モーニング娘。加賀楓&横山玲奈つんく♂が送る加賀への当て書きと次への課題「卒業へ背中を押されたような気持ち」

モーニング娘。’22の横山玲奈、加賀楓(左から)/撮影:鈴木康道

モーニング娘。加賀楓&横山玲奈つんく♂が送る加賀への当て書きと次への課題「卒業へ背中を押されたような気持ち」

12月6日(火) 17:30

モーニング娘。25周年と加賀楓の卒業。12月21日(水)に発売されるモーニング娘。72枚目のシングルに込められたこの2つのテーマ。加賀の卒業はリリース前の12月10日(日)、日本武道館にて。迫るその日を前に、加賀は「完璧に終わらせたい」、同期の横山は「加賀がいなくなることに想像が追い付かない」と今の心中を語る。加賀から横山へ、横山が考えるグループでの役割など、多岐に渡ったロングインタビュー。取材中、快活に話しながらも幾度となく加賀の横顔を見つめる横山が印象的だった。
【写真を見る】加賀楓&横山玲奈、同期2人の撮り下ろしツーショット

■横山への卒業報告はコンサートの帰り道。電話がかかってきて…

――加賀さん、横山さんが揃う最後のシングル。リリースを控える今の気持ちから聞かせてください。

加賀:まず私の卒業に関してですが、これはけっこう以前から会社に相談していて、レコーディング時期には12月での卒業が決まっていました。だから「これでラストか…」と思いつつ、でも今回の曲がとても難しくてですね。練習するのに必死だったので、しみじみした気持ちになる暇はなかったというのが正直なところです。

横山:私は加賀の卒業は全く予想していなかったので、聞いたときは「へえ、そうなんだ」って。そんな気持ちでした。電話でね、聞いたんですよ。びっくりもあった分、いまだに実感が湧かなくて。それこそ12月10日を過ぎても一緒に活動しているんじゃないかって、謎の期待をしています。

加賀:みんなから言われるんですよ。「ハロコンもあるし、出ればいいじゃん」って。

横山:ゲストでフル出演したらいいのに。なんか、加賀がいなくなることに想像が追い付いていない感じです。

――卒業報告が電話でというのは、会って話すのがつらかったからですか?

加賀:違うんですよ。私はちゃんと直接言いたかったんですけど、横山はすぐに予定が入っちゃうんで。

横山:仕事じゃなくてプライベートの予定がね(笑)。コンサートの帰り道だったんですけど、ご飯の誘いかと思ったから「ごめ~ん!」って。じゃあ、あとで電話するっていうから、最初、怒られるのかと思ったもん。「電話してでも話したいことって何!?」って。

加賀:電話してでも話したいことでしょ、これは。

――卒業の雰囲気には気付かなかった?

横山:察したくないっていうのがありますね。やっぱりメンバーの卒業は寂しいので、なんか変わったなと思っても気にしないようにしています。だから全然気付かなかったです。加賀が卒業を考えていることは。

■自分のことより他人のために。「Swing Swing Paradise」の加賀への当て書き

――両A面シングルの1曲、「Swing Swing Paradise」は加賀さんがセンターに立ち、卒業に送るような楽曲です。必死だった期間を過ぎて、今は曲に対してどんな思いがありますか?

加賀:自分がメインでというのは気にしていなくて、気持ちとしてはいつも通り。聴いてくださる方に向けてこの歌詞を届けたいというものですけど、サビの歌詞は目に止まりましたね。私は自分のためより他人のために動きたいタイプで、いつの間にかそういう行動をしがちだって周りからも言われるし、自分でも若干自覚はあるんです。だから「君の為ならば なんでもしたげたいね」というサビの歌詞は、私の普段の行動を表しているようだなって思いました。

――ハロプロの曲には幾つもありますが、メンバーへの当て書きはつんく♂さんの愛情を感じるんですよね。譜久村聖さんがブログで、曲の制作からつんく♂さんと話したと記していましたが、2人はどんなことを話されましたか?

加賀:私たちは話してないんですよ。

横山:ねー。13期はタイミングが合わないのか、ちゃんとつんく♂さんとお話した経験がないんですよ。15期は対談してるのに。いいなー。

――では譜久村さんから伝えられたことなのかもしれないですね。

横山:気になるね。どんな話をしたんだろう。聞いてみたいな。

――「Swing Swing Paradise」、曲のポイントではどうですか?

加賀:とにかくノリが良くて、私の「go ahead!」という掛け声で一気にテンポが上がっていく。しょっぱなからド肝を抜かれる曲で、ダンスにはミュージカルテイストも入っていて、目と耳、両方が奪われる曲だなって思います。

横山:最初のゆったりした感じからここまで展開されていくんだっていう、音楽の広がりをすごく感じます。踊っている身としても楽しいし、聴いていても「こんなに曲調変わるんだ」っていう楽しさがありますね。加賀の最後ということで、衣装もしっかり赤で。

――今着ている衣装ですね。全員鮮やかな赤で映えますね。

横山:やっぱりみんなで加賀を送るというのもテーマにあって、ダンスでは振りだけじゃなく表現力が大切だからと先生に繰り返し言われました。加賀はダンスも歌も、舞台での演技もすごくて、この曲にはそういう加賀の全部が詰まっています。加賀のモーニング娘。での集大成だって言える曲ですね。私、加賀の演技がめっちゃ好きなんですよ(笑)。

加賀:初めて聞いたわ。舞台、二回しかやってないのに。そんなに?

横山:だって、いい役をしてたじゃない。

加賀:確かにね。美味しい役をもらったなって思ってる(笑)。

横山:なので、そういうところも含めてステージングがとても楽しい曲です!(笑)

■リズムが変わらない難しさ「Happy birthday to Me!」

――もう1曲の「Happy birthday to Me!」はモーニング娘。25周年のバースデーソング的な意味もある曲です。

加賀:こっちはとにかくたたみ掛ける曲ですね。誕生日を迎えた新しい自分に「おめでとう」を伝えてあげる。最初はそういう曲だと思いましたけど、テーマはもっと壮大だったんですよ。誕生日って人生のうちに何回も繰り返すわけじゃないですか。子供の頃は誕生日が来るのが待ち遠しいけど、だんだん気付いたら歳を取っているって感じで、一年の流れがどんどん速くなっている気がしますよね。そんな感覚が「Happy birthday to Me!」の曲調に現れている気がしてて、体感、曲が終わるのがめちゃ早いです。なぜなら歌に途切れがないから。間奏もあるっちゃあるし、イントロもあるんですけど、同じリズムをずっと叩き続けていて、サビで展開が変わるとか、そういうのもないんです。最後までずっと同じリズムでいくから余計に早く感じるんですよね。そういう部分が実際のリアルな人生の流れを表しているようで、これに気付いてからは曲をものすごく重く感じるようになりました。

横山:すっごい喋ったね(笑)。

加賀:ごめん、早口になっちゃった(笑)。

――横山さんも「Happy birthday to Me!」について。

横山:この曲はとにかく難しいです。秋ツアーでも披露していますけど、テンポが速くて付いていくのに必死です。楽しむどころじゃない(苦笑)。テンポが速い分、歌詞も早口になっていくから伝えるのにも必死です。

加賀:サビでの歌詞が、「つんく♂さんだなあ」って思うんですよ。「思い通りにしてやる」「思い通りにゃさせない」って、ちょっと意地悪いことを仕掛けてくる感じが。でも、人生ってそういうものだと思うし、人間的な部分を突いてくる感じも絶対に響くと思うので、テンポ速くて難しいけど、なんとか歌詞を伝えるつもりで頑張っています。

――モーニング娘。というかハロプロ全体ですが、カウントの速い曲は他にもあるじゃないですか。ハロプロメンバーは16ビートの細かいリズムを叩き込まれているし。それでも難しいですか?

加賀:難しいです。なんて言ったらいいんだろう? 入っている音? ベースとなる音というか、コードみたいな楽器が他の曲に比べて極端に少なくて、この曲の印象を持っていくのが全てメロディーという感じだから、リズムを合わせていくのがものすごく難しいんです。

■次へのステップアップのために、今超えるべきハードル

――1つ戻りますが、「Swing Swing Paradise」はミュージカルテイストもあると言ったように、ちょっと変わったダンスナンバーです。卒業後、ダンスの道に進みたいという加賀さんにとって、何か感じ取ることはありましたか?

加賀:やっぱり最初、自分の踊り出しで始まるのは緊張しますね。振りもメンバーの場位置も構成も、最初はずいぶん違って、レッスンを繰り返していくうちに今の形になったんですよね。そのときからイントロの振りにはずっと苦戦していて。でもそれって苦手の克服みたいなところもあるのかなと思っています。卒業後、ダンスをやっていくには苦手なジャンルにも挑戦していかなきゃいけないし、つんく♂さんや先生から背中を押されたような気持ち。「苦手でもやるんだぞ!」っていう、私の今後を考えたそういう指導、勉強をさせてくれたような気もします。実際、レッスンのときはいつも以上に細かい表現の仕方を教えていただけて、今後もこの気持ちを忘れずにダンスをやっていかなきゃなって思いました。

――以前だとソロ曲によく感じていたんですが、つんく♂さんから来る曲って、節々でそのときの苦手克服、「これをこなせればワンステップ上がれるよ」と言って渡しているような雰囲気を感じるんですよね。

加賀:ああ。それ、感じますね。ライブの後に反省会があって、以前だとディレクターさんからダメ出しがたくさん振ってきたのに、最近は「いいじゃん!」って。

横山:最近、絶対に第一声が「良かった!」だよね。あれ、逆に怖い(笑)。

加賀:最初、耳を疑ったもん。「え、何か冗談でも言ってる?」みたいな。その分、曲のレベルも前とは全然違うし、難しくなってきているのを実感しますね。でも、無理やり上げているんじゃなくて、順々にレベルを上げていってくれていて、これができるなら次はこれができるだろうって、そういう風な感じがまた上手いなって思います。

――そういう難しい曲が来ている中で、加入したばかりの16期、櫻井梨央さんはどうですか?

横山:ものすごく頑張っています。1人加入がどれだけ大変かって、本人にしか分からないじゃないですか。13期の私たちは2人で加入したからお互いに助け合いながら、相方が頑張っているから自分も頑張んなきゃとか。同期がいればそういう気持ちが生まれるものだけど、1人加入はそれがないから何倍も何倍も大変なんだなっていうのは櫻井を見ていてすごく感じます。櫻井は1人しかいないから、1人でなんとかするしかないんですよ。

加賀:比べる相手がいないからね。

横山:そう。分からないことがあったら自分で先輩に聞かなきゃいけない。入ったばかりでなかなか「分かりません」って、先輩に聞きに行けないですよ。リハーサルを見ていても本当に大変だったんだろうって思うし、秋ツアーでも無茶させてるなって思うんですけど、最近はメンバーにも馴染んできて、櫻井から積極的に話し掛けてくれるから、だんだん楽しい気持ちになってきているのかな。本当は加賀が面倒見がいいんですけど、もういなくなってしまうから、代わりにちゃんと見守っていこうと思います。

■横山「私の中の武道館の思い出には絶対に加賀がいた」

――秋ツアーの最後。12月10日の日本武道館が加賀さんの卒業公演です。武道館に2人はどんな思い出がありますか?

加賀:加入してお披露目のステージが日本武道館だったので、ファンの皆さんにはその印象が強いと思います。けど、個人的にはハロプロ研修生時代、℃-uteさんの帯同ですね。「トレジャーボックス」(℃-ute 、2013年春ツアー)の武道館公演が最初だったと思います。モーニング娘。に加入する前にも帯同のバックダンスで武道館に立たせていただいた経験は何度もあるので、武道館というステージにそれほど緊張するっていうのはないんですよ。でも、それだけに先輩たちが武道館に立つまでにどれだけ大変な思いをしてきたかを知っているので、そんな伝統のステージで自分の卒業ライブができるっていうのは嬉しいし、完璧に終わらせたいという気持ちはありますね。

横山:私はハロプロ研修生のとき、Juice=Juiceさんの初武道館公演を見学したのが最初です。やっぱり武道館はホール公演より広いし、360度見渡せて、その綺麗な景色をモーニング娘。になって約6年間、何度も見ることができているのはファンの皆さんへの感謝しかないですね。加賀にとってはラスト公演で、武道館で加入発表をして武道館で終わる。モーニング娘。の人生が始まった場所でモーニング娘。を終えるというのが相方として嬉しいし、アイドル人生としてすごく綺麗だなって思います。

加賀:エモいね。

横山:そうね、エモいね。難しい言葉を使わない方が良かったな(笑)。私の中の武道館の思い出には絶対に加賀がいたので、「ああ、今回で最後なんだなあ」って思うとやっぱり寂しいです。でも、ちゃんと笑顔で見送りたいです。

加賀:笑顔で終わるのが一番だからね。

横山:にこにこでね!

■モーニング娘。にいたから見つけられたダンスへの道

――加賀さんからはダンス、ダンスという印象がなかったので、卒業後にダンスを選んだというのがちょっと意外でした。きっかけには何があったんでしょう?

加賀:これだっていうきっかけは正直ないんですけど、モーニング娘。はやっぱりダンスを強みとして持っているグループだし、メンバー、先輩もダンスにこだわっている人がすごく多いんですよ。その流れでダンスに特化した番組や企画に参加させていただくことが増えて、色んなダンサーさんとお話をして、ダンスに触れる時間が特に多くなったというのはきっかけというか、理由の1つにあると思います。で、私はハロプロのオーディションを一回受けてここに来たというのもあって、ハロプロの世界しか知らなかったんですよ。けれどダンスの仕事をしてから、ダンスにはまだ私が知らないジャンルがあって、ダンスに関する仕事も様々だと知って、めちゃめちゃ興味が生まれたんですよね。その興味がどんどん大きくなってきて、私が次にできることはこれかもしれないって、それが明確に定まったのが卒業を切り出したきっかけですね。

――横山さんは加賀さんからダンスへの興味というのは聞いていたんですか?

横山:全然ないです。でも、ダンスが好きっていうのはもうムンムンに伝わってきていました。

加賀:ムンムンってさあ。もっといい表現をしてよ(笑)。

横山:“加賀がムンムン”っていいじゃない(笑)。でも、ハロプロ研修生の頃から加賀のダンスはカッコいいと思っていたから、そこには意外とかはなかったですね。私、ハロプロ研修生に入ったとき、加賀はダンス経験者だと思っていたんですよ。小さい頃からずっとやっていたとか、それぐらい軸がしっかりしていたから、まさか未経験でやっているとは思わなくて。そのときからダンスの才能があったんだなと思いつつ、プラス努力家で、やりたいダンスを日々研究しているので、この子は本当にダンスが好きなんだなっていうのは、最近は特に感じていましたね。だからダンスの道に進むと聞いたときは絶対成功するだろうなって。自分の好きなことをやっている加賀はホントに可愛いんですよ。チョコを食べているときと同じで、すごく幸せそうだし。

加賀:それと同じ? チョコとダンスが同じだと!?

横山:好きなものに対する熱っていうのが半端じゃないっていうね。そういうのを見ているから私は何も心配してないよって。そういうことだから(笑)。

■2人での思い出は、ない…?

――2人での思い出というのはありますか?

加賀:あのう…プライベートはほとんど会わない。仕事でしか顔を合わせないっていう… (笑)。

横山:ついこの前、久々に2人でご飯に行ったよね。

加賀:それも仕事の合間だけどね。

横山:プライベートで加賀との思い出は…ないなあ(笑)。でも、相方としては最高なんですよ。2人でインターネットサイン会をしたのは楽しすぎたし。

加賀:喋りすぎて時間押して、「巻け!巻け!」ってサインが出ました。

横山:あれは今でも記憶に残っていて、一生忘れない出来事になるだろうな。

加賀:ホントに楽しかった。神回。

横山:それでもつい最近の思い出なんだよね。それこそ数年前までの記憶が全然ないんですよ。

――同じことをよく聞きますね。忙しすぎたから記憶喪失になっているって。

加賀:私、2018年から2019年夏にかけてのメキシコ、ニューヨーク、香港。台湾の海外公演はけっこう鮮明に覚えている。人狼にどハマりしたのも香港だから。

横山:そうだそうだ!

加賀:ちょっとこれ言っときたいです。ファンの皆さんはなんでモーニング娘。が人狼に夢中になっていたのか不思議かもしれないですけど、これ、香港からなんですよ。

横山:謎のブームが起きてね。

加賀:最初はワードウルフから始まって、メンバーが全員揃っているから人狼やろうよとなって、イベントの楽屋から移動バスの中でもずっとやって。で、今度はホテルで朝5時まで5回戦やって。このとき佐藤優樹さんも来たんですよ。佐藤さんは1人で過ごすことが好きだから滅多にそういう集まりには来ないのに、一番最後に部屋に来て。びっくりして、「来た!?」って声が出そうになったから。

横山:佐藤さんもそれぐらい楽しかったんだろうね。それが人狼ブームの始まりなのでした(笑)。

加賀:みんなすっぴんだったからさ。写真撮れなかったんだよね。あれ、撮っておきたかったな。

横山:公には何1つ出てないです(笑)。

■苦しい気持ちは分かるからこそ、ハロプロ研修生に送る言葉

――加賀さんから横山さんに託したいことはありますか?

加賀:あります! 周りにね、ずっと言いづらかったことがあるの。それを横山に託したい。

横山:え、何? 言いづらいってさ。

加賀:あのさ、羽賀あかねさんの誕生日に、みんなでお金を出しあってプレゼントを買ったじゃん? あれ、私が立て替えたんだけど、まだ4人からしか返ってきてないのよ。

横山:ああ!! 忘れてた! すぐ返す、すぐ返すから! え、なに? それを私に集金しろって?

加賀:いいんだけど。いいんだけどさ。一応、未回収の人のリストを渡しておくからね(笑)。

横山:分かりました! 任せてください。でもこのインタビューを読んだメンバーはなるべく自主的に返済してください(笑)。

――そんな横山さん。今後グループのために考える自分の役割を教えてください。

横山:最近、モーニング娘。の色が変わってきたと感じるんですよ。16期で櫻井が加入して、13期の加賀が卒業していって。しかも今オーディション中だから、また新メンバーが入ってきたらもっと変わると思っていて。メンバーが代われば自分の立ち位置も変わるけど、それが迷走中で…。自分はどうあるべきなのかが分からないんですよね。今は上と下がいて、ちょうど真ん中なんですけど、そこでできることを考えている最中というか。1つ思うのは、やっぱりモーニング娘。の歴史、伝統を繋いでいくことで、それに関しては私みたいな真ん中のメンバーの役割だなって考えています。モーニング娘。の名前を汚すようなことは絶対にできないし、したらいけない。歴史と伝統、名前の大きさをしっかり後輩に伝えていきます。

加賀:私たちも同じように教えられてきたからね。

横山:でも難しいなあ。難しいけど頑張ります。皆さんにも見守っていただければと思います。

――これからモーニング娘。に憧れて加入を目指す子たち。昇格を目指すハロプロ研修生に向けてメッセージをお願いします。

加賀:人それぞれ自分の個性を持っていて、歌もダンスも同じ人はいないじゃないですか。そういう自分をしっかり持つことが大切で、モーニング娘。に憧れているからと言って、自分をモーニング娘。に寄せようとしなくていいと私は思います。オーディションを受ける子は自分のありのままを見せつけてほしいですね。そしてハロプロ研修生の子たちには、とにかく諦めずに頑張ってほしいです。私も5年かかって昇格して、長かったと言われるけど、期間で言ったらOCHA NORMAの米村姫良々のほうがずっと長いんですよ。研修生期間が長いのは当たり前だけど苦しいです。その苦しいと思う部分をどう受け入れるかが大事で、自分を認めて今すべきことを精一杯やってほしいです。私もそうでしたけど、進路、将来を考えて、ハロプロ研修生を辞めるという選択を考えるときが絶対にあると思います。でももしそのときハロプロでデビューするという夢を諦められなかったら、できることなら悔いが残らないように、全力でもう一度だけ立ち上がってほしいと思います。

横山:今回は16期、17期のオーディションが連続して開催されましたけど、もしかしたらその次は何年も空くかもしれません。実際私は12期オーディションを逃しているんですよね。受ける自信がなくて止めてしまったんです。それからしばらくオーディションがなくて、すっごく後悔しました。自信があるとかないとか、関係ないんですよ。落ちたからってマイナスになることなんて1つもないんだから。モーニング娘。になりたいという気持ち1つあれば十分なので、迷っている子はまず飛び込んでみてください!

■取材:文:鈴木康道




【関連記事】
【写真】加賀楓&横山玲奈。ビジュアル注目のツーショット
【写真】クールビューティーな加賀楓。新衣装での撮り下ろし
モー娘。加賀楓の3冊目の写真集が発売「種子島の美しい風景とともに楽しんでいただければ」
モーニング娘。’17の加賀楓、大好きなアニメを熱弁。アニメは自分が生きていくために必要なもの!
譜久村聖、モーニング娘。25周年に感慨「自分の年齢と同じだけ続いている」
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ