河合優実、ドラマ『不適切にもほどがある!』で阿部サダヲの娘役吉田羊の息子役に坂元愛登

ドラマ『不適切にもほどがある!』で親子役を演じる(左から)阿部サダヲ、河合優実 (C)TBS

河合優実、ドラマ『不適切にもほどがある!』で阿部サダヲの娘役吉田羊の息子役に坂元愛登

11月17日(金) 7:00

阿部サダヲが主演し、宮藤官九郎が脚本を務めるドラマ『不適切にもほどがある!』より、河合優実、坂元愛登の出演が発表された。河合は阿部演じる市郎の一人娘・小川純子、坂元は吉田羊演じるサカエの息子・向坂キヨシを演じる。

【写真】サカエ(吉田羊)と息子・向坂キヨシ(坂元愛登)の親子ショット

本作は、昭和のダメおやじの「不適切」発言が令和の停滞した空気をかき回す、意識低い系タイムスリップコメディー。

阿部演じる昭和のおじさん・小川市郎は、ひょんなことから1986年から2024年の現代へタイムスリップし、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言をさく裂。コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく。脚本は宮藤官九郎が務め、妻を亡くした市郎とその一人娘、そしてタイムスリップしたことで出会う人々との絆を描く、ヒューマンコメディとしての要素も持つ完全オリジナルストーリーだ。

市郎がタイムスリップした令和で出会うシングルマザー・犬島渚役を仲里依紗、1986年に生き、とあるアイドルに心酔するあまり、その身なり言動をすべて完コピする男“ムッチ先輩”こと秋津睦実役を磯村勇斗、2024年から1986年に息子と共にタイムスリップする令和の社会学者・向坂サカエ役を吉田羊が演じる。

このたび、市郎とサカエのそれぞれの子どもを演じるフレッシュな若手2人が決定した。

市郎の一人娘・小川純子を演じるのは河合優実。TBSの連続ドラマにレギュラー出演するのは本作が初となる。

本作で演じる純子は、非行を繰り返し、父・市郎とは日々言い争いが絶えないが、本当は父親思いの優しい一面を持つ昭和の女子高生。河合と阿部は、舞台『フリムンシスターズ』と『ドライブイン カリフォルニア』の2作品で共演しているが、本格的な共演は今作が初めて。

河合は「私が演じる純子は昭和の時代を生きる女子高生ですが、阿部さん演じる市郎との親子関係など、普遍的なところも大切にしながら、楽しんで演じていけたらいいなと思っています」とコメントしている。

令和の社会学者・向坂サカエの息子であり、サカエと共に2024年から1986年にタイムスリップする向坂キヨシを演じるのは坂元愛登。今年1月期に放送した『100万回 言えばよかった』で佐藤健演じる鳥野直木の中学時代を演じ、2度目のTBSドラマ出演となる。

本作で演じるキヨシは、令和に生まれ、母・サカエと共に1986年にタイムスリップした中学生。四六時中エロいことを真剣に考えている年頃の男子で、昭和で出会った純子に一目ぼれしてしまったことで昭和の時代に残りたいと言い始めるが、そのほかにも理由があるようで…。時空を超えたキヨシと純子の恋模様にも見どころに。

坂元は「僕が演じるキヨシは、すごく真っ直ぐで純粋な男の子です。変なことばかり考えているけど優しくて…結構子どもな奴だなと思いました(笑)。これまで僕は暗めの役を演じることが多かったんですけど、今回は明るい役になりそうなので、演じることが純粋に楽しみです」と期待を寄せている。

金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』は、TBS系にて2024年1月より毎週金曜22時放送。

コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>


■小川純子役:河合優実

宮藤さん脚本の作品が大好きで、何度も感動し、笑わせてもらってきたので、自分がそんなドラマの一員になれるということがとてもうれしかったです!宮藤さんが書くセリフを喋れることが今から楽しみです。

私が演じる純子は昭和の時代を生きる女子高生ですが、阿部さん演じる市郎との親子関係など、普遍的なところも大切にしながら、楽しんで演じていけたらいいなと思っています。

お父さん役の阿部さんとは、大人計画の舞台で2回ご一緒しています。阿部さんは、その場で何が起こっても受け止めてくれて、絶対に面白くしてくれる方だと勝手に思っているので、私もその胸を借りながら二人でどんな親子になっていけるのかとても楽しみにしています。

『不適切にもほどがある!』今を生きる全世代の方に届くようなドラマになればいいなと思っています。全力で3ヵ月間楽しんで頑張るので、みなさんも全力でテレビの前で笑ってください!よろしくお願いします!

■向坂キヨシ役:坂元愛登

このドラマのお話をいただいたとき、まずはとてもうれしかったんですけど、そのあとにプレッシャーもすごく感じました。すごい方々に囲まれていますが、負けないように自分の役割を全うできたらと思っています!

僕が演じるキヨシは、すごく真っ直ぐで純粋な男の子です。変なことばかり考えているけど優しくて…結構子どもな奴だなと思いました(笑)。これまで僕は暗めの役を演じることが多かったんですけど、今回は明るい役になりそうなので、演じることが純粋に楽しみです。

脚本を読みながら、面白くてたくさん笑いました。でも面白いだけじゃなくて、ちゃんと伝えたいことがはっきりしている作品だと思うので映像になるのがすごく楽しみです!年齢に関係なく全ての人が楽しめる作品だと思います。僕も作品の中の役割をちゃんと全うして盛り上げていけたらと思っています。ぜひ見てください!

■プロデュース・磯山晶

河合優実さんは、映画『PLAN 75』とドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』を見て、ファンになり、純子役をオファーしました。透明感、存在感があって、ユーモアのセンスもあって、リアリティもあって「すごい女優さんだなあ」と思いました。企画を作っていたときから、宮藤さんとの間で純子のキャスティングに非常に悩んでいたのですが、河合さんの名前が出てから二人ともスッキリしたのを覚えています。引き受けていただいてとてもうれしいし、阿部サダヲさんとどんな親子になるのか、ドキドキします。

坂元愛登くんとは、今年1月の金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』での、佐藤健さんの中学生時代のキャスティングオーディションが出会いです。坂元くんのアンニュイな現代性がとても良いなと思って選んで、実際の撮影でもピュアな演技で物語をすごく切ないものにしてくれました。宮藤さんも阿部さんも彼の演技を見ていて、「坂元くん良いですね」と話していたので満場一致です。今回は、「デリケートな令和」からタイムスリップしてきて、動揺しながらも「粗雑な昭和」をリアルに楽しめる中学2年生のキヨシを演じてもらいます。演技上段者の大人キャストに交じって、この二人がどのくらい振り切ってくれるか、とても楽しみです。このドラマは、ある意味この二人にかかっているので!

純子とキヨシをよろしくお願いいたします。

■関連記事
【写真】ドラマ『不適切にもほどがある!』河合優実、坂元愛登の役ビジュアル
【写真】阿部サダヲ、“昭和のおじさん”に!ドラマ『不適切にもほどがある!』キャラビジュアル
主演・阿部サダヲ×脚本・宮藤官九郎ドラマ『不適切にもほどがある!』2024年1月スタート共演に仲里依紗・吉田羊・磯村勇斗
阿部サダヲが歌川広重に!梶よう子の小説『広重ぶるう』をドラマ化妻役に優香
『ゆとりですがなにか』はすべてを“受け入れる”ドラマだったレギュラー放送から7年、映画で描くものとは
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ