秋元才加「妻のプライドを持って戦場に向かったのかなと」巴御前を演じた感想を語る<鎌倉殿の13人>

秋元才加“巴御前”/(C)NHK

秋元才加「妻のプライドを持って戦場に向かったのかなと」巴御前を演じた感想を語る<鎌倉殿の13人>

10月30日(日) 20:50

小栗旬が主演を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第41回「義盛、お前に罪はない」が10月30日に放送された。この回で、この世を去ることとなった和田義盛の妻・巴御前を演じた秋元才加がコメントを寄せた。
【写真】よろいをまとって馬に乗り戦場をかける秋元才加“巴御前”

■妻のプライドを持って戦場に向かったのかなと思っています

――巴御前が馬で駆けていくシーンはいかがでしたか?

シーン的には最終的にどうなったかというのは描かれていないんですけど、もしかしたら義盛殿の亡骸を探しに来たのかもしれないし、最後のセリフに「妻」や「忠臣和田義盛」という言葉が入っていたので、夫のプライドと妻のプライドを持って戦場に向かったのかなと思っています。でも以前の木曽義仲様(青木崇高)といたときの戦とはまた違った感覚で、夫婦の愛の証しじゃないですけど、操を立てるというか、そういう二人の関係を感じました。

■すてきな女性だったんじゃないかなと思っています

――巴御前を演じた感想をお聞かせください。

木曽時代の巴は男と肩を並べて「男に絶対負けない」という感覚が結構、先立っていたんです。そうすればそうするほど、「やっぱり女なんだ」と、力も男性に比べたら足りない部分もあるし、声だって高いしとか、すごくジェンダーについて考えさせられることが多くて。だけど和田家に行ってからは自分の女性という性を受け止められた感覚です。すごく穏やかになったし、それと同時に戦に行っていた頃の鋭い感じがなくなっているというのが不安でもあり、でも今の幸せはすごく手放しがたい、みたいな感覚でずっとお芝居をしていました。

最後の義盛さんとの対峙でも、ご飯粒をつけながら「心配するな」と言う義盛さんを見て、「なんてかわいらしい人と一緒になれたんだろう」と。二人の男性を愛した巴ですけど、すごく見る目があったんじゃないかなって。二人ともすごくまっすぐに自分の中のプライドなど、そういうものをなるべく曲げずに素直に正直に生きてきたかっこいい男性二人だったと思うし、また違った愛情ですけど、その二人に愛された巴もすてきな女性だったんじゃないかなと思っています。



【関連記事】
【写真】仲良く話す横田栄司“和田義盛と秋元才加“巴御前” の夫婦ショット
【写真】真剣な表情で佇む秋元才加“巴御前” のかっこいい姿
柿澤勇人、主演・小栗旬とのエピソードを明かす「非常に頼もしいですし、勉強にもなります」<鎌倉殿の13人>
<鎌倉殿の13人>小栗旬“義時”「私はこの鎌倉を変えるぞ」横田栄司“和田義盛”らが不満を募らせる
小栗旬、小池栄子ら、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」最終章に向けて撮影の裏話を語る
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ