「辞書の中に入ってゆく人たちという独自の世界を描いてあって、このワンタッチで言葉もその意味も照合できる今の時代に、ひとつの言葉を、ああでもないこうでもないと言い合ってる人たちの姿は、シリアスなのかコミカルなのかも判然としない面白さがあります。と同時に、この効率優先の現代社会に、奥ゆかしくも静かに闘いを挑んでいるような趣きもあって、一出演者としては、その闘いに参加しているんだなと、身を引き締めている次第です」と作品の魅力を語る。

渡辺が演じるのは、辞書編集部の事務員として雇われている契約社員・佐々木薫。長年、辞書編集部のありとあらゆる事務作業をそつなく取りまとめており、辞書作り以外、身の回りのことがおろそかになりがちな馬締の面倒も見ている。

佐々木薫役の渡辺は、「言葉は私と他者を結ぶとても大切なものです。上手に使うことはできていないし、学びきれていないことだらけですが、『舟を編む』この物語のように、コツコツと学んでいきたいと思っています。主人公のみどりさんの私の見つけ方を楽しみに、皆さんにご迷惑をかけないよう精一杯役割に努めさせていただきます」と意気込みを明かす。

前田が演じるのは、玄武書房・辞書編集部のアルバイトリーダー・天童充。体育会系のノリでチームをけん引する。大学生で、日本語学を専攻。辞書を引くのが、達人レベルで早い。無愛想で、異動してきた新参者の社員・みどりとよく衝突する。

天童充役の前田は「自分の生活の中で言葉の意味を調べる時って知らない言葉が出てきたり聞いたりした時だけでした。しかし今回の作品に天童役として出させていただく事が決まり、普段から辞書と触れ合うように習慣づけるようになりました。その過程の中で知っている言葉の意味が辞書ではどのように説明されているのかを調べるのが楽しくなりました」と思いを語る。

原作ファンにとって、本作を語る上でかかせない存在、西岡正志役も12月に発表予定だ。

ドラマ『舟を編む 〜私、辞書つくります~』は、NHK BS、NHK BSプレミアム4Kにて2024年2月18日より毎週日曜22時放送(全10回)。

新キャストのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>


■柴田恭兵

「言葉」で思い出すのは、『舟を編む』の訓覇Pとは、『ハゲタカ』というドラマの時、撮影中、僕が肺がんになってしまって、「申し訳ないけど、続けることはできないかもしれない、代役を立ててもらえないか」と言ったら、「待ちます!」と言われたんです。その時の「待ちます」って言葉が強烈で、現場に戻ってきた時の「お帰りなさい」って皆が拍手で迎え入れてくれた時の温かさにすごく感激しました。そんな事があって、訓覇Pも居て、企画の高Pからも熱烈なラブレターを頂いて、1話の脚本を読んで、これはやろうと決めました。

セリフって言葉のキャッチボールだから、今回初めての人ばかりなので、どんな球を投げてくれるんだろうって、ほんとに楽しみで、撮影して、とても素敵な、素直な方々で嬉しかったし、僕も素直なボールを投げ返せたらいいなと思ってやっています。松本先生は、温かくて優しくて、信念をしっかり持っていて、どこかチャーミング。台本が素晴らしいので、1話1話本当に胸を打つ。役者とスタッフが頑張ってこのドラマの舟を編んだら、きっと見て下さった人の心にちゃんとこのドラマの舟は届くと思うし、届いたらいいなと思います。

■矢本悠馬

今回、台本を開いてみて、こんな世界があるのだと驚きました。辞書を作る方々の言葉に対する拘りや魅力、読みながら初めて知ることばかりで、どんどんページをめくる手が進んだのを覚えています。そうだよなー、辞書は勝手にずっとそこにあったわけじゃなくて誰かが生み出して、そして言葉が進化する度に辞書も進化する。辞書それぞれにも作り手の個性がある。少し想像すれば分かるはずなのに、辞書という絶対的な安心感に甘えていた気がします。自分は辞書の紙を担当する役柄なのですが、言葉もおもしろいですが、紙もなかなか深い世界です。早くこの作品の面白さを視聴者の方と分かち合いたい!そんな気持ちで撮影しております。

■美村里江

三浦しをんさんの小説が大好きで、連載中の挿絵からコミカライズなど担当された雲田はるこさんの画集まで持っている原作ファンです。映画もあったのにドラマ化?どんな風になるのかなと思っていたら、想像の遥か上を行く素晴らしい台本が次々と…。

原作のエッセンスに「今」の時代性と映像の羽がプラスされた脚本家蛭田さんの玉稿。初読は最早新刊を待つただのファンになっており、役者業に限らず純粋に読書として楽しみ、言葉を綴る執筆業を営む目線でも幸せな時間を過ごしております。野田さん演じる“みっちゃん“の妻・香具矢として、またみどりちゃんはじめ辞書編集部の皆さんが寛げる割烹料理「月の裏」店主として、腕を振いたいと思います。

■岩松了

『舟を編む』は、社会派とか恋愛ものとか、ジャンルではくくれない良さがあると思います。

辞書の中に入ってゆく人たちという独自の世界を描いてあって、このワンタッチで言葉もその意味も照合できる今の時代に、ひとつの言葉を、ああでもないこうでもないと言い合ってる人たちの姿は、シリアスなのかコミカルなのかも判然としない面白さがあります。と同時に、この効率優先の現代社会に、奥ゆかしくも静かに闘いを挑んでいるような趣きもあって、一出演者としては、その闘いに参加しているんだなと、身を引き締めている次第です。

■渡辺真起子

このたびは、とても素敵な皆様とご一緒させていただき大変光栄です。「言葉」への興味が果てしなくあります。言葉は私と他者を結ぶとても大切なものです。上手に使うことはできていないし、学びきれていないことだらけですが、「舟を編む」この物語のように、コツコツと学んでいきたいと思っています。主人公のみどりさんの私の見つけ方を楽しみに、皆さんにご迷惑をかけないよう精一杯役割に努めさせていただきます。

■前田旺志郎

自分の生活の中で言葉の意味を調べる時って知らない言葉が出てきたり聞いたりした時だけでした。しかし今回の作品に天童役として出させていただく事が決まり、普段から辞書と触れ合うように習慣づけるようになりました。その過程の中で知っている言葉の意味が辞書ではどのように説明されているのかを調べるのが楽しくなりました。作品の中でも沢山の言葉の説明が主人公たちの変化に繋がっていきます。言葉の意味には魅力がいっぱいで、その言葉を大切に扱う辞書作りに携わっている方を演じる事が出来る日々を楽しんでおります。作品を見て普段自分が扱っている言葉、言語を見つめ直し、発見や生きる上でのヒントと出会える方がいたらいいなと思います。その魅力を伝えられるように最後まで丁寧に天童を演じさせていただきます。

■関連記事
【インタビュー】池田エライザにとって“映画”とは?監督業に進んだ深い理由も明かす
池田エライザ、映画『おまえの罪を自白しろ』プレミアイベントに登場
大ベストセラー『舟を編む』NHKで連ドラ化出演は池田エライザ×野田洋次郎
『あぶない刑事』8年ぶり新作!舘ひろし、柴田恭兵へのリスペクト明かす
野田洋次郎×米ラッパーJ.I.Dタッグ曲が『龍が如く7外伝 名を消した男』テーマ曲に!OPムービー公開
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ