【ジブリ美術館】「君たちはどう生きるか」展で宮﨑駿の想像力を目で味わう

アニメージュプラス - アニメ・声優・特撮・漫画のニュース発信!

【ジブリ美術館】「君たちはどう生きるか」展で宮﨑駿の想像力を目で味わう

11月18日(土) 10:30

三鷹の森ジブリ美術館では、2023年11月18日(土)より、新企画展示「君たちはどう生きるか」展 第一部 イメージボード編がいよいよ公開される。開催に先駆けて前日に行われた内覧会の様子から、その魅力をお伝えしよう。

>>>宮﨑駿が描く世界に浸る「君たちはどう生きるか」展の展示内容を見る(写真20点)

およそ7年の歳月を費やして制作された、宮﨑駿監督の最新作である『君たちはどう生きるか』は、その制作過程で描かれた絵のほとんどが紙に鉛筆と絵の具で描かれたものである。今回の企画展示は、それらの素材を「イメージボード」「レイアウト」「背景美術」の三回に分けて展開される。

安西香月館長の挨拶では「今回の展示は宮崎吾朗さんの発案で『美術館らしく絵をちゃんと見てもらいたい』ということで、これまでの企画展とは違う感じになっております。変に思われるかもしれませんが、これが(美術館としては)普通なんですよね。映画制作の間に描かれた絵の持っているエネルギーを鑑賞できる展示になっていると思います」と、これまでの企画展示とは異なったコンセプトでまとめられたことが明らかにされた。

そして本展示の企画・監修を担当した宮崎吾朗さんからは「『君たちはどう生きるか』が宮﨑駿の最後の作品になるとしたら……そうじゃないような気がしたのでちょっとどうかと思いつつも(笑)、これが最後のチャンスになるかもしれない。7年もかけて映画を作ってきたわけですが、今回のイメージボードもそうですが、そこで生み出された手描きの絵は今まで以上に観るに値するものではないかと思ったんです。現在アニメーションの製作現場でのデジタル化が進んでいる中、ほぼ100%紙と鉛筆と絵の具で何年もかけて映画を作っているという行為そのものが、美術品として観るに値するものなのではないか」と、企画意図が説明された。

鈴木敏夫プロデューサー、宮﨑駿監督も一足早く展示を観たそうで「鈴木さんも『美術館みたいだね!』と言っていて、みんな同じ感想を抱くんだなあ、と。あと『逆に、なんか新鮮だね』とも言っていました。宮﨑駿は、今朝無理やり東小金井から拉致して連れてきましたが(笑)、『悪夢がよみがえる!』と言いながら絵を観ていました」(吾朗さん)と、内覧時の様子が語られた。

質疑応答での「『君たちはどう生きるか』をどう観たか」という質問に、吾朗さんは「あれに続くような作品はなかなか作れないと思う。手書きのアニメーションで、ここまで密度の濃い作画は勿論、他の人では思いつかないアイディアがある。何でインコが出てくるんだろう、とかね(笑)。またとんでもないものを置いていってくれたな、と。僕はあの作品のあとに監督やりたくありません(笑)。と同時に、映画ってやっぱり ”絵” なんだとすごく感じさせられて。目で感動させられる、という体験を久しぶりにしました」と、率直な感想を述べた。
では、今回の展示で一番観てほしい絵は何か。
「第2弾ポスターに使われている眞人の絵(メイン写真)が印象深いですね。暗い絵でしょう?(笑)少年時代の宮﨑駿はこんな面影を持っていたんだろうな、という気がします」(吾朗さん)。

(C)2023 Studio Ghibli (C)Museo d'Arte Ghibli

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示は、これまで迷路のようなレイアウトとジオラマ・立体物などもまじえた様々な遊びや趣向を凝らした内容が特徴だった。
しかし、繰り返しになるようだが今回の展示は「イメージボードそのものを見せる」ということに集中した、きわめてシンプルな内容となっている。二つに仕切られている企画展示室のスペースがすっきり見渡せるのは、おそらく開館以来の出来事ではないだろうか。
しかし、シンプルがゆえにイラストそれぞれの筆致や色彩が鮮烈に目に飛び込んでくる。まさに「美術館らしい」という言葉を裏付ける展示スタイルだ。

イメージボードとは、構想段階に作品のイメージを固めるため、登場人物や建物、舞台設定などを考えるために描かれるもの。『君たちはどう生きるか』のイメージボードは、そのすべてが宮﨑駿監督の手によるもので、本展示ではそのほぼすべてが展示されている。
スタジオ内で長く資料として掲示されているものは、退色したり、煙草の煙によって燻されてしまって黄ばんだものもある。そんな1枚1枚の絵から、映画を生み出す想像力やスタジオの熱気を感じ取れるはずだ。
また展示イラストには最小限のテキストが添えられているだけで、映画やイラストに関する具体的な内容には触れられていない。これはまだ映画が公開中であり、スタッフ内でも消化しきれていない状態の中で、第三者による説明は避けるべきだという判断からだそうだ。

三鷹の森ジブリ美術館の展示物でおなじみの、7~10枚のガラスに描かれた絵を重ね並べて箱の中」に奥行きを生み出す「パノラマボックス」の新作「黄金の門」も登場。宮﨑駿監督自らが描き下ろし制作されたもので、ぜひ現物でそのビジュアルの楽しさを味わってもらいたい。

第一部「イメージボード編」は、2024年5月まで開催予定。以後、展示は第二部「レイアウト編」(2024年5月~予定)、第三部「背景美術編」(2024年11月~予定)と続いていく。
純粋に絵と向き合い、宮﨑駿監督のイマジネーションの源に触れる――ジブリファンならずとも注目すべき貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

(C)2023 Studio Ghibli
【関連記事】
・【三鷹の森ジブリ美術館】『君たちはどう生きるか』の貴重な資料を楽しむ新企画展示
・『君たちはどう生きるか』スタッフが語るドルビーシネマならではの「こだわり」
・【スタジオジブリ】日本テレビ子会社化を決意させた「未来と変化への目線」
・『君たちはどう生きるか』場面カット一挙14点&キャラ名・キャスト配役が解禁
・【ネタバレ注意】宮﨑駿『君たちはどう生きるか』観る前に知りたい8疑問
アニメージュプラス

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ