平野紫耀“黒崎”、ローン詐欺に遭った家族と結託黒島結菜“氷柱”の元には時任勇気“鷲宮”が現れる<クロサギ>

平野紫耀“黒崎”は真の宿敵に接近していく/(C)TBS

平野紫耀“黒崎”、ローン詐欺に遭った家族と結託黒島結菜“氷柱”の元には時任勇気“鷲宮”が現れる<クロサギ>

12月1日(木) 5:00

King & Prince・平野紫耀が主演を務める金曜ドラマ「クロサギ」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第7話が、12月2日(金)に放送される。同作は、詐欺によって家族を失った主人公・黒崎高志郎(平野)が「詐欺師をだます詐欺師=クロサギ」となって、本当の「敵」を探し出し打倒していく物語。
【写真】涙目で懸命に訴える黒島結菜“氷柱”

■2022年の現代を舞台に“クロサギ”が暗躍

原作は黒丸・夏原武による漫画「クロサギ」シリーズ。今作は、2013年に全42巻で完結した漫画シリーズを原作に、いわば“「クロサギ」完全版”として新たにドラマ化。「詐欺」が身近な脅威となっている2022年の現代を舞台に、今の日本でリアルに発生している詐欺にクロサギが立ち向かっていく。

同ドラマには、検事になることを目標に勉強している大学生・吉川氷柱を演じる黒島結菜や、甘味処「かつら」の店主で、裏の顔は詐欺業界のフィクサー・桂木敏夫を演じる三浦友和も出演。

また、警察庁のキャリア組・神志名将を井之脇海が演じる他、中村ゆり、山本耕史、坂東彌十郎、船越英一郎ら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。(以下ネタバレを含みます)

■真の宿敵候補が浮上!鷲宮の“本性”も話題に

11月25日に放送された第6話では新章が開幕。宿敵・御木本(彌十郎)との戦い終え、日本に帰国した黒崎は新たなシロサギを華麗に仕留めた。そんな中、真の宿敵候補が浮上する。

黒崎は、父親が詐欺被害に遭い、破産するまでの経緯を調べる中で、借金をしたときの担当者が宝条(佐々木蔵之介)であることを知る。そして、桂木の店に入っていくところも目撃したことで、宝条が真の宿敵ではないかと気付く、という展開に。

一方、視聴者をゾッとさせたのは、大学法学部のエリート助教・鷲宮(時任勇気)の変貌ぶりだ。違法バイトをした生徒を停学処分に追い込んだ鷲宮は、氷柱(黒島)に対して「法律が守るのは、罪のない善良な人間だ。それは社会の秩序につながるからな」と大声を出す。その後、ため息をつくと「正直ちょっとがっかりしたなあ」、そうつぶやく彼は、光のない目をしていた。

終盤戦へ向け、動き出した“関係者”たち。次回、第7話では宝条が執行役員を務める日本最大手のメガバンク「ひまわり銀行」に詐欺を仕掛ける。


■次なるターゲットは銀行!第7話あらすじ

第7話は――

黒崎(平野紫耀)は、自分の家族のかたきがひまわり銀行の役員・宝条(佐々木蔵之介)であると確信していた。宝条とつながりのある桂木(三浦友和)には何も告げず、宝条の周辺を探る。

そして、宝条と彼が目をかけている支店長の集まりに潜入した黒崎は、首都中央支店の支店長・牛山(山口紗弥加)に目を付ける。同じ頃、東京中央署では神志名(井之脇海)に警察庁への異動が命じられていた。

早速、牛山への接触を図る黒崎。順調にことが運んでいた矢先、首都中央支店でとある家族が「人殺し!」と叫び、外に連れ出される場面に遭遇する。黒崎は被害者家族を巻き込んで、ひまわり銀行に詐欺を仕掛けることに。

一方の氷柱(黒島結菜)は、黒崎に詐欺の片棒を担がされそうになった怒りから、黒崎に対して八つ当たりをする。さらに、帰宅すると宝条ともつながりのある鷹宮(時任勇気)が氷柱を待ち受けていた。

――という物語が描かれる。


■予告動画の“文字”にファンから驚きの声「もう暴かれるの!?」

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、「夫を返してよ!」「人殺し」と叫ぶ母と娘の姿からスタートする。そこには“ローン詐欺の罠、パパを失った家族を救え”の文字が。その後、「これがパパだよ」と話す女の子に対して「ありがとう」と悲しげに笑う黒崎の姿も。

また、“家族全員でだまし返す!”のテロップとともに、黒崎が被害者家族と、それぞれの役割を練習するシーンも。さらに、“真の仇“宝条”の正体!”の文字や、白石(山本)が「今度こそ桂木さんは、お前を自由にはさせねえよ」と忠告する姿が映る。

動画の終盤では、氷柱が「でも、私諦めないよ。必死に行動すれば何かができるって信じたいんです」と何者かに訴えるシーンも。

予告動画を見たファンからは「宝条の秘密がもう暴かれるの!?」「氷柱ちゃんの言葉にグッときました」「黒崎と白石の兄弟のような感じが和むなあ」「黒崎の変装がいちいちかっこいい…」などといった声が上がっている。

「クロサギ」第7話は12月2日(金)夜10時放送。



【関連記事】
【写真】平野紫耀“黒崎”と出会って変わり始めた黒島結菜“氷柱”
【写真】敵か味方か…謎多きフィクサー・三浦友和“桂木”
平野紫耀“黒崎”が新たに立ち向かうことを決意した真の宿敵の不気味さ<クロサギ>
三浦友和、『クロサギ』で初共演の平野紫耀は「国宝級の純粋さ」“裏の顔”を持つキャラクターに試行錯誤も
平野紫耀が語る、“闇の部分を出し過ぎない”演じ方へのこだわり「一見普通の青年に見えるように」<クロサギ>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ