テレ朝『六本木クラス』最終回でまさかの“香川照之の土下座”なし!? 竹内涼真・平手友梨奈の好演で夏ドラマ勝ち組もラストで肩透かしの局事情

※画像はテレビ朝日『六本木クラス』公式サイトより

テレ朝『六本木クラス』最終回でまさかの“香川照之の土下座”なし!? 竹内涼真・平手友梨奈の好演で夏ドラマ勝ち組もラストで肩透かしの局事情

9月29日(木) 18:00

提供:
竹内涼真 (29)主演の木9ドラマ『 六本木クラス 』(テレビ朝日系)の第12話が9月22日に放送され、平均世帯視聴率が9.9%(ビデオリサーチ社調べ/関東地区)と、最終回に向けて好調をキープ。夏ドラマの勝ち組となりそうな勢いだが、最後の盛り上がりに水を差すような不安点が浮上してきた。

同ドラマは、20年にNetflixで配信され、大ブームを巻き起こした韓流ドラマ『 梨泰院クラス 』の日本版リメイク。舞台をソウルの梨泰院から東京の六本木に移し、主人公・宮部新(竹内涼真)が、自身を絶望の淵にたたき落とした長屋親子への復讐を心に誓い、立ち向かっていく姿を描く。

第12話は、長屋ホールディングスの非常勤取締役の候補に立ち上がった麻宮葵( 平手友梨奈 /21)だったが、株主総会の当日、過労で倒れてしまう。葵不在で新は長屋へ向かったが、長屋龍二( 鈴鹿央士 /22)が議決権を行使していない海外の株主を取り込んだため、開票の結果、葵はライバルの佐竹に破れてしまう。

新が結果を伝えると、葵はすぐに別の作戦を始めようとするが、新は「病室から出たらクビ」だと言って制止。そんな新に内山亮太( 中尾明慶 /34)は、「誰も傷つかない恋愛なんてない、自分の気持ちに正直になれ」と訴えて店へ。新は、以前葵がほしいと言っていた、ティファニーのネックレスを買って病院へ向かう。

■香川照之の土下座はない?

一方、長屋龍河( 早乙女太一 /31)は、刑務所で知り合ったヤクザの木野の事務所を訪ねる。その後、新に何者かから葵を拉致した画像が送られてきて、「誰にも言わず1人で来い」とメッセージが。新と龍二が指定の建物に行くと、龍河と木野が待っていた。そこで新は、龍二をかばって木野の銃弾を受けてしまい……という展開。

視聴者はツイッター上で、「本家のパクセロイは、感情を表情にも出さないイメージだったけど、新は表情豊か。それが涼真くんが作り上げた新なんだよね。とっても魅力的」「葵の表情、目や顔の動かし方が最高だった。平手友梨奈さん、どれだけ表現力が深いの?」などと、竹内と平手への演技に称賛の声が相次いだ。

最終回も竹内らの熱演に期待が高まるが、それ以上に注目されているのが、「長屋ホールディングス」会長・長屋茂を演じる 香川照之 (56)。それは香川が人気ドラマ『 半沢直樹 』(TBS系)で演じた、大和田常務の土下座のイメージが強いからだ。

オリジナルの『梨泰院クラス』では、ラストでセロイ( パク・ソジュン )に土下座させた、デヒ( ユ・ジェミョン )が最終的に土下座する。そのため『六本木クラス』のキャストが発表されたときから、香川の土下座が注目されてきたのだが、それがなくなる可能性もあるのだ。

■香川照之で目立ちたくない

「銀座事件がきっかけで香川はCMが休止、次期“日曜劇場”も降板と、芸能活動は休止状態です。今、彼を見られるのは唯一、『六本木クラス』なので注目されるのは当然ですが、局としてはネガティブなきっかけで注目されたくないのが本音でしょう。最終回では土下座をせず、頭を下げるだけのシーンに変わっている可能性がありますね」(テレビ関係者)

実際、ドラマも最終回が近づくと、番宣として出演者が同局のバラエティ番組に出ることが多いのだが、『六本木クラス』はスキャンダルを考慮してか番宣なし。番宣で内容に触れた際、香川照之の名前を出さざるを得ないため、それを嫌ったようだ。

オリジナルをトレースしていて、「再現度高すぎ」などと好評な同ドラマだが、第12話で、新が車で轢かれるところを銃で撃たれるなど、ところどころ変更されている。最終回に関する情報が少なく、予告からでしか予測できないが、香川の土下座が見られない可能性はあるかもしれない。

■貴重な香川照之の映像

公式インスタグラムでは出演者のオフショットや見どころ映像などが投稿されているが、香川照之の姿はほとんど見当たらない。以下の映像はスキャンダル以前のものだが、今では貴重なものだろう。

※画像は『六本木クラス』公式インスタグラムアカウント「roppongi_class」より




【関連記事】
二宮和也も匂わせ…嵐・大野智は「継続交渉」でもセクゾ・マリウス葉は「断念」で「引退」待ったナシ!!「脱退&退所」2大ジャニーズ“超温度差”の裏側!
パーフェクトな佐藤健、誰が見てもイケメンな吉沢亮、レベル違いイケメンの横浜流星が“1票差”の大接戦!2022年9月「イケメン総選挙」トップ3【ランキング】
ビートたけし、石橋貴明の次に「地上波から消える」大物芸人は「ナイナイ矢部浩之」!“絶好調”日テレ『ぐるナイ』でも「お荷物&クビ危機」の超崖っぷち!!

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ