<10万円の指輪>妹の結婚相手は無職!お金がナイ!姉として何かしてあげたいけれど【第1話まんが】

11月25日(土) 7:50

2年前のことです。たった一人の家族である妹、サナの結婚が決まりました。しかし、結婚が決まったのとほぼ同時に、なんと義弟になるタカシくんが仕事を辞めてしまったのです。私にはどうしようもありませんが、妹の生活を考えると不安でした。
1_1 1_2
うちの両親は亡くなっていて、私以外妹に意見をするような人はいません。しかし妹や義弟自身が決めたことですし、義弟の両親も「2人が決めたことなら」と了承しているようです。私は応援するほかないと思いました。
1_3
「結婚式はすぐにはムリでも、写真くらいは撮りたいんだよね」本来なら、これから新しい生活がはじまって幸せいっぱいのはずなのに、妹は暗い表情です。私は妹が不憫でなりませんでした。もともと結婚祝いをするつもりだったので、せっかくならと思い、私からあることを提案しました。
2_1
「そしたらさ、結婚のお祝いにフォトウェディングをプレゼントしていい?」
2_2
私には、ウェディングフォトを撮っている友人(マイ)やヘアメイクの得意な友人がいます。私は友人たちにお願いして、妹のフォトウェディングの準備を進めることにしました。ドレスは妹が中古サイトで白いものを格安で購入し、服飾系に勤める私の友人がドレスをアレンジしてくれたのです。

もちろん各自しっかりと報酬を支払う予定で、見積もりを聞きました。しかし友人たちはみんなほぼサービスのような値段で引き受けてくれることになったのです。
3_1
海辺での撮影日時が決まった頃、義弟から連絡がきます。お礼の電話でした。「写真の件ありがとうございます」
3_2
義弟が「指輪くらいは用意してやりたくて」というので、そのまま話を聞いていたのですが、なんだか歯切れが悪い様子です。

4_1
「なにかいい手立てないですかね?」驚きました。つまり「私への相談」のていをなした「無心」なのでしょう……。
4_2
義弟からの申し出を聞いた私は「指輪くらい自分でどうにかしてよ」と思いました。でも大切な妹の結婚です。これも、私がどうにかするしかないのかな……と思いはじめました。妹もきっと結婚指輪があった方が喜ぶでしょう。今回は義弟の希望を叶えたいと思います。

【第2話】へ続く。

原案・ママスタコミュニティ脚本・rollingdell作画・よしはな編集・今淵凛

【関連記事】
<10万円の指輪>代理で購入したけれど……払えない!?けっきょく姉が払うの……?【第2話まんが】
<高卒のイイワケ>30才、息子の愚痴「俺も大学に行きたかった……」え、突然なに?【第1話まんが】
<断れない夫……>妊婦なのにムリ!「妹を泊めたい」「新居を見るだけ」即答でお断り【第1話まんが】
ママスタセレクト

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ