関根勤「タモリさんは、あっという間にスターになった」出会った当時を振り返る

関根勤「タモリさんは、あっという間にスターになった」出会った当時を振り返る

関根勤「タモリさんは、あっという間にスターになった」出会った当時を振り返る

11月18日(金) 20:40

提供:
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

10月22日(土)放送のお客様は、お笑いタレントの関根勤さん。ここでは、タモリさんとの出会いを振り返りました。


関根勤さん


1953年生まれ、東京都出身の関根さん。大学時代にバラエティ番組「ぎんざNOW!」(TBSテレビ系)の「しろうとコメディアン道場」で初代チャンピオンとなり、21歳で芸能界入り。“ラビット関根”という芸名で、ジャイアント馬場さん、千葉真一さん、長嶋茂雄さんなどのモノマネのほか、バラエティ番組「カックラキン大放送!!」(日本テレビ系)では“カマキリ拳法”を披露して注目を集めます。

その後、バラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」(テレビ朝日系)のレギュラーとなり、同じ事務所の小堺一機さんとコンビを組んで「コサキン」の愛称で人気を獲得。

バラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)では、司会のタモリさんを除いた全レギュラーのなかで歴代最長の 29年間出演。人気コーナー「身内自慢コンテスト」で披露していた、“一般人の推薦者に一言コメントを添える”人気芸は、近年バラエティ番組で再注目されています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:関根勤さん


◆芸歴はタモリよりも上…!?

川島:タモリさんとは、どういう初対面だったんですか?

関根:21か22歳のとき、僕は「前武のヤングアップ」っていう土曜日の生番組にレギュラー出演していたんです。番組では、デビュー直後のタモリさんが“四ヶ国語麻雀”とか“中洲産業大学教授”っていうネタをやっていたんです。収録は東京・平和島だったので、当時30歳のタモリさんと京浜急行に乗って品川まで帰ってお話していました。

川島:えっ!? タレント歴としては?

関根:僕のほうがちょっと早いんですよ。

川島:関根さんのほうが先輩なんですか!?

関根:タモリさんは30歳でデビューだから。僕が足踏みしている間に、あっという間にスターになったからね。ロケットスタートだった。

川島:でも、最初はいわゆる“キワモノ”なのでは? 深夜に出ていたんですよね。

関根:そうそう!

川島:そこから何十年もの付き合いになるんですね。

関根:48年ぐらい前からお付き合いがありますね。

川島:そこからの「いいとも!」での活躍っていうのは、感慨深いものがありますね。

関根:僕は「いいとも!」に出会うまでは低迷期でしたね。“カマキリ拳法”1本でやっていましたから。

川島:そうなんですね。関根さんは、僕は物心がついた頃からいるので、勝手に“挫折を味わっていないんじゃないか?”って思ってました。

関根:挫折っていうよりは、スタートしてから低迷していたってだけ。ガクッと落ちたというより、最初からフワフワしていました(笑)。

川島:(笑)。ご自身にとってはつらい時期でしたか?

関根:やっぱりね。でも、覚悟はしていたからね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組( AuDee Spotify )も配信中です。

次回11月19日(土)のお客様は、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/
TOKYO FM+

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ