山田洋次監督、92歳の誕生日を吉永小百合&大泉洋らがお祝い「大泉さんを主人公にすれば、別の寅さんみたいな映画ができるんじゃないか」と告白も!

山田洋次監督は「小百合さんにお祝いの言葉をいただくなんて、最高ですね」と笑顔を見せた

山田洋次監督、92歳の誕生日を吉永小百合&大泉洋らがお祝い「大泉さんを主人公にすれば、別の寅さんみたいな映画ができるんじゃないか」と告白も!

9月13日(水) 20:09

山田洋次監督にとって90本目となる最新作『こんにちは、母さん』の公開中舞台挨拶が9月13日に新宿ピカデリーで開催され、吉永小百合、大泉洋、永野芽郁、宮藤官九郎、寺尾聰、そしてこの日、92歳の誕生日を迎えた山田監督が登壇。ステージで誕生日をお祝いされた山田監督が、「ありがとうございます」と感謝した。
【写真を見る】美しい着物姿を披露した吉永小百合は、「監督作100本を目指して歩んでいただきたい」とメッセージを贈った

大企業の人事部長として神経をすり減らし、家では妻との離婚問題、娘の舞(永野)との関係に頭を悩ませる昭夫(大泉)が、久しぶりに母の福江(吉永)が暮らす東京下町の実家を訪れたことから始まる、“等身大の家族”を描く本作。

9月1日より公開を迎え、週末興行収入ランキング邦画ナンバーワンを獲得した本作だが、山田監督は「コロナの影響で映画館へ行くことをやめてしまった人の多くが、中高年の女性たちだと思います」と切りだし、「この方々が一番、僕の作品のお客さんにも多くとても悲しいことでしたが、この作品をきっかけに映画は楽しいと気づいてもらえたらと願いながら本作を作りました。まだまだ大変な時期だと思いますが、感染に注意しながらぜひ映画館へ足を運んでほしいです」と挨拶して、大きな拍手を浴びた。

この日は、観客からの感想や口コミをもとにトークを展開。まずピックアップされたのは、10代の観客からの「一人で観たけれど、映画館全員のお客さんと笑って一緒に観ているように感じた」という感想。本作を映画館で観たという吉永は「私が観に行った劇場ではおとなしいお客さまが多かったのですが、私のお友達からはたくさん笑って楽しかったと感想をいただいて、監督にもお伝えしたところです」と明かし笑顔を見せた。

そして本作を3回リピート鑑賞したという観客からは、「初回は昭夫さんがいたわしく心配で身につまされながら、2回目は細かいところで結構笑いながら。今日はカメラアングルやセリフ回しの懐かしさ、温かさを感じながら観ました。煎餅になぞらえて心情を吐露する大泉さんのセリフ回し、とても寅さんを思い出しました。作品世界のみんながとにかくかわいくて、温かでした」という熱量の高い感想が届けられた。

すると昭夫を演じた大泉について、山田監督は「本当にすばらしい演技者だと思います。大泉さんを主人公にすれば、別の寅さんみたいな映画ができるんじゃないかと。それだけの力を持っている人だと感心しております」と称賛。そんな山田監督からの言葉に、目を閉じて深くうなずきながら感動をかみ締める大泉は「言わせているんじゃないかという気もしますが…(笑)。こんなにありがたいお言葉はございません」と恐縮しながらも、うれしさを隠しきれない様子だった。

イベントの後半には、本日お誕生日を迎えた山田監督にサプライズでプレゼントが贈られるひと幕もあった。山田監督にプレゼントされたのは、この日に登壇したキャスト陣&会場に集まった観客からのお祝いコメントで埋め尽くされた特大サイズの寄せ書きだ。会場から大きな拍手が湧き起こるなか、代表して吉永から「お誕生日おめでとうございます!これからは、監督作100本を目指して歩んでいただきたいなと思います。私たちもついていきます」とお祝いの言葉が贈られると、山田監督は照れ笑いを浮かべながらも「小百合さんにお祝いの言葉をいただくなんて、最高ですね。どうもありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

最後には、「本日はお越しいただきありがとうございました。僕のつまらない挨拶よりも、大泉さんに話してもらった方がいい」と大泉にマイクを渡した山田監督。大泉は、予想外の展開に戸惑いながらも「本日で宣伝活動も一区切りだと思うと寂しい思いがします。私としては毎週大ヒットで舞台挨拶したいくらいですけれど…(笑)。これからもぜひ劇場へ足を運んでいただき、また本作をご覧いただければうれしいです。ありがとうございました」と語り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

文/成田おり枝


【関連記事】
隅田川テラス、ビルの隙間から見える花火…『こんにちは、母さん』に映しだされた、墨田区ロケの撮影秘話
91歳の巨匠・山田洋次監督を支え続ける“番頭”が明かした、『こんにちは、母さん』の舞台裏
吉永小百合が、“息子”大泉洋に「お尻がムチムチしていてかわいい」『こんにちは、母さん』舞台挨拶
脚本づくりに1年半…“巨匠”山田洋次が90本目の監督作『こんにちは、母さん』に捧げた並々ならぬ想い
吉永小百合主演『こんにちは、母さん』山田洋次監督が明かすオファー理由と撮影秘話
MOVIE WALKER PRESS

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ