岡田准一主演、綾野剛出演作に広末涼子、磯村勇斗ら10名の出演が決定特報映像も解禁<最後まで行く>

岡田准一主演映画「最後まで行く」に出演する広末涼子、磯村勇斗ら新キャスト10名/(C) 2023映画「最後まで行く」製作委員会

岡田准一主演、綾野剛出演作に広末涼子、磯村勇斗ら10名の出演が決定特報映像も解禁<最後まで行く>

1月30日(月) 12:51

岡田准一主演、綾野剛が出演する映画「最後まで行く」に広末涼子、磯村勇斗ら10名の出演が解禁され、コメントが届いた。さらに岡田・綾野の新ビジュアルと特報映像も解禁された。
【動画】“追われる男”工藤(岡田)、“追う男”矢崎(綾野)の最悪の96時間

■韓国クライムサスペンス映画を岡田准一主演でリメイク

本作は、2014年に公開された韓国映画のリメイク作で5月19日(金)に全国公開。ひとつの事故を発端に、極限まで追い詰められていく刑事の姿を描いたこのクライムサスペンスは、韓国で5週連続No.1観客動員345万人のヒットを記録。さらに中国、フランス、フィリピンでリメイクもされた。

岡田が演じる主人公は、ひとつの事故を発端に次々と悪夢のような災難が降りかかる刑事・工藤。綾野が岡田演じる刑事・工藤を追う冷徹な監察官・矢崎役を演じる。監督は「新聞記者」(2022年)、「ヤクザと家族 The Family」(2021年)、「余命10年」(2022年)などを手掛けた藤井道人が務める。

■“追われる男”工藤(岡田)、“追う男”矢崎(綾野)の新ビジュアルと特報映像が解禁

この度、緊迫感が伝わってくる“追われる男”工藤(岡田)、“追う男”矢崎(綾野)の新ビジュアルが解禁。札束が山積みになっている場所で黒い鞄を片手に持ち、振り向いている工藤。その表情からは、何かに追い詰められている様子が伺える。

また、大雨の中に佇む、矢崎の姿も公開。無表情で傘を差し、冷たい目線でまっすぐ見ている矢崎。その表情は工藤を“最後まで”追い詰めるような信念を漂わせ、何かが起こることを予感させる。

さらに最悪の96時間=4日間が始まる特報映像も初解禁。雨の中、焦りでいっぱいの工藤が車を飛ばしているときに突然目の前に現れた一人の男。その男をはねてしまい、慌てふためき遺体をトランクに入れる場面から始まる。

ダクトを這いつくばる姿、遺体を引きずり出す姿、そして頭を抱え動揺している姿。次から次へと悪夢のような災難に追い詰められる工藤。そんな工藤のスマホにある日突然「知っているぞ。お前は人を殺した」というメッセージが届く。藤井監督が話していた「新境地の岡田准一」が垣間見られる映像となっているという。


■広末涼子、磯村勇斗ら新キャスト10名

新たなキャスト10名も解禁となった。岡田演じる工藤祐司の別居中の妻で、一人娘を育てながらも工藤との関係に苦悩している工藤美沙子役に広末涼子。工藤にはねられ、本作の鍵を握る重要な人物となる尾田創役に磯村勇斗。工藤の上司で刑事課の課長・淡島幹雄役を杉本哲太。工藤が関係を持っているヤクザの仙葉組組長・仙葉泰役を柄本明が演じる。

さらに駿河太郎、黒羽麻璃央、駒木根隆介が、時に工藤を心配し、時に工藤を疑う同僚・刑事課の刑事役を。工藤が男をはねた後、検問所で必要以上に工藤に詰め寄る交通課の警察官役に山中崇。綾野演じる矢崎の婚約者役に山田真歩。磯村演じる尾田の仲間役を清水くるみが演じる。

■広末涼子コメント「極寒の中挑んだ撮影、その迫力と熱気が伝わる作品になっているはず」

極寒の中、スタッフキャスト一同全力で挑んだ撮影。その迫力と熱気が伝わる作品になっているはずです。スピード感緊張感ある最強の映画を皆さまに堪能していただける公開日を、私も心から楽しみにしています。

■磯村勇斗コメント「今回の役柄では、アドレナリンが溢れ出るシーンが多かった」

本作で、藤井道人監督と綾野剛さんと再びご一緒できたこと、また岡田准一さんとご一緒できたことがとても嬉しかったです。

今回の役柄では、アドレナリンが溢れ出るシーンが多かったので、いつもより心拍数が高かったです。とどまるところを知らない藤井組の勢いあるエキサイティングな映画を是非、お楽しみ下さい。

■駿河太郎コメント「藤井組は楽しさと難しさを教えてもらえる現場です」

ただのサスペンスアクション映画ではない事を現場にて痛感しました。そこにスパイスとして参加出来る事が何より嬉しかったです。

気がつけば藤井監督との付き合いも長くなりましたが、藤井組はいつもいい緊張感を与えてくれて俳優として、楽しさと難しさを教えてもらえる現場です。

そこに絶対的座長の岡田准一君、綾野剛君を筆頭に俳優陣や各部署のスタッフとの化学反応が確実に起こります。藤井作品で僕はいつも殺されてますが、今回はどうなるか楽しみにしといてください。

■山中崇コメント「すべてが靄がかってまるで撮影の日々は夢だったかのようです」

凍るかと思いました。相手の顔が見えないほどにずぶ濡れでしたので、すべてが靄がかってまるで撮影の日々は夢だったかのようです。でもあの日々を懐かしんでいる、どこかでまた求めている自分もいます。どうぞ"最後まで"お楽しみください。

■黒羽麻璃央コメント「念願の藤井監督の映画、嬉しくもあり幸せな気持ちです」

念願の藤井監督の映画に出演させて頂けた事、偉大なる先輩方と一緒に作品を作れた事嬉しくもあり幸せな気持ちです。まずい男VSやばい男。結末がどうなるのか是非、最後まで作品の世界に浸かって観ていただければと思います。

■駒木根隆介コメント「一観客として観ていた作品にまさかこんな形で参加できるとは!」

韓国オリジナル版公開時、一観客として観ていた作品にまさかこんな形で参加できるとは!現場では岡田准一さん、綾野剛さんのマズい部分とヤバい部分の片鱗は間近で目撃させていただきましたが、2人がどんな風に「最後まで行く」のか、再び一観客に戻ってワクワクしています。

■山田真歩コメント「加速していくスリルとユーモアに最後までわくわくしっぱなしでした」

「最後まで行く」の脚本を初めて読んだ時、加速していくスリルとユーモアに最後までわくわくしっぱなしでした。「祭り」が影を潜めて久しいですが、この映画が観る人の心の憂さを晴らし、爽快感とともに劇場を出て行くものになりますように。

■清水くるみコメント「わたしが演じた真由子はエンタメ要素の強い役なっているかと思います」

「青の帰り道」から藤井監督とは出会って6年目。常に新しいことに挑戦している監督にまた呼んでいただけたこと、とても光栄に思います。

今作はノンストップエンターテインメントということですが、中でもわたしが演じた真由子は登場人物の中でもエンタメ要素の強い役になっているかと思います。わたし自身、あらゆる面で、すごく刺激をいただいた現場です。是非劇場で観ていただきたいです。

■杉本哲太コメント「藤井組初参加で、新鮮な気持ちで撮影することができました」

今回、定年前という年齢的にも等身大の刑事を演じさせていただきました。藤井組初参加で緊張もしましたが、初共演の方も多く新鮮な気持ちで撮影に参加することができました。どうぞ"最後まで"お楽しみください!

■柄本明コメント「最後まで一生懸命に演りました」

最後まで一生懸命に演りました。仙葉がどのように物語に関わっていくのか楽しんで観て頂ければ幸いです。

■映画「最後まで行く」あらすじ

年の瀬も押し迫る12月29日の夜。刑事・工藤(岡田准一)は危篤の母のもとに向かうため、雨の中で車を飛ばす。

工藤のスマホには課長から着信が。「ウチの署で裏金が作られているっていう告発が週刊誌に入ったが、もしかしてお前関わってるんじゃないか?」という課長の詮索に「ヤバい」と血の気が引く工藤は、何とかその場をやり過ごしたものの、心の中は焦りで一杯になっていた。

そんな中、妻から着信が入り、母が亡くなった事を知らされた工藤は言葉を失うが、その時、彼の乗る車は目の前に現れた一人の男をはね飛ばしてしまう。すでに彼が絶命していることが判ると、狼狽しながらもその遺体を車のトランクに入れ立ち去った。

途中、検問に引っかかるも何とかその場をごまかし署に辿り着いた工藤は、署長に裏金との関与を必死に否定し、その場を後にする。

そして母の葬儀場に辿り着いた工藤は、こともあろうに車ではねた男の遺体を母の棺桶に入れ、母とともに斎場で焼こうと試みる。その時、工藤のスマホに一通のメッセージが入る。「お前は人を殺した。知っているぞ」というその内容に、腰を抜かすほど驚く工藤。

その後メッセージは「死体をどこへやった?言え」と続く。そのメッセージの送り主は、県警本部の監察官・矢崎(綾野剛)。彼もまた、ある男が行方不明となり、死んでいたことが判明し動揺していた。そしてその男こそが、工藤が車ではねた人物だったのだ。さらにその裏には、矢崎が決して周囲に知られてはいけない秘密が隠されていた。





【関連記事】
【動画】岡田准一“工藤”が次から次へと悪夢のような災難に追い詰められる
【写真】黒づくめの岡田准一“工藤”が追い詰められた様子で振り返る
【写真】綾野剛“矢崎”が無表情で傘を差し、冷たい目線でまっすぐ見つめる
岡田准一、松本潤との共演語る「大河の先輩として微力ながら支えられたら」<どうする家康>
綾野剛×北川景子が刑事コンビを熱演、「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」がdTVで配信スタート
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ