蓮佛美沙子、伊藤万理華ら共演『女優は泣かない』、浜野謙太×橋本絵莉子による主題歌入り予告編解禁

映画『女優は泣かない』ポスタービジュアル (C)2023「女優は泣かない」製作委員会

蓮佛美沙子、伊藤万理華ら共演『女優は泣かない』、浜野謙太×橋本絵莉子による主題歌入り予告編解禁

11月3日(金) 12:00

蓮佛美沙子が主演する映画『女優は泣かない』の公開日が12月1日に決定。併せて、主題歌である在日ファンク「注意 feat.橋本絵莉子」の一部音源解禁となる予告編が到着した。

【動画】ハマケン×橋本絵莉子の主題歌に注目!映画『女優は泣かない』予告編

本作は、CMプランナーであり、『働かざる者』『おしゃれの答えがわからない』『面白南極料理人』『賭けからはじまるサヨナラの恋』など数々のドラマ作品を手がけてきたディレクターの有働佳史が、生まれ育った熊本・荒尾を舞台に挑んだ長編初監督作。

スキャンダルで女優の仕事を失った主人公・梨枝は、ドラマ部志望の若手ディレクター・咲と共に“女優が生まれ故郷の熊本で素顔を見せる”密着ドキュメンタリー撮影に渋々挑むことに。互いに衝突しながらも、女優復帰と希望部署への異動をかけて再起を図ろうとする2人。そんな崖っぷちの彼女たちが、家族の問題や才能の限界などの厳しい現実に直面しながらも、過ちやコンプレックスを乗り越え、やがて自分の居場所、ルーツを再発見するまでを描く。

監督の有働は、脚本完成に2年近くを費やし、2021年8月に1度クランクインするも、コロナ禍の影響で2日目にして撮影中断。その後、1年3ヵ月を経て、2022年10月末に再クランクインし、2023年11月に九州先行公開、その後、12月に全国公開を迎える。

スキャンダルで女優の仕事を失った主人公・梨枝を演じるのは蓮佛美沙子。そして梨枝と衝突しながらもバディとして結束していく若手ディレクターの咲役には伊藤万理華。梨枝の同級生でタクシー運転手の拓郎役には上川周作。

予告編では、蓮佛演じる、泣けないことがコンプレックスの“スキャンダル女優”の梨枝と、伊藤演じる「ドキュメンタリーは演出です」と言い切る“生意気なテレビディレクター”の咲、かみ合わない2人が衝突しながらも、互いに再起を図るため、ラストチャンスの密着ドキュメンタリー撮影に挑む姿がコミカルに展開。

また、梨枝の姉役の三倉茉奈、梨枝の弟役の吉田仁人、梨枝の幼なじみ役の福山翔大、咲の上司役の浜野謙太、居酒屋のおかみ役の宮崎美子、梨枝の父親役・升毅の姿を見ることができるほか、「仕事か、家族か。」という、梨枝が直面する葛藤もテロップとしてつづられている。

予告編で一部音源解禁となる主題歌の在日ファンク「注意 feat.橋本絵莉子」では、本作のための、Vo.浜野謙太と元チャットモンチーの橋本絵莉子のデュエットが実現している。

本作はロケ地・熊本の熊本Denkikanと、福岡県大牟田市のセントラルシネマ大牟田にて、11月3日から先行公開がスタート。同4日のDenkikanでの10時の回の上映後には、主演の蓮佛美沙子、熊本出身の宮崎美子、有働佳史監督が舞台あいさつに登壇する。

映画『女優は泣かない』は、12月1日より全国順次公開。

■関連記事
【動画】蓮佛美沙子&伊藤万理華がドキュメンタリー作品撮影に挑む『女優は泣かない』特報
【写真】新たなキャストも続々!映画『女優は泣かない』場面写真
『女優は泣かない』蓮佛美沙子&伊藤万理華の“バディ感”溢れる特報解禁主題歌は在日ファンク×橋本絵莉子
蓮佛美沙子、伊藤万理華ら出演『女優は泣かない』、12.1公開CMディレクター・有働佳史の長編初監督作
主演・窪田正孝「人間って本来怖い生き物だよなって納得した」齊藤工監督作『スイート・マイホーム』メイキング映像解禁
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ