寺田心、15歳になり「少し反抗期に入りかけている」身長は中学2年間で40cm成長

寺田心/撮影:風間直人

寺田心、15歳になり「少し反抗期に入りかけている」身長は中学2年間で40cm成長

11月16日(木) 21:25

俳優の寺田心が11月16日、都内でおこなわれた長編アニメーション映画「屋根裏のラジャー」(12月15日[金]公開)のジャパンプレミアに、共演の鈴木梨央、安藤サクラ、仲里依紗、山田孝之、イッセー尾形、メガホンをとった百瀬義行監督、プロデューサーの西村義明氏とともに出席した。
【写真】ベテラン俳優陣と並んでも目立つ寺田の美スタイル

■熱望していたオーディションを勝ち取った寺田

同作は、イギリスの詩人・作家のA.Fハロルドによる感動作「The Imaginary」が原作。想像から生まれた誰にも見えない少年・ラジャーを主人公に、イマジナリーフレンドたちによる現実と想像が交錯する世界で繰り広げられる大冒険を、スタジオポノックの圧倒的なアニメーションで描いた超大作。

長きにわたるオーディションで熱望していた主人公・ラジャー役の座を勝ち取った寺田は、本作を見た感想を求められると「映像がすごく美しいのと、手描きのアニメーションだからこそ生まれる人の温かさが感じられますし、大切な言葉やセリフ、大切なシーンが散りばめられている作品だなと思います」と目を輝かせた。最初に声を入れたのは2022年7月だそうで「1年前の声変わりギリギリのときで、声が不安定なときだったので大きな声を出さないようにしたり、白湯やハチミツを飲んだりして気をつけることは多かったですし、ちょっとずつ変わっていくあの時期をこの映画に収めることができて、僕にとっても貴重な体験だったと思います」と感慨深げに語った。

また自身が演じたラジャーの魅力を聞かれると「真っすぐというのか、素直というのか、この映画を通して僕はラジャーから諦めない心を教えてもらいました」とコメント。さらに「僕とラジャーの共通点は信念かなと思っていて、1度物事を信じたら疑わないかなって思っていて、違うところでいうと15歳のこの時期で、少し反抗期に入りかけているので、何か言われると斜に構えてしまうんですけど、ラジャーは『僕ならできる』って信じられるんですよ。素直で真っ直ぐで芯が通っているので、いつまでもラジャーのようにいたいし、ラジャーが教えてくれたこの気持ちを忘れないでいたいと思います」と力強く語った。

■2年で40cmも成長

そんなラジャーが“推しキャラ”だという仲は「こんな息子ほしいなって(笑)。母の感覚ですけど、こんなかっこいい息子がいたらいいなっていう。私のイマジナリーです(笑)」と声を弾ませ、「(ラジャーは)本当にいい子で、心くんもいい子だし、成長しちゃってびっくり仰天(笑)」とにっこり。

仲のコメントに、寺田は「中学に入ってから2年で身長が40cmくらい伸びまして、だからこそ、収録のときはすごく大変で、みなさまより1年前に先に収録して頑張りました」と打ち明けた。

◆取材・文=風間直人



【関連記事】
【写真】大人びた寺田心、スタイルはベテラン俳優陣と並んでも遜色なし
【写真】どこか山田孝之に似た、風格ある猫“ジンザン”と山田のツーショット
【写真】演者がそれぞれ演じたキャラクターのパネルをバックに集合
【写真】すっかり成長した鈴木梨央の大人びた微笑み
【写真】共演の仲里依紗、とびきりのスマイル
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ