生田斗真“源仲章”「寒いんだよぉぉ!」散り際に見せた強烈な存在感<鎌倉殿の13人>

太刀持ちの役目を奪い取る仲章(生田斗真)。悲劇になるとも知らず…/(C)NHK

生田斗真“源仲章”「寒いんだよぉぉ!」散り際に見せた強烈な存在感<鎌倉殿の13人>

12月2日(金) 19:49

小栗旬が主演を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか※毎週土曜昼1:05より再放送)の第45回「八幡宮の階段」が11月27日に放送され、生田斗真演じる源仲章が散った。大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年、NHK総合ほか)でちょびヒゲの“痛快男子”三島弥彦を演じ人気を呼んだ生田が、今作でも中盤からの登場ながら強烈なキャラクターで存在感を見せつけた。(以下、第45回までのネタバレがあります)
【写真】したり顔の仲章(生田斗真)

■八幡宮の大階段で受難

三谷幸喜が脚本を務める「鎌倉殿の13人」は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時(小栗)と、彼を中心に鎌倉幕府将軍“鎌倉殿”を支えた13人の家臣団の生きざまを描く物語。45回では、かの有名な鶴岡八幡宮の大階段での一件が描かれた。

建保7(1219)年1月27日夜。右大臣拝賀式を終えた3代“鎌倉殿”源実朝(柿澤勇人)が、鶴岡八幡宮の大階段で2代頼家(金子大地)の子・公暁(寛一郎)に討たれた事件だ。

その一行に太刀持ちとして加わっていたのが、後鳥羽上皇の側近・源仲章だった。仲章は実朝に取り入り、義時から太刀持ちの役目を奪い取った。そしてそれがあだとなり、義時の身代わりで公暁の刃を受けた。

「覚悟!義時!」と叫んで大銀杏の陰から飛び出してきた公暁は、仲章に太刀を浴びせた。斬られたことを悟り「あああ~~!」と甲高い奇声を上げた仲章。「寒い…寒いぞ…寒いんだよぉぉ!」とうなり声を絞り出すと、公暁にとどめをさされ、絶命した。

■「私が執権になろうかな」

仲章は実朝の退位後、いわば関白として政権を掌握しようと画策していた。第43回では、ニヤつきながら義時に「朝廷と鎌倉を結ぶ役割に私より適任の者がいれば教えてくれよ」と迫り、「執権殿は伊豆にでも帰られ、ゆっくり余生を過ごされよ。そうなったら、私が執権になろうかな、ハハハハッ!」おちょくった。

その時見せたしたり顔は、憎たらしいの一言。小栗も11月25日放送の「あさイチ」に出演し「仲章がねぇ、本当にムカつきますね(笑)。よくぞあの役を生田くんがやってくれたなと思います」と語っていたが、雅な立ち振る舞いとは対照的に表情は邪心にまみれ、俗物そのものといった風情だ。

さらに44回では、義時の妻・のえ(菊地凛子)に近づき、色目を使って義時の弱みを掴もうとたくらんだ。鎌倉で存在感を増す仲章に、視聴者からも「源のなんかムカつく仲章ww」「言い方も表情もムカつく(褒めてる)」と言った愛あるツッコミが続出。大階段での最期には「仲章、無様な最期が素晴らしく良かった」「あのムカつく顔芸がもう見られないなんて…」と、退場を惜しむ声も続出した。

■「いだてん」では痛快男子を熱演

生田は「いだてん―」でも、父は元警視総監、自身も東京帝国大学の学生という超エリート・三島弥彦を演じ注目を集めた。

スポーツ同好会“天狗倶楽部”のスターで、上半身をはだけて「てんぐ、てんぐ、てんてんぐ!」と盛り上げるなど“痛快”なキャラクター。反面、スポーツへの情熱を家族に理解してもらえず苦悩したり、ストックホルムオリンピックでは西洋人との圧倒的な実力差や孤独、プレッシャーに押しつぶされそうになる姿も描かれた。

エリートながら人間くさく、目が離せないキャラクターとして「いだてん―」の三島に続き「鎌倉殿の13人」の仲章でも人気を集めた生田。45回放送後に公開されたインタビューでは「大胆に、自由に、ピリッと大河ドラマのスパイスになれるような芝居ができたら」と語っていたが、その言葉通りの見事な散り様に拍手を送りたい。

12月4日(日)は第46回「将軍になった女」を放送する。新たな鎌倉殿を迎えようと朝廷に伺いを立てる義時たち。一方、実衣(宮澤エマ)は野心を燃やし、三浦義村(山本耕史)は暗躍する。そして京では、不信感をさらに強めた後鳥羽上皇が、鎌倉への圧力を強めていく。(文=ザテレビジョンドラマ部)


【関連記事】
【写真】茂みに隠れた公暁(寛一郎)。眼差しが鋭く光る
【写真】斬られる直前、目を見開く実朝(柿澤勇人)
小池栄子「もう一回初めからやり直したい」大河ドラマの撮影を終えた思いを明かす<鎌倉殿の13人>
小栗旬、北条義時を演じきった思いを語る「まだまだ続けていたいという気持ち」<鎌倉殿の13人>
<鎌倉殿の13人>小栗旬“義時”、覚悟を決める「ここからは修羅の道だ」鎌倉最大の悲劇が巻き起こる
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ