「イメージは淡いピンク」松田聖子『青い珊瑚礁』作詞の三浦徳子さんが明かしていた意外秘話

出産会見で幸せいっぱいの聖子

「イメージは淡いピンク」松田聖子『青い珊瑚礁』作詞の三浦徳子さんが明かしていた意外秘話

11月16日(木) 6:00

11月14日、郷ひろみの『お嫁サンバ』や杏里の『CAT’S EYE』、工藤静香『嵐の素顔』など数多くのアーティストの作詞を手掛けた三浦徳子さんが今月6日に亡くなったことが分かった。75歳だった。すでに葬儀は近親者ですませたという。

オリコンが発表した‘80年代の作詞家総売り上げ枚数では、女性として堂々の1位を記録するなどヒットメーカーとして知られていた三浦さん。かつて自身の作詞への思いについて、このように話している。

《全部聴かせどころというのはだめ。サビはちょっとあればいい》
《(仕事は夜ではなく)朝起きて、言葉が向こうからやってくるのを待つんです》(『東奥日報』‘93年1月1日付)

そして、三浦さんが手がけた曲の中でも特に知られていたのが、松田聖子(61)の楽曲だった。

「デビュー曲『裸足の季節』に始まり、大ヒットを記録した『青い珊瑚礁』や『夏の扉』。他にも『風は秋色』『チェリーブロッサム』など、聖子さんの初期作品で人気の曲はほとんど三浦さんが作詞したものでした」(スポーツ紙記者)」

ほとんどインタビューに登場しない三浦さんだが、‘19年に放送された『ラジオ深夜便』でこんな貴重なエピソードを語っている。

言語学者の金田一秀穂氏との対談の中で、聖子との初対面の印象について、

「(オーラは)そのときには感じなかったけど、スタジオで声を出したとき、すごくいい声なんですよ。声量がすごくあったの」

また、聖子に作った歌詞のモチーフが「海」が多いとの指摘に対しては、

「(そのイメージが)ありますね。彼女の基本カラーは、自分の中で『淡いピンク』にしたんです。(中略)『青い珊瑚礁』の『渚(なぎさ)は恋のモスグリーン』は、ピンクに合う色だからモスグリーンが出ているんです。会ったときに、ほほがうっすらピンクでかわいかったんですよ。彼女は色白だし。だから、『基本カラーをピンクにしましょう』と」

聖子も三浦さんが手がけてくれた曲に感謝しているに違いないーー。

web女性自身

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ