『Mステ』でも大トリ!「国民的魔曲」松平健『マツケンサンバ』『24時間テレビ』とアニメイベント「2時間でさいたまスーパーアリーナと両国国技館」驚異の1日2か所サンバ

画像は松平健のYouTubeチャンネル『マツケンTube』の公式ツイッター『@matsukentube』より

『Mステ』でも大トリ!「国民的魔曲」松平健『マツケンサンバ』『24時間テレビ』とアニメイベント「2時間でさいたまスーパーアリーナと両国国技館」驚異の1日2か所サンバ

9月30日(金) 18:00

提供:
9月23日放送の『 ミュージックステーション 』(テレビ朝日系)に、俳優の 松平健 (68)と歌手の 郷ひろみ (66)が出演。言わずと知れたあの名曲をまさかのコラボ歌唱で披露し、4時間スぺシャルのラストを華々しく飾った。

「松平さんと郷さんは『マツケンサンバⅡ』と『お嫁サンバ』をそれぞれ披露したんです。最後は『お嫁サンバ』の歌詞を アレン ジしてマツケンと郷さんのデュオになり、バックダンサーや飛び交う金テープなど非常にきらびやかな状態に。視聴者を大いに喜ばせていました」(音楽ライター=以下同)

SNSは、

《豪華すぎてコロナとか景気悪いの一瞬忘れた紅白より断然豪華でアツいMステ🏻》《Mステ見たんだけど、すのーまんが色々とかわいかったはずなのに最後のマツケンサンバとお嫁サンバのコラボで全ての記憶を失っちゃった》《Mステのマツケンサンバのとき画面から一切の影が無くなったの面白かった》

と大盛況だった。

「それにしても今年に入ってから、例年以上にマツケンサンバは話題になることが多い。特に8月28日は、とんでもないスケジュールでマツケンサンバを披露していましたね」

8月28日放送の『 24時間テレビ 45会いたい!』(日本テレビ系)で 羽鳥慎一 アナウンサー(51)が 「みんなに会いたいと、この方がスタンバイをしてくださっています。日本中に元気を与えるこの曲に会いたいと思っている人、全国に大勢います」 と24時間100キロマラソンで EXIT 兼近大樹 (31)がゴールを直前に控えたタイミングでマツケン、腰元ダンサーズ、そして振り付けを担当した真島茂樹氏らがスタジオに登場し、番組を華やかに盛り上げたのである。

「当然ながら、SNSは盛り上がりツイッターで《マツケンサンバ》がトレンド入りしましたが、一部のファンが驚愕したのは松平さんが『24時間テレビ』に出た、という理由だけではありません。この日、松平さんはまったく別の場所に完全サプライズで登場してマツケンサンバを披露してファンが盛り上がっていたばかりだったんです」

■同日18時にはさいたまスーパーアリーナで目撃されていた

8月28日は、さいたまスーパーアリーナにて大型音楽イベント 『AnimeloSummerLive2022-Sparkle-(アニサマ2022)』 が開催されていた。これは毎年真夏の3日間に50組以上のアーティストが集結するアニソンをメインとしたイベントなのだが、この公演に松平がサプライズ登場してSNSがその話題でもちきりになっていたばかりだったのだ。

「前半のトリとしての出演でした。女性アイドルグループ i☆Ris がパフォーマンスを終えると、声優で歌手の 内田真礼 さんが“まあや姫”として悪い侍に追われていて、そこに“上様”が登場したんです。その後、 “実は私も歌って踊るのが大好き” と松平さんが話し、i☆Risや内田さんほか多くの出演者がマツケンサンバⅡ(SummerSparklever.)を歌い上げ、会場が大変に盛り上がっていました」

■令和を迎えてから大ブームとなっているマツケンサンバ

SNSでは、

《マツケンサンバ、24時間テレビで見たと思ったら同日アニサマでも出たとか聞いて、????ってなった……若い……》《松平健さん、アニサマ行ってから24時間テレビにも来てマツケンサンバやってるのパワフルすぎる…すごい》《家族にこの話聞いた時1時間くらいで埼玉から東京に場所移動したの⁉️ってなった》

と、18時にさいたまスーパーアリーナ、20時に両国国技館をハシゴして、どちらでもマツケンサンバを披露した松平の体力とサービス精神に感服する声であふれていた。

「以前から人気の曲ではありましたが、28日に限らず、令和になってからというもの『マツケンサンバⅡ』がことあるごとに何かとコラボしたり、歌番組で登場したりと再注目されています。実現はしませんでしたが“ 東京オリンピック の開会式で披露してほしい”という声も根強く、21年末の NHK紅白歌合戦 では“もし選ばれていたら?”を意識したような演出のマツケンサンバを披露するNHKの粋なはからいも話題を呼びましたね」

そのほかにも、競馬では21年12月に第66回有馬記念(GI)期間限定に替え歌の「マツケンアリマ66」を松平を“攻略”するシミュレーションゲーム「健さんとおうちでアリマ」が発表されたり、今年7月30日にはカプコンの人気シリーズ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』(NintendoSwitch)のコラボ曲「マツケンサンブレイク」が発表されたりと、気合の入ったMV付でコラボすることも多い。

「ことあるごとに歌番組に出たり、バラエティ番組『 水曜日のダウンタウン 』(TBS系)では『マツケンサンバを踊りながら泣くことなどできない説』と題して21年9月と今年6月に多くの芸人がトライして “この世の悲しみ全てを吸収してしまう”“歌詞に持ってかれる” と評されたり、いまや完全にハレの日を象徴する国民的な曲として扱われています。よく暗い世相だと明るい曲が流行るといいますが、コロナ禍でひっ迫している現代に、非常に求められている歌なのかもしれませんね」

「令和のええじゃないか」と評される声もある『マツケンサンバⅡ』。8月28日は、あらためてその魅力がよくわかる1日となった――。














【関連記事】
りゅうちぇると離婚のぺこ“げっそり頬コケ”近影ショットが衝撃!「かなりやせてない?」「そりゃやつれるよなぁ」と心配の声相次ぐ
二宮和也も匂わせ…嵐・大野智は「継続交渉」でもセクゾ・マリウス葉は「断念」で「引退」待ったナシ!!「脱退&退所」2大ジャニーズ“超温度差”の裏側!
元総理・小泉純一郎が鼻の下を伸ばすベタ惚れ“芸能界一いい女”はちょっと意外なあの人!「俺好きなんだよ」

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ