斎藤工&松本若菜、永野芽郁主演“月9ドラマ”「君が心をくれたから」に出演決定!あの世からの案内人役

「君が心をくれたから」に出演する斎藤工と松本若菜/※提供写真

斎藤工&松本若菜、永野芽郁主演“月9ドラマ”「君が心をくれたから」に出演決定!あの世からの案内人役

11月24日(金) 7:00

2024年1月期“月9ドラマ”永野芽郁主演の「君が心をくれたから」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に、斎藤工と松本若菜の出演が決定した。2人は永野演じる雨に“過酷な奇跡”を提示するあの世からの案内人を演じる。
【写真】「君が心をくれたから」主演の永野芽郁と、共演の山田裕貴

■“過酷な奇跡”が引き起こす物語

本作は、主人公・逢原雨(永野)が愛する男性・朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まる、“過酷な奇跡”が引き起こすファンタジーラブストーリー。

雨は、悲しい過去から自分に自信が持てず、人に心を開けないでいた。しかし、故郷・長崎県に戻ったある日、かつてただ一人心を通わせ、今もなお忘れられない男性・太陽と再会する。しかし、再会を喜んだのもつかの間、彼は事故に遭ってしまう。

悲しみに暮れる雨の前に、あの世からの“案内人”と名乗る男が現れてこう告げる。「君が“心を差し出す”ならば、今から奇跡を起こしてあげよう」。しかし、案内人が提示した“心を差し出す”という条件は、雨にとってあまりにも過酷なものだった。

■斎藤は“月9”初出演、松本は2クール連続出演

斎藤が演じるのは、雨に“過酷な奇跡”を提示するあの世からの案内人、日下(くさか)。太陽が事故に遭い、悲しみに暮れる雨の目の前に突然現れて、「あなたの心を奪わせてください」と持ちかける謎めいた人物だ。時に厳しい口調で雨に決断を迫る冷酷な一面も見せる日下が、物語にどんな影響を与えていくのか。そして、彼の正体は何者なのかが見どころに。斎藤は本作が月9ドラマ初出演となる。

松本が演じるのは、日下と共にあの世からやってきた案内人、千秋(ちあき)。日下と同じくミステリアスな人物だが、“過酷な奇跡”を提示された雨に対して思いやる言動を見せるなど、人間味のある一面も。千秋が雨とどのような関わり方をしながら物語が進んでいくのか、彼女のまなざしや表情にも注目だ。松本は、10月期月9ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」にレギュラー出演しており、本作で2クール連続の月9ドラマ出演となる。

■斎藤工コメント

――今作のオファーを受けた時の感想は?

とても原初的に、また機能的に"人間"と言う生き物に迫った、宇山佳佑さんが描く"現代の神話"のような気配の作品だと思いました。その中でも大切な役割を託して下さって光栄です。

――日下という役をどのように演じようと考えていますか?

私事で恐縮ですが、外星人だったり“人ならざる者”と向き合う経験は多く頂いて来ました。不思議と自分でもどこか腑(ふ)に落ちる感覚もあります。地に足が付かず、浮遊し漂い生きているからかも知れませんが、その不確かな己の特徴を活かし、"あの世からの案内人"として、作品に少しでも何かを献上出来たらと思います。

――視聴者の方へのメッセージをお願いします。

永野芽郁さん、山田裕貴さん、松本若菜さんをはじめ、素晴らしい輝きのキャスト、スタッフの皆様と感覚を研ぎ澄ませ、"現代の神話"を紡いで行きます。どうぞ月曜9時にお会いしましょう。

■松本若菜コメント

――今作のオファーを受けた時の感想は?

「ミステリと言う勿れ」でご一緒だった、草ヶ谷(大輔)プロデューサーと松山(博昭)監督からお話をいただき、とてもうれしかったです。キャストの皆さんも素晴らしい方々で、役がどう彩られていくのか楽しみでなりません。

――千秋という役をどのように演じようと考えていますか?

千秋はとても人間らしい人ですが、喜怒哀楽がとてもはっきりしています。ただ感情移入しやすいのが玉にきず。かく言う私も似ている部分があるので、演じながら千秋が心配になってしまう時があります(笑)。

――視聴者の方へのメッセージをお願いします。

こんなに悲しく苦しい“奇跡”があるのでしょうか。素晴らしい奇跡が起きている一方で、誰かが傷ついているかも知れない。でも、そこにはきっと慈しみ深き愛があるはずです。皆様にもこの奇跡の行方を見守っていただきたいです。


【関連記事】
松本若菜が「しんどさ」から抜け出せたきっかけ/連載コラム【もっと!松の素】(最終回)
斎藤工、「(振られたことは)バチクソあります 傷が持ち越されてる」<ぐるぐるナインティナイン>
斎藤工「ここには山田孝之が立っていたんだろうな」“主演オファー”時のエピソードにポツリ
斎藤工、『ヒヤマケンタロウの妊娠』地上波放送へコメント「⾝の回りの⼼当たりに繋がっていくのでは」
斎藤工、主演作公開初日に映画館で鑑賞を試みるもハプニング発生<シン・ウルトラマン>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ