里見浩太朗、大河ドラマ「どうする家康」に出演松本潤“家康”の精神的な支え・登譽上人を演じる

里見浩太朗/※提供写真

里見浩太朗、大河ドラマ「どうする家康」に出演松本潤“家康”の精神的な支え・登譽上人を演じる

11月7日(月) 18:19

里見浩太朗が、2023年放送スタートの大河ドラマ「どうする家康」(NHK総合ほか)に出演することが発表された。松本潤主演、古沢良太が脚本を務める同ドラマは、誰もが知る徳川家康の人生を新たな視点で描く、ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。
【写真】徳川家康を演じる松本潤のかっこいい将軍の姿

里見は、“松平家を見守る菩提寺の住職”登譽上人(とうよしょうにん)を演じる。松平家の盛衰を見守ってきた岡崎・大樹寺の頑固一徹な住職。彼の教えである「厭離穢土 欣求浄土(汚れた世を浄土にすることを目指せ、の意)」は、生涯を通じての家康の精神的な支えとなり、徳川家の旗印になる、という役どころだ。

■上人は心が大きく温かい人間かと思います

――役柄説明を読んで、また実際に演じて登譽上人という人物の印象はいかがですか?

久しぶりに大河ドラマに出演させて頂きとてもうれしく思っております。上人は心が大きく温かい人間かと思います。若き家康の行く末を心から心配し人の為、民の幸せを願う人間に成長してほしい、ただただそんな想いを込めて家康を見つめている住職かと思います。

――水戸黄門役を長らく演じられていたり、徳川家へのゆかりの深い里見様の本作へのご出演を楽しみにされる方も多いと思いますが。

私は確かに“水戸黄門”“松平長七郎”など演じてきて、役柄が葵の紋をつけた着物を着ることが多く不思議に思う事があります。

■キャスト発表第5弾、松嶋菜々子も

今回の発表は、大河ドラマ「どうする家康」公式Twitterにて行われており、里見は、松嶋菜々子に続く2人目のキャスト発表となる。


【関連記事】
松嶋菜々子、松本潤“家康”の母・於大の方を演じる「於大の役作りはとても楽しいです」<どうする家康>
松本潤、“チーム家康”を迎えての意気込みを語る「印象的なシーンが多くあると思います」<どうする家康>
リリー・フランキー、松本潤“家康”の義父・久松長家役で大河ドラマに出演<どうする家康>
松本潤ら“チーム家康”が愛知でクランクイン「これまで見たことない松潤さんが見られる」<どうする家康>
松山ケンイチ、“家臣団の嫌われ者”役で大河ドラマに出演「一緒にやらせていただくことがうれしいです」<どうする家康>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ