佐藤浩市や魔裟斗らが参戦! 『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』新キャスト&第一弾予告映像が解禁

佐藤浩市や魔裟斗らが参戦! 『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』新キャスト&第一弾予告映像が解禁/[c]2023映画「ネメシス」製作委員会

佐藤浩市や魔裟斗らが参戦! 『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』新キャスト&第一弾予告映像が解禁

11月18日(金) 6:00

広瀬すず、櫻井翔のW主演、江口洋介共演による人気ドラマを映画化した『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』が2023年3月31日(金)より公開となる。このたび、最悪の敵役として、佐藤浩市の出演が決定し、さらに最凶の新キャラクターとして、魔裟斗、栄信、岡宏明、駒木根葵汰、笹野高史の参加が発表され、衝撃の予告編第一弾も解禁となった。
【写真を見る】勝地涼、大島優子、真木よう子ら濃ゆいメンツが再集結!

天才的なひらめきで事件の真相を見破っていく探偵助手のアンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真(櫻井)が、探偵事務所「ネメシス」に集まる様々な依頼に挑んでいく本作。劇場版では、ドラマの最終話から2年後の世界を舞台に、新たな難事件がスケールアップして描かれる。監督はサスペンス映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』(17)、『AI崩壊』(20)など数々のヒット作を手掛け、ドラマシリーズの総監督を務めた入江悠。映画の脚本は「アンフェア」シリーズの原作者である秦建日子が手掛ける。

佐藤が演じるのは、探偵事務所「ネメシス」に‟決して解いてはならない禁断の謎”を突き付け、命をも脅かす最悪の敵、窓役。また、プロの殺し屋のジッポ男役に、キックボクサーとして数々のタイトルを獲得した元世界王者の魔裟斗、同じ一味の殺し屋、台車男役に、「仮面ライダービルド」の赤羽役や、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での朝比奈義秀役で注目された栄信。劇中で披露される、魔裟斗と栄信が魅せるアクションシーンは観る者を唸らせること間違いなしだ。

また謎のバイク集団、シンヤ役に、「仮面ライダーセイバー」での大秦寺哲雄、仮面ライダースラッシュ役を務める岡宏明、同じくバイク集団のリョータ役に、「機界戦隊ゼンカイジャー」で主人公の五色田介人、ゼンカイザー役を好演した駒木根葵汰、さらに物語の発端となる、お犬様誘拐事件の依頼主、榎戸力丸役に笹野高史が出演。

台本について「複雑すぎて映像化がイメージできない」と口を揃えていた広瀬、櫻井、江口だが、数々の傑作に出演をしてきた佐藤でさえ同様に、「久しぶりに2次元(脚本)の段階では作品のあがりがまったく予測出来ない作品でした」と明かす。

今回佐藤との初共演となる広瀬は「佐藤浩市さんが加わった『ネメシス』はどんなものになるのかと、ゾクゾクしました!」と出演を知った時の気持ちを明かす。さらに「とても気さくで現場の中心に、スッといてくださる方でした。心強く、ご一緒できてうれしかったです。また佐藤さんがお話しされると現場が明るくなるんです。そしてそのままカメラが回り、窓さんがたくさんお話しされる感じは、一気に空気をもっていかれるような、独特な時間でした」と撮影時を振り返った。

魔裟斗は「魔裟斗VS広瀬すずのアクションシーンをぜひ見ていただければ」と自信のコメント。栄信は「一度読むだけでは理解できない」と、岡は「自分が映画のなかで迷子になるような感覚」と、駒木根は「なかなか複雑で何度も読み返した」とそれぞれ脚本を読んだ時の感想を述べた。また、佐藤と同様に口を揃え、笹野は「櫻井さんの台詞の多いことに同情を感じました」と話したそうで、櫻井演じる風真の活躍にも期待が高まる。

そして、お馴染みの「真相解明の時間です!」と風真のセリフから始まる第一弾予告映像では、探偵事務所「ネメシス」に、史上最高額の報酬の依頼が舞い込むシーンから幕を開ける。しかし榎戸から依頼されたお犬様誘拐事件はやがて殺人事件へ。さらにその死体が消える(!?)という前代未聞の難解事件へと急展開を見せ、禁断のミステリーの扉が開かれる。

さらにアンナ(広瀬)の前に謎の敵、窓が現れ、謎の数式と螺旋が描かれた名刺と「残された時間がない、あなたにも、あなたのお友だちにも」という不穏な言葉を残す。するとその直後、アンナの目の前で、サポートメンバーの一員である千曲(勝地涼)、四万十(中村蒼)、小山川(富田望生)たちの車がクラッシュし、そこにトラックが突っ込むという衝撃の展開が!

窓が「終わりの始まりだ」と告げるとともにアンナの絶叫が響き渡り、凪沙(真木よう子)、上原(大島優子)、姫川(奥平大兼)、緋邑(南野陽子)、星(上田竜也)、リュウ(加藤諒)といった仲間たちが次々と犠牲になっていき、風真(櫻井)が裏切るという衝撃の展開も!?その才能で数々の難事件を紐解いてきた天才探偵助手アンナが、初めて「確信が無い」と最後に告白。果たして、迷宮入り必死のこの超難問にどう挑むのか?

新時代の探偵物語×難解な映像トリック×超ミステリーエンタテインメントに乞うご期待!

■<キャストコメント>

●魔裟斗(ジッポ男役)

「今回ドラマ『ネメシス』の映画化ということで出演オファーをいただいてしばらく演じる仕事をしていなかったので少し戸惑いもありましたが、台本を読んでみてジッポ男という暗殺集団の役ということで自分なりにイメージしてみてお受けさせていただきました。
撮影現場では広瀬すずさん、櫻井翔さん、江口洋介さんとドラマからのキャストの方々が気さくに話しかけていただいて和やかに撮影することができました。魔裟斗 VS 広瀬すず のアクションシーンをぜひ観ていただければと思います」

●栄信(台車男役)

「お話をいただいた時は、拝見していたネメシスの世界の一員になれるとは思っていなかったので、とても驚きました。
一度読むだけでは理解できない難解な台本と刺激的な撮影現場に挑戦させていただきました。撮影してる最中もこれがどうつながっていくのか、どういう物語になるのか探り探りのなか、緊張感をもって楽しめました!
どうつながりどういう作品になっているのか、とても楽しみにしております。
一緒にネメシスの世界に飛び込みましょう!」

●岡宏明(シンヤ役)

「映画『ネメシス』に関わることができて、大変うれしく思います!
この作品は幾重にも重なるストーリーで構成されていて、僕は初めて台本を拝読した時に、自分が映画のなかで迷子になるような感覚でした。その複雑なストーリーがひとつにつながった瞬間のワクワクをぜひ、みなさんにも楽しんでいただけたらと思います。
見どころがたくさんある映画『ネメシス』ですが、シンヤを通じてまた楽しんでいただけたらとてもうれしいです」

●駒木根葵汰(リョータ役)

「戦隊の撮影期間中に共演者の方が『ネメシス』のドラマにゲスト出演していてすごくうらやましく思っていたのでお話をいただいた時はものすごくうれしかったです!!
台本を読んだ時に、なかなか複雑で何度も読み返したのですが、“正義”という部分においてとても考えることがありました。
撮影初日から大規模のロケセットと、テレビで観ていた方々と同じ空間でお芝居できることにすごく興奮しました。すてきな経験をさせていただき感謝してます!」

●笹野高史(榎戸力丸役)

「今回僕は依頼人という役柄で、その内容というのが、飼い犬を探してほしいというものでしたが、台本を読んでまず思ったのが、『ワンちゃんと仲良くなれるか』ということでした。そして櫻井さんの台詞の多いことに同情を感じました。
撮影を振り返ると、食べ物のことが話題の中心だったかと思います。魚が旨かった店の話。肉は、どこそこなど、近くにいるスタッフも、思わず聞き耳。そりゃそうですよね。みんな激務の毎日。いい映画のためには、まず『食わないと』です。
きっといい映画に仕上がっているはずなので、ぜひお楽しみに」

●佐藤浩市(窓役)

「久しぶりに2次元(脚本)の段階では作品のあがりがまったく予測出来ない作品でした。
3次元で演者が体現し,編集で四次元の世界へ誘う!」

文/山崎伸子


【関連記事】
『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』2023年3月に劇場公開決定!広瀬と櫻井は「一体どんな映画になるの?」
広瀬すずが明かす、吉永小百合から託された映画女優のバトン「映画の道を行く吉永さんに、強く憧れます」
森山未來、北村匠海、勝地涼が激白!『アンダードッグ』の壮絶な撮影裏話
木村文乃、広瀬アリス、菜々緒ら最強の秘書軍団を支えるのは「ラーメンと干し芋!?」
ドラマに続いて勝地涼、大島優子、真木よう子らが出演!『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』再集結の豪華出演陣が新たに解禁
MOVIE WALKER PRESS

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ