<薬屋のひとりごと>花街で心中事件勃発? 真相を巡る猫猫とおやじのやりとりに、壬氏のかわいい“拗ね方”が話題に

アニメ「薬屋のひとりごと」第8話が放送/(C)日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

<薬屋のひとりごと>花街で心中事件勃発? 真相を巡る猫猫とおやじのやりとりに、壬氏のかわいい“拗ね方”が話題に

11月27日(月) 8:00

TVアニメ「薬屋のひとりごと」(毎週土曜深夜0:55-1:25、日本テレビ系/ABEMA・ディズニープラス・Huluほかにて配信)の第8話が11月25日に放送された。里帰りした先で遭遇した心中事件の真相を暴いた後、後宮に戻った猫猫を迎える壬氏の“拗ね方”が「かわいい」とSNSで話題を集めている。(以下ネタバレを含みます)
【写真】里帰りから戻ってきた猫猫(CV.悠木碧)を、不機嫌そうに迎える壬氏(CV.大塚剛央)

■「薬屋のひとりごと」とは

同作は、日向夏の小説を原作とする後宮謎解きエンターテインメント。小説は「ヒーロー文庫」(イマジカインフォス)より刊行中で、「ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)および「サンデーGX」(小学館)でのコミカライズも展開されており、シリーズ累計2400万部を突破。中世の東洋を舞台に、「毒見役」の少女・猫猫が宮中で起こるさまざまな難事件を次々に解決する姿を描く。

TVアニメは長沼範裕監督(「魔法使いの嫁」や「劇場版 弱虫ペダル(2015)」など)のもと、TOHO animation STUDIOとOLM(「オッドタクシー」や「古見さんは、コミュ症です。」など)がタッグを組みアニメーション制作を担当。CVは猫猫役を悠木碧、壬氏役を大塚剛央が務める。

■里帰りでも事件に遭遇 猫猫とおやじのやりとりが興味深い

武官の李白(CV:赤羽根健治)からもらった簪を利用して里帰りした猫猫。花街の裏通りにある家で共に暮らしていた“おやじ”こと、羅門(CV:家中宏)とも無事に再会を果たすことができた。

そんな中、久しぶりの我が家でぐっすりと眠った猫猫の前に切羽詰まった様子の少女・禿(かむろ)が現れる。彼女に連れられ、ある娼館へ向かった猫猫は、そこで毒を飲み倒れた妓女と男を目の当たりにするのだった。二人はすでに虫の息だったが、猫猫が適切な処置を施したおかげで命に別状はなかった。

その後、遅れてやってきた羅門と猫猫のやりとりが興味深い。「これはなんの毒だと思った?」と羅門から問われ、現場に残された硝子の欠片や散らかった煙草の葉から、猫猫は妓女と男は煙草に含まれる毒を飲んで心中を図ったと推測。胃液が毒の吸収を抑えることもあるため、逆効果になりうる水は飲ませなかった。だが、羅門は「でももしこれが最初から水に溶かしたものであったなら 薄めたほうがいいのかもしれない」と猫猫に気づきを与える。実際に、吐瀉物には、水に溶かされていたからなのか煙草の葉は混じっていなかった。

これまで、後宮でも様々な事件を冷静に対処してきた猫猫。それは今回のように羅門から学ばされてきたからなのだろう。猫猫の「おやじはすごい 一の情報から 二も三も知ることができる人間だ」という心の声からも、羅門に対する尊敬の気持ちが伝わってきた。

■妓女と客が起こした心中事件の意外な真相とは

身請けする金のない男と年季の明けない妓女が未来を憂い、心中する。そんな花街では珍しくない事件と思われた今回の出来事。しかし、二人の命を救ったお礼に娼館の女主人から手厚くもてなされた後、男の寝室を訪れた猫猫はとんでもない光景を目にする。自分を娼館に連れてきた禿がナイフで男の息の根を止めようとしていたのだ。

危機一髪、禿からナイフを取り上げて男の命を救った猫猫。だが、後からやってきた妓女曰く、男は妓女たちに身請けをほのめかし口説いては、飽きたら捨てるを繰り返す悪漢だった。これまでに何度も逆上した妓女に刺されそうになったり、毒を盛られることもあったが、豪商の息子ゆえ最終的にはお金で解決していたという。禿は姉が男の犠牲になったことに加え、今回一緒に毒を飲んだ妓女にも懐いていたため、自ら復讐しようとしたのだろう。羅門が不在の時に薬屋を訪ねてきたのも、少しでも処置を遅らせるためとも考えられる。

一方で、猫猫には、妓女たちを騙すしたたかな男が惚れた腫れたで心中を起こすものなのだろうかという違和感があった。「憶測でものを言っちゃいけないよ」という羅門の言葉でより冷静に思考を巡らせた猫猫は、ある一つの真相に辿り着く。それは妓女が男に煙草をつけた酒を飲ませたということ。しかも、酒は二層になっていて妓女は煙草の葉が混じっていない下の層だけを麦わらストローを使って、最初に毒味してみせた。だから、男の警戒心も緩んだのだ。その上で、妓女は自らも死なない程度の毒を飲み、心中事件に見せかけた。

つまり、今回の事件は巧みな偽装工作が施された殺人。娼館にいる全員がすべてを知った上で妓女に協力していた可能性も考えられたが、猫猫は「どちらでもいい そんなことを考えていてはこの街で生きていけない」と思考放棄するのであった。

■シリアスな展開からまさかの大爆笑! 壬氏の拗ね方が好評

結局は花街も後宮も本質は変わらず、どちらも花園であり、鳥かごであると思う猫猫。その閉じこもった空間の空気にみんな毒されていくが、温かな人と人のやりとりがないわけではない。

緑青館でもらい湯をした猫猫は、久しぶりに三姫の一人、梅梅(CV:潘めぐみ)に再会する。「猫猫が急に行方不明になって みんな心配してたのよ」と梅梅。緑青館のやり手婆もいつも通りに見えたが、本当は心配していたのだ。

翌日、緑青館で白鈴(CV:小清水亜美)に骨抜きにされた李白と共に、後宮へ戻った猫猫。すると、そこには不機嫌な様子の壬氏が待ち構えていた。どうやら、猫猫が簪の意味も知らずに李白を頼ったことが気に入らなかったらしい。

「俺もあげたはずなんだが まったく話は来なかったな」と、いじけて口を尖らせる壬氏のかわいさたるや。その後、猫猫が李白に払ったという“対価”に勘違いの妄想を膨らませて、呆気にとられる姿を含め、視聴者からは大好評。SNSでは、「壬氏の拗ね方かわいい」「壬氏様大ショックw」「李白さん、辺境に飛ばされそう」「シリアスな展開に見入っていたはずなのに、ラストの猫猫と壬氏のやり取りが面白すぎて大爆笑」といった感想が飛び交った。

◆文=苫とり子



【関連記事】
【写真】猫猫が李白を頼って里帰りしたことが気に入らず、不機嫌な様子で出迎える壬氏
<薬屋のひとりごと>李白とともに里帰りを果たした猫猫…… 事情を知らない壬氏の動揺っぷりにも注目
<薬屋のひとりごと>「これ毒です」華やかな園遊会で起こった事件“アレルギー”の恐ろしさを諭す猫猫に共感の声も
<薬屋のひとりごと>「園遊会」編開幕、猫猫にかんざしをおくる壬氏に“胸キュン”
<葬送のフリーレン>プレゼントは「服だけ溶かす薬」!?シュタルク18歳の誕生日にフリーレンたちからの贈り物
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ