松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」理不尽に抗う人間らしさを描き続けた石井裕也監督作品の魅力に迫る

石井裕也監督/(C)2023「愛にイナズマ」製作委員会

松岡茉優&窪田正孝W主演「愛にイナズマ」理不尽に抗う人間らしさを描き続けた石井裕也監督作品の魅力に迫る

11月22日(水) 18:00

10月27日より公開中の映画「愛にイナズマ」。松岡茉優、窪田正孝ら豪華キャストが織りなす、笑いと感涙の痛快エンタテインメント作品で、大切な夢を奪われた女性が、運命的に出会った恋人とどうしようもないダメダメな家族の力を借りて、嘘と誤魔化しに満ちた社会に反撃を仕掛ける痛快な物語。そんな本作のメガホンを取ったのは、石井裕也監督。2013年公開の「舟を編む」において、史上最年少(当時30歳)でアカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出されるなど、国内外で活躍を続ける新進気鋭の若手監督だ。本作でも、どこか生々しく感情移入してしまうようなストーリー展開や設定で、“石井ワールド”を体現。今回はいち早く試写を見たWEBザテレビジョン編集部が「愛にイナズマ」の見どころを解説すると共に、これまでの石井監督作品の魅力について迫る。
【写真】松岡茉優や窪田正孝の“演技合戦”が見どころとなる「愛にイナズマ」ワンシーン

■「愛にイナズマ」は…「コロナ禍でマスクの下に隠す本音やウソを“ひっぺがえしたい”」作品

「愛にイナズマ」は、コロナウイルスが蔓延する時代からアフターコロナの時代を描いた作品である。石井監督は、コロナ渦で人々がマスクの下に隠す本音や嘘を“ひっぺがしたい”という想いで本作を手掛けた。

主人公の折村花子(松岡茉優)はやっとの想いでデビューが決まった新人映画監督。家賃も滞納するほどお金がない中、日々映画作りに奔走するのだが、助監督(三浦貴大)にパワハラやセクハラを受け、終いにはプロデューサー(MEGUMI)にも騙され監督デビューの話も奪われてしまう。

そんな中バーで偶然出会った正夫(窪田正孝)に“夢を諦めるのか”と感化され、長年疎遠だった家族の姿を映画にし「見返してやる」と誓う。そして実家に戻り、父親の治(佐藤浩市)、長男・誠一(池松壮亮)、次男・雄二(若葉竜也)というバラバラな状態の家族と向き合っていく。

久々に家族とともに過ごしながら、撮影を続ける花子。すると次第に会話が生まれ、修復不可能かと思われた関係が変わり始める。中でも治に秘められた“ある秘密”が明らかにるシーンでは、涙が止まらない感動が押し寄せてくる――。

■実力派揃いの役者同士による“芝居の殴り合い”に注目

本作の見どころと言えば、脚本はもちろんのこと、何といっても“出演者の演技合戦”だろう。主演の松岡は、自分の意思に正直で、生きづらい世の中を懸命に真っすぐ生きようとする花子を見事に演じている。「普通」を装うために助監督たちに怒りや悲しみの部分をひた隠しにするも、バーで出会った正夫や自分の家族には正直にその感情をぶつける姿は、とても印象的だ。

一方で“空気の読めない変わった男”を表現しつつ、花子を応援する“正夫”こと窪田の演技にも注目。夢を諦めようとする花子に対し、次々と飛び出すセリフで“激突”していく窪田。役柄が憑依した松岡と窪田の姿は、いわゆる“芝居の殴り合い”と形容すべきほど圧巻だった。

また父親の治役・佐藤は不器用ながら子どもたちを見守り、長男の誠一を演じた石井作品常連の池松は家族に対する心境の変化を丁寧に、次男の雄二役・若葉は“真面目な聖職者”という自分の殻を脱していく姿を見事に演じ脇を固めた。

現代社会で誰しもが抱える理不尽さ、そしてそんな中でも信念を持ち前に進んでいく姿や人との繋がりのあたたかさに気づかされる本作。石井監督は映画を通じて、世の中の面白さを我々に見せてくれている。

■理不尽な世の中への怒り爆発…“石井ワールド”で描かれる作品たち

「愛にイナズマ」を手掛けた石井監督は、高校生のときに映画監督を志し大阪芸術大学に進学。大学時代は映画制作のためひたすらバイトをし、その資金を映画作りに注いでいた。その作風は人間味あふれる登場人物らによる掛け合いやリアルな感情にフォーカスしたヒューマンドラマが多く、見る者はもちろん演者側にもファンが多い。

代表的な作品と言えばやはり2013年公開の「舟を編む」だ。出版社の辞書編集部を舞台に新しい辞書づくりをする人たちの姿を描き、主演の松田龍平やヒロインの宮崎あおいの自然であたたかみのある演技や、優しい作品作りが評価され、第86回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出された。

石井監督が手掛ける作品は、「舟を編む」以外にも数多く存在する。例えば2018年に公開された映画「町田くんの世界」では、別冊マーガレットで連載された同作コミックを実写化しており、当時演技経験がほとんどなかった新人の細田佳央太と関水渚を抜擢し、そのフレッシュな演技が話題になった。

2020年に公開された「生きちゃった」では、高校時代の幼馴染3人の“浮気”をきっかけに徐々に関係がゆがんでいく様を描き、そのあまりのリアルなセリフ回しや感情表現に、ネット上では「思わず目を背けてしまった」という感想も見られた。

また韓国人スタッフ&キャストを迎え、すべて韓国ロケで作り上げられた作品「アジアの天使」も見どころ満載の作品。韓国で問題になっている貧困問題を中心に、家族の形を模索していく様子が注目を集めた。(いずれもHuluで配信中)

石井監督と言えば、今回コロナの世界での物語を描いた「愛のイナズマ」のように、世相を反映させたり誰しもが感じたことのある理不尽な世界に切り込む作品が特徴的。

実際に2021年に公開された「茜色に焼かれる」では、コロナ渦により社会的弱者になりながら信念を貫き生きていく母親を尾野真千子が演じ、格差社会や理不尽な社会で踏ん張る様子を描いた。誰もが共感できる現代社会にフォーカスしたことで、踏ん張る先に見せる人間の絆やあたたかみが感じられる作品となっている。

石井監督はこれからも理不尽な世の中に問題を提唱し、その中の人間らしさを表現し続けてくれるだろう。また役者たちの迫真に迫った演技を引き出している点も、石井監督作品の魅力と言えるかもしれない。


【関連記事】
【写真】激しいぶつかり合い…池松壮亮“誠一”と若葉竜也“雄二”の兄弟喧嘩シーン
佐々木美玲、キム・ヒャンギ、シン・ヒョンスンが共演韓国の最新スポット&「プレイ・プリ」の魅力に迫る<ZIP!>
橋本祥平、石川凌雅ら4人組ドリームバンド・4COLOURS1日限りのプレミアライブをHuluストアで独占ライブ配信決定
TWICEの自身5度目となるワールドツアー、追加日本公演の最終日をHuluストアで独占ライブ配信決定
龍宮城出演「音楽劇 秘密を持った少年たち」の千秋楽公演&ドラマのオリジナルストーリーをHuluにて独占配信決定
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ