男闘呼組ライブ「ファンが泣いた3つの場面」と「SMAP再結成」キムタクと中居「ニアミス寸前」重大事態

10月15日に行われた男闘呼組ライブ

男闘呼組ライブ「ファンが泣いた3つの場面」と「SMAP再結成」キムタクと中居「ニアミス寸前」重大事態

10月16日(日) 9:00

提供:
10月15日、4人組ロックバンド「 男闘呼組 」が東京・有明の東京ガーデンシアターで再結成ライブ「男闘呼組1988」を開催した。

リードギターの 成田昭次 (54)、ベースの 高橋和也 (53)、サイドギターの 岡本健一 (53)、キーボードの 前田耕陽 (54)の4人がステージに揃うのは、実に29年ぶり。

奇跡の瞬間を目撃すべく、昼夜2公演合わせて約1万3000人のファンが集結したほか、芸能界からも男闘呼組ファンを公言する 氣志團 綾小路翔 をはじめ、「 GLAY 」の TAKURO HISASHI など、錚々たる面々が駆けつけた。

(※以降、ライブ内容についての言及があります。参加予定のある方はご注意ください)

「Weare男闘呼組!!」

と、高橋の威勢の良い挨拶でスタートした第一章の昼公演。

「序盤のMCから、よく見ると高橋さんの目がうるんでいたんですよね……。それをみているだけで、思わず感極まってしまいました」(参加したファン)

本編終盤は「秋」、「TIMEZONE」「CROSSTOYOU」とヒット曲を立て続けに披露し、デビュー曲「DAYBREAK」で盛り上がりは最高潮に。

アンコールでは、高橋が「俺調べたんだ。みんなが29年ぶりに何の曲を聴きたいのか」と切り出すと、岡本が「どうやって調べたの?」とすかさずツッコミ。

高橋「ネット!あとファンレター」

岡本「何通来たの?」

高橋「1通。昭次のファン」

仲の良さが溢れた掛け合いに、会場が爆笑に包まれると、ファン待望の「MidnightTrain」を熱唱。

感動で涙ぐむファンに、さらに追い打ちをかけたのが、メンバーからの挨拶だった。

■男泣きする成田の肩を抱いたのは高橋

成田は「29年ぶりに男闘呼組が再始動して、その29年という間、いろんなことがあったけど……、こうやってみんなが集まってくれることがうれしいですね。幸せです」と語る途中、感極まって男泣き。隣の高橋が肩を抱いた。

「93年の男闘呼組の解散後は、インディーズバンドを結成したり、ソロで音楽活動を続けたりもした成田さんですが、順風満帆とはいかず、ときには郊外のショッピングモールでパフォーマンスをすることもありました。

2009年に大麻取締法違反(所持)で逮捕されて以降は、芸能活動を一切やめ、地元の名古屋でサラリーマン生活を送っていたんです。これまでの苦労が思い起こされたのではないでしょうか」(芸能記者)

今回の再結成は、一般人として生活していた成田と、他メンバーらが再会したところから、物語が動き出したという。

「18年の ジャニー喜多川 氏のお別れ会に成田が顔を見せたのがきっかけ。その後、前田は、自身が出演する名古屋での舞台に成田を招待し、その後に会食。高橋ともテレビ電話をつなぎ、旧交を温めたそうです。

さらに後日、成田の住む名古屋まで、他メンバーが集まり、20数年ぶりにセッション。カラオケで男闘呼組を熱唱するなど、音楽活動再開に向けて火がついたというわけです」(女性誌記者)

とはいえ、解散の経緯はワケあり。再結成へは茨の道のりだった。

■雪解けの最重要キーマンとなったのが岡本健一

「高橋和也が素行不良を理由に事務所を解雇されたのが、男闘呼組の電撃解散のきっかけですからね。男闘呼組として再び活動するには、ジャニーズ事務所の高い壁があったんです」(前同)

雪解けの重要なキーマンとなったのが、唯一ジャニーズ事務所に留まった岡本だという。

「20年ごろから、再結成のために事務所を説得していたと言います。岡本は21年11月からエージェント契約に移行しましたが、現在も関係性は円満。その信頼関係があったからこそ、ジャニーズ側のOKを勝ち取り、奇跡の再結成が果たせたのでしょう」(同)

この経緯に、やはり期待してしまうのが、ジャニーズが生んだ国民的グループ「 SMAP 」の復活だろう。

実は、10月15日の男闘呼組ライブでは、重大なニアミスが起きていたのである。

木村拓哉 が、元『 光GENJI 』の 佐藤アツヒロ 、後輩の 生田斗真 らと、その日の夜公演を観に来ていたことを、インスタグラムで報告したんです。生田のインスタグラムで確認できるのですが、メンバー4人とも記念撮影をしています」(前出の芸能記者)

一方、男闘呼組と『 音楽の日 2022』(TBS系)の収録で約30年ぶりに再会した 中居正広 も、この日のライブに密かに“参戦”していた。

「中居は、“まったく意地悪しなかった先輩”として、男闘呼組を大変慕っており、15日のライブでも、中居からの一際、豪華なスタンド花が会場内で目立っていました。

体調不良で、MCを務める『金スマ』の収録を欠席し、ライブ当日15日放送の『 中居正広のキャスターな会 』で3週間ぶりに復帰しています。もし、中居の体調が万全だったら、男闘呼組のライブを観覧し、木村との再会もあったかもしれません」(前同)

となれば、SMAPも奇跡の再結成に――!?

業界のしがらみを、男の友情で乗り越えた男闘呼組。他グループのファンにとっても希望の星となりそうだ。




【関連記事】
“旧統一教会バブル”終了の日テレ『ミヤネ屋』、再放送で「視聴率7.8%」テレ朝『相棒』“強すぎ”で3位転落のホラン千秋・TBS『Nスタ』、ワイドショー&夕方ニュースの「大異変」!
エンリケ、「死亡事故」店舗閉店後すぐに開業発表の新規バーが「出店NG」になっていた!世間ブチギレ「大炎上騒動」の代償!!
嵐・松本潤、“17年恋人”井上真央と共演『花より男子』の「道明寺」から「松潤・MJ・ブーメラン」を経て、驚きの最新「あだ名」の真相!

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ