重岡大毅、映画『ある閉ざされた雪の山荘で』ジャパンプレミアイベントで笑顔弾ける!「同世代ってサイコー」

主演映画『ある閉ざされた雪の山荘で』(2024年1月12日公開)のジャパンプレミアでハイテンションでトークを展開した重岡大毅

重岡大毅、映画『ある閉ざされた雪の山荘で』ジャパンプレミアイベントで笑顔弾ける!「同世代ってサイコー」

11月21日(火) 21:11

映画『ある閉ざされた雪の山荘で』(2024年1月12日公開)のジャパンプレミアが11月21日、有楽町朝日ホールにて開催され、主演の重岡大毅、共演の間宮祥太朗、中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、森川葵、飯塚健監督が登壇し、同世代俳優が集結した楽しかった撮影を振り返りながら、作品をアピールした。
【写真を見る】フォトセッションも笑いがいっぱい!同世代キャストで盛り上がる『ある閉ざされた雪の山荘で』のキャスト陣

映像化不可能とされてきた東野圭吾の同名小説を初めて映像化した本作は、新作舞台の主役をかけた最終オーディションのために、ある山荘に集まった7人の若き劇団員たちの演技と嘘、過去までもが交錯し、二転三転しながら衝撃のラストに向かうサスペンス。登場するキャラクターは全員が役者で容疑者。役者が役者を演じるという特異な設定も見どころとなっている。

オーディション参加者のなかで唯一別の劇団に所属する久我和幸役を演じた重岡は役と自身を重ね、「僕も普段はWEST.として活動していて、特殊なフィールドから役者の皆さんのなかに飛び込んでいます。その“異物感”というのは、台本を読んでいて指のかかる感覚がありました」と話し、自身のコメントについても「なんかいいこと言った気がする!」と胸を張ると会場が大きな拍手に包まれ、満面の笑みを浮かべた。

重岡は撮影がとにかく楽しかったようで、終始テンション高めに当時を振り返る。「映画ではお互いバチバチしているけれど、現場は最高に明るかった!」とニッコリ。飯塚監督の意向で、楽屋も1部屋でみんな過ごしていたそうで、「カードゲームもやったし、キャッチボールもやったし…」とうれしそうに話した重岡は「やっぱ同世代って最高やな」とウキウキ。「これだけの同世代が集まるのって、学園ドラマくらいでしかない。それも20代前半くらいのことだから…。いま僕は31歳になったけれど、こうやって(同世代で)集まれたのは、ホンマにうれしかったです!」と何度も「楽しい」「うれしい」「サイコー」と笑顔を見せていた。

撮影現場で男性陣がキャッチボールをして盛り上がるなか、岡山が不参加だったことが発覚。参加しなかった理由を「みんなが楽しそうにしているのを見ているのが一番楽しいから」と説明した岡山だったが、中条から「女子と布団のところで“ふかふかー”って言ってました」と“女子会”に加わっていたことを暴露され慌てる場面も。「卓球には参加した!」と強調した岡山に対し、「不貞腐れてやってた(笑)」と間宮からのツッコミが入り、岡山が「そんなことはない!」と反論するも「女子不在だったから(不貞腐れてたのか)」と男性陣からまたツッコミが…。「いま、ここの床くらい顔が赤くなっています」と照れる岡山の姿にキャスト陣は大爆笑。撮影現場の楽しさが伝わってくる、和気あいあいのトークでイベントを盛り上げた。

初対面の時から岡山のことが気になっていたという重岡は「僕には天音くんが光って見えて。ウザ絡みして、いじりまくってました」とニヤリ。重岡のこの行動に岡山は「僕を通して、ほかの人と心のキャッチボールをしていました」と指摘。重岡は間違いないといった様子で岡山にちょっかいを出し、それを見ている間宮、中条、西野らの反応を見て「笑っていると確認して、よしよしって思っていました」と認め、岡山の存在に改めて感謝する場面もあった。

取材・文/タナカシノブ


【関連記事】
血痕を残して一人が消えた?『ある閉ざされた雪の山荘で』疑念が深まっていく60秒本予告映像
『ある閉ざされた雪の山荘で』重岡大毅演じる久我の2面性がうかがえる場面写真
『ある閉ざされた雪の山荘で』2024年1月公開決定!疑心暗鬼に陥る登場人物たちの場面写真も
重岡大毅主演『ある閉ざされた雪の山荘で』中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、間宮祥太朗ら出演決定!
東野圭吾原作「ある閉ざされた雪の山荘で」が映画化決定!主演はジャニーズWEST、重岡大毅に
MOVIE WALKER PRESS

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ