稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、CMを務めるサントリー「ウォーター・ポジティブ」の秘密に迫る“自然に感謝だな”<ななにー 地下ABEMA>

#2が放送された「ななにー 地下ABEMA」/(C)AbemaTV,Inc.

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、CMを務めるサントリー「ウォーター・ポジティブ」の秘密に迫る“自然に感謝だな”<ななにー 地下ABEMA>

11月22日(水) 16:00

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾3人による番組「7.2新しい別の窓」(以下、「ななにー」)のリニューアル新番組「ななにー 地下ABEMA」#3が、ABEMA SPECIALチャンネルにて11月19日に放送された。
【写真】“官能検査員”という職種を体験した香取慎吾

リニューアル新番組「ななにー 地下ABEMA」は、新進気鋭のクリエイターが稲垣、草なぎ、香取のために世の中の常識にとらわれないオリジナル新企画を続々と行い、3人のまだ見たことのない一面を見出していく。

■「サントリー天然水スペシャルコラボ企画!サントリー天然水、実はこんなことまでやっていた!水に対するこだわりを徹底リサーチ」

11月19日放送回のテーマは、「サントリー天然水スペシャルコラボ企画!サントリー天然水、実はこんなことまでやっていた!水に対するこだわりを徹底リサーチ」と題し、稲垣、草なぎ、香取がCMを務めるサントリーの「ウォーター・ポジティブ」の活動や、その活動に込めた想い、背景を、各現場のさまざまなプロフェッショナルたちと会話するなかで、「自然からいただく以上におかえしする」という、100年先の未来もずっとおいしい水を育むための活動に迫っていった。

番組のオープニングでは、稲垣、草なぎ、香取がスタジオに集まり、2023年に創業124年を迎えたサントリーの歴史をVTRでふり返る。創業当初は、ワイン、ウイスキーなどの洋酒の製造・販売を行なっていたものの、1990年代に水道水関連の事故が多発したことをきっかけに、“安全な水”という価値基準が重視されるようになり、輸入ブランド水や水道水の代替として国産ミネラルウォーターが注目されたことが始まりだと明かされる。1991年に南アルプスの天然水が発売されて以降、自然災害や深刻な水不足などの影響で、ミネラルウォーターを備蓄する意識が高まり、日常品としての国産ミネラルウォーターの地位が確立し、サントリーは2018年以降、国内清涼飲料水市場にて年間販売数量No.1までに成長した。

ここで、サントリー社員であり、天然水のデザインのスペシャリストが登場し、「天然水」という言葉は、実はサントリーの会議室で生まれた造語であることが明らかとなる。「ナチュラルミネラルウォーターを直訳すると、「自然水」といった言葉になるものの、“天然”という言葉にはより大自然が生み出した力強い意味があると考え、あえて天然水という名前になりました」と天然水という単語ができるまでの会議での様子を話すと、草なぎも「いい会議しましたね、サントリーさん」と絶賛した。
■「20年」

また、香取は、2021年に建設された「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に潜入し、新たな天然水のスペシャリストに“弟子入り”、おいしい天然水がどのようにできるのかを学んでいく。

「まずはサントリーがいちばん大切にしている場所にお連れしたい」とサントリー社員が香取を連れていった場所は、まさかの森で、「50年100年先も清らかでおいしい水であり続けるために、サントリーは森を育む活動を行なっている」「この森自体が天然水を作る工場」だと明かされる。

また、「天然水が製品になるまで何年かかると思いますか?」との質問に、スタジオの稲垣、草なぎは熟考の末、草なぎが「2年」、稲垣が「20年。10年以上はかかる気がする」と答えると、正解は稲垣の20年であり、「約20年前に降った雨が今、天然水としてペットボトルに入っているんです」と長い年月を経て、天然水がつくられていることも明らかとなる。

その後、香取は、実際に天然水を製造している工場へ向かうと、工場長とともに天然水が出荷されるまでの過程の観察に加えて、目、鼻、口で天然水に異常がないかチェックする“官能検査員”という職種を体験してみる。天然水の異常を感知するプロフェッショナルである官能検査員とともに、香取は、たった1滴のリンゴジュースが入っている天然水を当てるクイズにチャレンジする。さっそく3つの天然水を口にし、「ちょっと待って!」と混乱した様子を見せるも、クイズにみごと正解した香取は、「俺、やっちゃった、すごくないですか!?」と大興奮していた。

また、香取は工場の製造ラインを見学できる場所では、作業の多くが自動化され、多くのロボットが稼働しているなか、運搬ロボットのひとつが“鉄拳号”という名前で、由来としてお笑い芸人の鉄拳の故郷が北アルプスの大町市であり、「工場を訪れた際にロボットにサインをいただいた」ことがきっかけだったことが明らかになると、香取は「僕もロボットにサインしますけど」と口にし、笑いを誘う。

すると、なんと香取がサインしたロボット、通称“慎吾号”が実際に工場で稼働していることが明かされ、香取は「働いているじゃん!」と大興奮するが、稲垣は「新しい地図、つよぽん、吾郎ちゃんって書かなかったの!?」とするどいツッコミを入れていた。

番組の最後に、草なぎは「びっくりすることがいっぱいで。20年前の雨が今、こうして飲んでいる水になっているんだな」「自然に感謝だな、人も未来もこうやってつながっているんだな」と語り、稲垣も「そうだね、いろんなことを考えさせられた」と語った。



【関連記事】
稲垣吾郎、草なぎ剛&香取慎吾、はるな愛、KABA.ちゃん、GENKING.らとLGBTQを徹底討論「その言葉がなくなってほしい」<ななにー 地下ABEMA>
香取慎吾“夜あそび”の洗礼“ダミヘ”でのひとりトークに関智一&岡本信彦、大盛りあがり「さすがスター!」<声優と夜あそび>
顔出し絶対NGの赤坂アカ&横槍メンゴ「【推しの子】」誕生秘話を暴露稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾<ななにー 地下ABEMA>初回放送
関智一&岡本信彦“ご当地缶詰”を懸けた無茶ぶりミッションに挑戦も失敗の連続に「食っちゃうか!」11/3(金)のゲストに香取慎吾<声優と夜あそび>
稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾「ななにー」リニューアル「ななにー 地下ABEMA」放送決定「【推しの子】」赤坂アカ×横槍メンゴが出演
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ