岩田剛典版『浅見光彦』第2弾、12月放送榎木孝明、高橋克典ら続投、久保田紗友らゲスト出演

ドラマ『浅見光彦 源氏物語殺人事件』主演・岩田剛典 (C)テレビ東京

岩田剛典版『浅見光彦』第2弾、12月放送榎木孝明、高橋克典ら続投、久保田紗友らゲスト出演

11月21日(月) 17:00

EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が主演を務める令和の浅見光彦シリーズ第2弾、ドラマ『浅見光彦 源氏物語殺人事件』が、テレビ東京系にて12月12日20時より放送されることが決定。岩田のほか、榎木孝明、高橋克典らレギュラーキャストも続投。さらに久保田紗友、加藤雅也、かたせ梨乃らがゲスト出演する。

【写真】岩田剛典主演『浅見光彦 源氏物語殺人事件』出演キャスト陣

著作の累計発行部数が1億部を超えるベストセラー作家・内田康夫の代表作で、初登場から今年で40周年を迎えた「浅見光彦シリーズ」。そんな節目の年に、新たな浅見光彦シリーズを立ち上げ、2月に『浅見光彦 軽井沢殺人事件』を放送。好評を博し、このたび第2弾の放送が決定した。今回は「浅見光彦シリーズ」の中から「『紫の女』殺人事件」を原作にしたミステリードラマとなる。

岩田が演じた、ルポライターであり名探偵でもある浅見光彦のハマりっぷりは前作でも話題に。事件に巻き込まれながらも、マイペースで愛嬌のあるキャラクターと鋭い洞察力で真実にたどり着く。そんな光彦をとりまく人々を演じるレギュラーキャストも続投。ミステリー作家“軽井沢のセンセ”役に、長きにわたって浅見光彦と浅見陽一郎を演じた榎木孝明、光彦の母・浅見雪江役に丘みつ子、光彦の兄で警察庁刑事局長・浅見陽一郎役に高橋克典と、おなじみのメンバーが今回も物語を彩る。

今回の物語の舞台は鎌倉。軽井沢のセンセの気まぐれで、鎌倉へ足を運ぶことになった光彦は、円覚寺で哀しみに暮れる女性と出会う。話によると、1ヵ月前、両親と共に意識不明に陥る事件が発生。そのまま両親は帰らぬ人に…。警察は父親による無理心中と断定しますが、女性は殺されたと言う。なぜなら幽体離脱して天井から犯人を目撃したから―。そんな奇妙な事件に関わる人々を演じる、豪華ゲストも決定。

両親が殺されたと訴え、光彦と事件解決に奔走する曾宮一恵役に久保田紗友、一恵の母・華江の元婚約者、若尾剛役に加藤雅也、華江の母・春田雅江役にかたせ梨乃。さらに、酒井美紀、大路恵美、ヨーロッパ企画の中川晴樹、永野宗典らが本作をさらに盛り上げる。

岩田は「前作から1年も経っていないのですが、こうして続編のオファーを頂けたのはとても嬉しく思いましたし、それだけ浅見光彦シリーズを楽しみにしているお茶の間の皆様が沢山いらっしゃるんだなというのを改めて感じました」とコメント。「前回の撮影で培ったチームワークも今回パワーアップして、現場に臨めていると思いますので、撮影はとてもスムーズです。自分にとってもお芝居をするのにとてもやりやすい環境の中で撮影が進んでいます。前回同様に、先の読めない、話が重厚感のある作りになっていますので、是非サスペンスの部分も楽しんでいただけるのではないかと思っています」と話す。そして、「『源氏物語殺人事件』ということで、鎌倉、そして京都が舞台の重厚なサスペンスミステリーとなっていますので、是非楽しみに待っていただけたらなと思います」と言葉を寄せた。

プロデューサーの山鹿達也(テレビ東京 制作局ドラマ室)は、「『紫の女』殺人事件」を初ドラマ化にあたり、「古都・鎌倉と京都を舞台に、光彦と美女のロマンスあり、美味しい和菓子などのグルメ情報や『和歌』や『源氏物語』など文学的な要素を織り交ぜ、秋の旅情満載でお届けします。岩田さんの浅見光彦は、飛び切りの笑顔に加え、キュンとする恋愛あり、鋭い推理ありと往年の浅見ファンはもちろん、浅見光彦を初めて見る方をも、魅了してやまないハマリ役です!そして、周りを固める豪華な出演者にもご注目、ご期待ください」とコメントしている。

ドラマ『浅見光彦 源氏物語殺人事件』は、テレビ東京系にて12月12日20時放送。

■関連記事
【写真】『内田康夫サスペンス 浅見光彦 軽井沢殺人事件』での岩田剛典
【写真】かつて浅見役を演じた榎木孝明との共演シーンも『軽井沢殺人事件』場面写真
【動画】三代目J SOUL BROTHERS初のライブフィルム、来年1月公開へ予告解禁
【インタビュー】岩田剛典「その1日で何年分も成長した」 三代目JSBが結束した日
岩田剛典が“令和版”浅見光彦にテレ東ドラマ初主演『軽井沢殺人事件』放送へ
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ