WEST.重岡大毅、東野圭吾の原作との“縁”に「何かビビッて感じちゃって(笑)」

重岡大毅/※ザテレビジョン撮影

WEST.重岡大毅、東野圭吾の原作との“縁”に「何かビビッて感じちゃって(笑)」

11月21日(火) 20:51

重岡大毅(WEST.)が、11月21日に都内で開催された映画「ある閉ざされた雪の山荘で」ジャパンプレミアに登場。間宮祥太朗、中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、森川葵、飯塚健監督と共に、オファーを受けたときの思いなどを語った。
【写真】なぜか“人気すし店”のおなじみのポーズで決める重岡大毅ら

■重岡「かなり満たされていて幸せですね」

劇中ではヒリヒリするやりとりを繰り広げつつも、同世代のキャスト陣が集結した現場ということで舞台裏では非常に仲むつまじく撮影してきたという今作。

ジャパンプレミアを迎えた心境を聞かれた重岡は「ホンマにうれしくて…」と笑顔で語り、「撮影したのが今年の1月ぐらいなんですけど、やっと皆さんに見ていただける機会がやってきたなと!本当に正直かなり満たされていて幸せですね」と万感の表情を。

最初にオファーを受けたとき、東野圭吾作品への出演ということで大喜びだったそうで「めっちゃうれしかったんですよ。すぐ家族とメンバーに言って『頑張って来いよ』って言ってくれて。あと、『ある閉ざされた雪の山荘で』の初版が1992年なんです。僕、1992年生まれなんですよ。だからちょっと何かビビッて感じちゃって(笑)」とすてきな“縁”があることを明かし、「今こうやってみんなで立っていますけど、本当にめちゃくちゃいいチームで!やっているときもめちゃくちゃ楽しくて、そんな作品をやれたのがうれしいなあと思っております」としみじみ語った。

ジャパンプレミアの前には舞台裏で東野にもあいさつができたようで、重岡は「みんなでお会いできて、うれしかったです。どんな人か気になるでしょう…?秘密です」とニヤリとしながらあおり、会場を沸かせていた。

そんな中、重岡の“縁”の話に対抗して、中条が「私は東野圭吾さんと誕生日が同じ日(2月4日)で、この現場(の撮影中)で誕生日を迎えたので、ネタとしては重岡さんより強いと思っています」と話すと、重岡は「しかも俺が先に話した後に、中条さんが今のエピソードを話しはって、東野先生もこっちのほうがだいぶ食いついてはってん。俺より強いの出すのやめて!」と苦笑いでクレーム。

あらためて中条は「(東野の)ファンで誕生日も一緒で勝手にご縁を感じていたので、お会いできてめちゃくちゃ興奮しちゃって。重岡さんもなかなか前のめりだったんですけど、2番目くらいに前のめりでした」と明かし、重岡も「お互いどんどん前に出て行ってね(笑)」と、2人そろって舞台裏で東野に前のめりになっていたことを伝えた。

■「ある閉ざされた雪の山荘で」とは

同作は、東野が1992年に発表した同名小説を飯塚監督のメガホンで実写映画化。登場人物が全員役者であり、彼らが挑む新作舞台の主役の座をかけたオーディションの最終選考が、“大雪で外部との接触が断たれた山荘”という架空の密室空間で行われる設定のサスペンスエンターテインメント。「全員役者」で「全員容疑者」でもある登場人物たちが、出口のない密室で翻弄(ほんろう)され疑心暗鬼に陥っていく。

映画「ある閉ざされた雪の山荘で」は、2024年1月12日(金)に全国公開。

◆取材・文・撮影=月島勝利



【関連記事】
【写真】ひょんなことから「すしざんまい」ポーズ
【写真】主役級の同世代のキャスト陣がズラリ集結
【写真】キリッとした表情の間宮祥太朗
【写真】満面の笑みの中条あやみ
【写真】西野七瀬も“世間知らずなお嬢様女優”役で出演
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ