玉木宏、“強者”検察に立ち向かう検察審査員に1月スタート『ジャンヌの裁き』でテレ東ドラマ5年ぶり主演

ドラマ『ジャンヌの裁き』で主演を務める玉木宏

玉木宏、“強者”検察に立ち向かう検察審査員に1月スタート『ジャンヌの裁き』でテレ東ドラマ5年ぶり主演

11月28日(火) 18:00

玉木宏が主演するドラマ『ジャンヌの裁き』が、テレビ東京系にて2024年1月12日より毎週金曜20時に放送されることが決まった。

【写真】上野樹里、元祖“千秋先輩”玉木宏の『のだめ』来場に歓喜「元気満タンになりました」

本作は、圧倒的≪強者≫である検察に、≪弱者≫である一般人の寄せ集め=検察審査会メンバーがジャンヌ・ダルクのように立ち向かい、事件に隠された巨悪の存在に迫っていくエンタメ司法ドラマ。

主人公である少女漫画家のシングルファーザー・越前剛太郎を玉木が演じる。テレビ東京ドラマへの出演は『スパイラル〜町工場の奇跡〜』(2019年)で主演を務めて以来、およそ5年ぶりとなる。

そこそこ人気の少女漫画家“さんぷう・みなみ”の本名は越前剛太郎。世間的には女性と思われているが、その正体はちょっと優柔不断なシングルファーザー。そんな剛太郎のもとに、裁判所から検察審査員に任命されたとの通知書が届く。検察審査員の役割は検察による不起訴処分の審議。そのメンバーは日本国民からランダムに選ばれた11人。突然の決定に仕事に追われる剛太郎は辞退を申し出るも、特別な事情ではないため裁判所に却下されてしまう。当初は検察審査会に後ろ向きだった剛太郎だが、事件の裏にある人々の思いや、検察によって理不尽に隠された真実に迫るうち、徐々に検察審査会の重要性を認識していく。

玉木は台本を読んだ感想を「検察審査会を描くドラマは新鮮だと思いました。僕自身にとって、検察審査会というのは身近なようで、見えない事が多い分、身近に感じられない部分もある、そんなテーマでした。検察審査員に選ばれる11人の登場人物達も同様、検察審査会について、あまり理解出来ていない人達が多いので、ドラマとして観やすい設定だと感じました」と話した。

さらに「誰かを想う優しさ、誰かを心から思い遣る事が出来れば、自ずと強くなれるのかもしれません。【自利】と【利他】、そんな事を考えるきっかけになるドラマになればと思います」とメッセージを寄せた。

ドラマ8『ジャンヌの裁き』は、テレビ東京系にて2024年1月12日より毎週金曜20時放送。

※玉木宏コメント全文は以下の通り

■玉木宏(越前剛太郎/さんぷう・みなみ役)
Qドラマ出演が決まった時のお気持ち、台本を読んだ感想などをお聞かせください

検察審査会を描くドラマは新鮮だと思いました。僕自身にとって、検察審査会というのは身近なようで、見えない事が多い分、身近に感じられない部分もある、そんなテーマでした。検察審査員に選ばれる11人の登場人物達も同様、検察審査会について、あまり理解出来ていない人達が多いので、ドラマとして観やすい設定だと感じました。

Qこれから撮影が始まりますが、意気込みをお聞かせください

久しぶりの連続ドラマを嬉しく思いますが、スケジュール的にドラマが一番大変なジャンルだと思っているので(笑)、そこは覚悟しつつ、良きチームを作り撮影に臨みたいと思います!

Qドラマを楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いいたします

誰かを想う優しさ、誰かを心から思い遣る事が出来れば、自ずと強くなれるのかもしれません。【自利】と【利他】、そんな事を考えるきっかけになるドラマになればと思います。

≪スタッフコメント≫
■番組プロデューサー・北川俊樹(テレビ東京 ドラマ室)
「検察審査会」をご存知でしょうか。恥ずかしながら、私自身詳しくは知りませんでした。この企画に携わるにあたり検察審査会の事例をリサーチしてみたところ、数ある事件の「不起訴」判決を「不起訴不当」、あるいは「起訴相当」としてきた事実を知りました。つまり、「ちょっと待って。この事件、もう一度話し合ってみましょうよ」と、市民が法曹界に物申す。一般の人々が、司法機関の下した「不起訴」という判決を覆すという事態が実際に起きている事実に驚きました。司法の素人だからこそ、気づけること、気になること、見逃すわけにはいかないこと、というのがあるのかもしれません。このドラマでは、そんな司法の網目からこぼれ落ちてしまった人々の思いを丁寧に描いていきます。そして、個性豊かな審査会メンバーのまとめ役として悪戦苦闘する主人公を演じていいただくのが、主演の玉木宏さん。すごく凛々しくて落ち着いた雰囲気のある玉木さんですが、そんな雰囲気とはかけ離れた、ちょっと優柔不断で流されやすいチャーミングな役柄を演じていたただきます。これまであまり注目されてこなかった司法機関を舞台に、かつてない新しい司法ドラマを目指します。ご期待ください。

■関連記事
【写真】玉木宏、 幼少期のショットに「産まれた時からイケメン」の声
【写真】玉木宏、“ばいきんまん風”蝶野正洋といかつい2ショットネット「極道感がサイコー」
玉木宏「私や家族の安全を脅かすもので、容認出来かねます」暴言・誹謗中傷などを受けインスタコメント欄を閉鎖
山崎賢人が杉元佐一に!実写映画『ゴールデンカムイ』24年1月公開共演に山田杏奈、眞栄田郷敦ら
玉木宏、映画『シナぷしゅ』出演決定タオルの妖精「にゅう」の声を担当
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ