『必殺仕事人』“瓦屋の陣八郎”遠藤憲一、去る!主演・東山紀之と「最後にがっつり組んでお芝居ができてよかった」

スペシャルドラマ『必殺仕事人』メインビジュアル (C)ABCテレビ

『必殺仕事人』“瓦屋の陣八郎”遠藤憲一、去る!主演・東山紀之と「最後にがっつり組んでお芝居ができてよかった」

12月12日(月) 7:00

2023年1月8日に放送される、東山紀之主演のスぺシャルドラマ『必殺仕事人(ABCテレビ・テレビ朝日系)。今作をもって、瓦屋の陣八郎を演じてきた遠藤憲一が卒業することが明らかになった。

【写真】スペシャルドラマ『必殺仕事人』に出演する東山紀之、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見、遠藤憲一

1972年の『必殺仕掛人』に始まり、藤田まこと演じる中村主水らさまざまなキャラクターが悪を成敗する“必殺シリーズ”が、今年で50周年。藤田から2007年にバトンを受け継いだ東山紀之主演の『必殺仕事人』も、幅広い世代から支持される長寿シリーズとなり、15周年を迎える。

この大きな節目となる2023年の『必殺仕事人』の最新作は、“誰かがいなくなる”という衝撃作に。情報解禁されるやいなや、“メインキャストのひとりがいなくなる”という予告に、SNSなどが一時騒然となった。そんななか、このたび、瓦屋の陣八郎を演じる遠藤憲一が惜しまれながら卒業することが発表された。

遠藤は1985年放送の『必殺仕事人V』の最終回に、仕事人に成敗される徳川宗孝役でゲスト出演。その30年後、2015年放送の『必殺仕事人』から瓦屋の陣八郎としてレギュラー出演。そして今回、7年という長い時間を過ごした“必殺”から卒業する。

「地に足がついていない状況だったので、初出演のことはよく覚えていないんですが、30年経って仕事人の一員になれたときはすごくうれしかった!そして、ついに今回で卒業…。すごく悲しかったです」と語った遠藤。最後の撮影を終えた際には、「『寂しいなぁ』という思いはずいぶん前に乗り越えたので、あまりしんみりせずに終わることができたと思います」とニッコリ。並々ならぬ思いを胸に遠藤が臨んだ本作で、“必殺”を去ることになる陣八郎にどんなドラマが待ち受けているのか?

2015年から7年間に渡って瓦屋の陣八郎を演じてきた遠藤だが、意外にも東山紀之演じる渡辺小五郎と本格的に芝居で絡むのは今回が初!「これまではアジトでもちょっとぶつかり合うくらいで、日常生活で関わることがほとんどなかったので、今回が初めてじゃないかな?最後にヒガシくんとがっつり組んでお芝居ができてよかったです」と、“ラスト必殺”で実現したプライベートでも仲の良い盟友との共演シーンに感激もひとしおの様子。卒業を前に「ヒガシくん、愛しています!(笑)」と言葉を寄せた。

今回、陣八郎は幼なじみ・酒井東庵と再会を果たすも、かたや人の命を救う町医者、自分は人の命を奪う仕事人…と、その落差に思い悩むことに。葛藤する陣八郎の気持ちに気づいた小五郎(東山)は…?

本作では、江戸を襲う原因不明の流行り病「鬼面風邪(きめんかぜ)」の猛威と、患者を救うために奔走しながら特効薬の開発に尽力する町医者たちの姿が描かれる。しかし、その一方では、この病を悪用して“お助け金詐欺”を企てる悪人たちまで現れて…?

人から人に感染、咳や発疹に加え、鬼のように真っ赤な顔になるほどの発熱が続き、多くが死に至るという原因不明の恐ろしいこの病には特効薬もなく、感染者が増加する一方で、江戸の町は混乱。さらに、「鬼面風邪」の猛威は仕事人にも襲いかかる始末で…。そんな中でも、仕事人たちは苦しむ人々を横目に私利私欲を満たす悪人たちに立ち向かっていくのだが…。大きな節目となる2023年の『必殺仕事人』は、衝撃的な結末が待ち受ける。

スペシャルドラマ『必殺仕事人』は、ABCテレビ・テレビ朝日系にて2023年1月8日21時放送。

遠藤憲一のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>


■遠藤憲一(瓦屋の陣八郎役)

――2015年からレギュラー出演してきた『必殺仕事人』での7年間を振り返っていかがですか?

まずはゲストで出たんですよ。仕事人のひとりで、同じ必殺技だったんですけど、全部の撮影を終えた時に、「今後はレギュラーになります」と言われて驚いたのを覚えています。そこから仲間に入れてもらったという感じなんですが、もう7年も経ったと聞いてビックリしちゃいました!

ヒガシくんとはプライベートでよく一緒に飲み食いしていたから、ご一緒することになった当初は、真面目な顔でセリフを言うのが照れくさかったんですけど、徐々に慣れていって、今ではそれが普通になりましたね。

――23歳の時に“必殺”に初出演、30年後に念願の仕事人となられました。今回、卒業することになったお気持ちをお聞かせください。

初出演の時のことはよく覚えていないんですが、地に足が着かない感じで、よろよろしながら芝居していた記憶があります(笑)。そこから30年経って仕事人の一員になれたときはすごくうれしかった!そして、ついに今回で卒業…。すごく悲しかったんですけど、「寂しいなぁ」という思いはずいぶん前に乗り越えたので、あまりしんみりせずに終わることができたと思います。これまで小五郎とはアジトでもちょっとぶつかり合うくらいで、日常生活で関わることがほとんどなかったので、今回が初めてじゃないかな?最後にヒガシくんとがっつり組んでお芝居ができてよかったです。―ヒガシくん、愛しています!(笑)

■関連記事
【写真】2022年放送『必殺仕事人』にKing & Prince・岸優太&なにわ男子・西畑大吾参戦
【写真】東山紀之に北大路欣也「あらゆるジャンルに果敢に挑戦する姿に心からエール」
東山紀之『必殺仕事人2020』、市村正親と対決
『親愛なる僕へ殺意をこめて』最終回“B一”山田涼介vs“亀一”遠藤憲一衝撃の真実が明らかに
遠藤憲一、THE RAMPAGE吉野北人と“親子”ショットに反響「かわいいい!!!」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ