山本舞香“素子”『家政夫のミタゾノ』一夜限り復活!「キビい依頼受けて…」

11月7日(火) 16:00

松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)の第5話が11月7日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。第5話では相葉雅紀主演の金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』との特別コラボとして、昨年放送された『家政夫のミタゾノ』シーズン5でヒロイン・本仮屋素子を演じた山本舞香が一夜限りの復帰を果たす。放送を前に見どころや押さえておくべきポイントを紹介していく。

本作は松岡演じる家政夫の三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ。現在TVerでは、第1話~最新話に加え、見どころ全部見せますスペシャルなどが配信中。

第5話では“隣人”にスポットが当たり、ミタゾノさんが派遣されている高森修作(中村梅雀)宅に、隣家に住む女子高生の有坂凛(中島もも)が鍵の開いたトイレの窓から侵入するところから物語が始まる。

高森宅に侵入した凛は、なんと書斎の金庫に忍び寄り、施錠された金庫のロックを開けようとする。しかし、金庫の鍵は4桁の暗証番号が設定されており、施錠を解くことができない。苦心するうちに、家主の修作に見つかってしまう凛。慌てて「迷い込んだ猫を探しに来た」と言い訳をするが、駆けつけたミタゾノさんが、その凛の嘘をすぐに見破ってしまう。そそくさと退散しようとする凛だが、修作はなぜか凛を引き止める。この後、この家で行われる晩餐会に凛を招待したいと言いはじめる。

修作の正体は、世界中の美食家たちを唸らせてきた伝説のシェフ・ムッシュー美月こと、美月洋三だった。1年前に唐突に引退を発表し、今は不定期に自宅で晩餐会を開いて、特別な客だけに料理を振る舞っているという。凛は乗り気でないながらも、修作の誘いを断れず、晩餐会の部屋に足を踏み入れる。そこには同じく招待されたITの革命児・井原翔真(佐藤祐基)や音楽プロデューサーの宇崎貴利(池田鉄洋)、グルメライターの遠藤知佳(川久保晴)の姿も……。

彼らとテーブルについて晩餐会に参加する凛。最初のスープに口をつけると、想像を絶する美味に驚かされる。だが、修作はそんな4人を見回し、突然、それが毒の入ったスープだと突き放す。修作の言葉に錯乱状態に陥る4人を見回し、さらに「これから出す料理を食べながらそれ(謎)がわかった者にだけ解毒剤を渡す」と修作は言い放った。出された料理を食べながら4人はいつしか自分たちが過去に犯してきた“罪”について自問しはじめる。

謎めいたミタゾノさんの存在感はもちろん、見た目は鼻っ柱が強いが、どこか陰があり、気弱な一面を併せ持つ凛の姿にもぜひ注目して見て欲しい。中島の風貌や演技が凛と見事にマッチし、はまり役とも言えるほど、凛の魅力を引き出している。また豹変する修作の一挙一動に血相を変えて取り乱す村田光(伊野尾慧)の姿もとてもコミカルで愛らしく、伊野尾ファンにはたまらないキュンポイント。井原、宇崎、遠藤ら超エリートが混乱し、本性をさらけ出していく姿もスリリングで見ものだ。

1話限り復活の山本はドラマ冒頭に“番宣シーン”としてライフルの入ったケースを持って登場する。実は素子は「むすび家政婦紹介所」の“姉妹店”に異動しているという設定で、素子いわく「けっこうキビい(キビシい)」姉妹店の依頼人から依頼を受け、とあるビルにライフルケースを手に侵入していたのだ。ここでミタゾノさん、光、そして新人家政婦の矢口実優(桜田ひより)と再会し、その後は4人のコミカルなやり取りが繰り広げられる。この山本の登場シーンはシーズン5を見ていた視聴者なら思わずほっこりしてしまうようなシーンに仕上がっており、ぜひ見逃さず見てもらいたい。

関連リンク
【動画】『家政夫のミタゾノ』の最新回を視聴する

【動画】『家政夫のミタゾノ』

『家政夫のミタゾノ』に山本舞香が緊急友情出演!『今日からヒットマン』とのコラボ実現

『家政夫のミタゾノ』第1話のTVer再生数が200万回を突破!

松倉海斗“啓介”、佐津川愛美演じる社長令嬢“麗美”への思いに「泣いた」

『家政夫のミタゾノ』佐津川愛美扮する社長令嬢に指南!ミタゾノ流恋愛テクニック
テレビドガッチ

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ