SnowMan宮舘涼太『それスノ』の“強すぎクセとメンタル”「市川海老蔵との再タッグ・ツアー・CM」でいま最も忙しいアイドルへ

宮舘涼太

SnowMan宮舘涼太『それスノ』の“強すぎクセとメンタル”「市川海老蔵との再タッグ・ツアー・CM」でいま最も忙しいアイドルへ

10月9日(日) 10:05

提供:
9月25日に放送された、 SnowMan の冠番組『 それSnowManにやらせて下さい 』(TBS)で、 宮舘涼太 (29)が独特のクセの強いボケを披露。お笑い芸人に負けない大きな笑いを誘っていた。

今回の放送は、 南海キャンディーズ 山里亮太 (45)率いる世渡り上手芸人軍団をゲストに迎え、日常でよくあるシチュエーションでの対応センスを競い合う企画の後編。宮舘は“結婚式での乾杯の挨拶のセンス対決”で、 相席スタート 山崎ケイ (40)と勝負することに。

後攻の宮舘は、グラスを手にマイクの前に仁王立ちし、「東西東西~。いずれ様のうるわしきご尊顔を拝したてまつりおよろこび申し上げたてまつりまする。宮舘涼太にございまする」と、口上を述べ始めた。これに、山里は「歌舞伎俳優みたいね」と、感心したようにコメント。

すると、宮舘は「兎にも角にも」と続け、「あ、パーティー!あ、パーティー!あ、パーティータイ~ム!」と声を張ると、グラスの水を一気に飲み干し、カメラ目線で笑顔を決めた。メンバーが立ち上がって爆笑する一方で、芸人軍団はア然とするも、山崎の勝利を確信していた。

これを受け、 佐久間大介 (30)が「今度、舘さまが歌舞伎の舞台に出させてもらうんですよ。それの稽古が入っているやつです」と説明。山里が「それが出ちゃったのか」と納得すると、 阿部亮平 (29)が「でも、声は出てましたよね」とフォローした。

■宮舘涼太のスケジュールは来年までびっしり

対戦結果は山崎の勝利。審査員が「面白かったんですけど、結婚式の乾杯のあいさつには、ちょっとふさわしくなかったかな」「余興のほうでお願いしたかったですね」とコメントすると、宮舘はカメラ目線で「ぜひ、ご連絡待ってます」と、折れない心でドヤ顔を披露した。

視聴者のツイッター上の反響は、「宮舘君のスピーチ、そうきたか!クセ強いしメンタルも強い」「舘様は貴族キャラだけど、最近は歌舞伎だもんねって思った瞬間の“パーティータイム”!声はカッコイイのに場違い感半端なくて爆笑」などと大ウケだった。

佐久間が説明した“歌舞伎”は、歌舞伎俳優の 市川海老蔵 (44)が来年1月、東京・新橋演舞場で上演する、初春歌舞伎公演市川團十郎襲名記念プログラム『SANEMORI』のこと。宮舘は海老蔵から義朝の弟・義賢役に抜擢され、大立ち回りを披露するという。宮舘は2019年の公演に続き、二度目の出演となる。

宮舘は朝の情報バラエティ番組『 ラヴィット! 』(同局系)に、火曜レギュラーとして隔週でソロ出演している。また、 麒麟 川島明 (43)と 神田愛花 (42)と出演している、ミツカンの「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズの新テレビCMも10月からオンエア中だ。

さらに、10月1日からはグループ単独のコンサートツアー、8都市35公演が始まっており、年明けには歌舞伎と、まさに引っ張りだこ。ちょうど良いクセの強さが一般視聴者にもハマっていて、Snow Manをメジャーに引っ張りあげる立役者は宮舘のようだ。

■ドヤ顔だったら宮舘涼太

いま日本で一番、ドヤ顔が似合うのは宮舘涼太かもしれない。

※画像は『それSnowManにやらせて下さい』公式インスタグラムアカウント「sore_snowman_tbs」より




【関連記事】
元ももクロ早見あかりがまるで別人に!? 愛娘が撮影した「ぼろっぼろのかーちゃん」ショットに「びっくりした」「子育て大変なのかな」の声
嵐・松本潤にまさかの“17年恋人”井上真央を「匂わせ」疑惑!「国民的迷宮入り恋愛」をひもとく“カギ”は「相撲」!?
SnowMan目黒蓮が「キムタクになった」フジ『silent』で好演の鈴鹿央士は「三浦春馬さんと三浦翔平」“W三浦”を継ぐ名俳優になる!

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ