INI、ステージ上で刻んだ「ボーカリスト」の姿

Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)

INI、ステージ上で刻んだ「ボーカリスト」の姿

9月29日(木) 10:26

9月28日、都内某所にて『INI 3RD SINGLE「M」COMEBACK SHOW』が開催された。会場には、抽選に当たった600名のファンが集結。あえなく落選してしまった応募者にも、オンライン配信を通じて会場の様子が届けられた。

【写真を見る】INI、繊細さと大胆さを併せ持つグループの新たな一歩

開演10分前になると、SEで「Password」のインストが流れる会場にぽつらぽつらとペンライトが煌めき始める。ファンの膝の上には、たくさんの想いが詰めこまれたうちわも準備万端で、いまかいまかとINIの登場を待ちわびていた。

定刻になると、青い照明がステージを照らすなか初回限定盤Bの衣装に身を包んだメンバーが現れた。ド頭からリードトラックの「Password」を投下し、一気に空気を掌握。エネルギッシュなダンスと美しいフォーメーションで、磨き上げてきたスキルを魅せつける。ダンサブルなヒップホップチューンの「Shooting Star」に引き継がれても、その勢いは決して留まることはない。”飛び上がる”のリリックと共にふわっと空へ舞い上がる姿は、夜空をかけるデネブのよう。パフォーマンス中にステージ袖へ捌ける控えの時間でさえ集中力の糸がプツンと切れることはなく、「どんな瞬間も見られている」という意識が行き渡っていることを感じさせた。






INI『「M」COMEBACK SHOW』(©LAPONEENTERTAINMENT)

元気よく「Log in to us!INIです!」と挨拶をし、トークタイムはスタート。コメントを交えながら一人ずつ自己紹介を行っていく。話し手が移りかわるごとにペンライトもメンバーカラーへ色を変え、会場の一体感をより強くする。髙塚大夢が「季節も変わって、みなさんの服装も少し変わって綺麗です」と呼びかけた際には、観客席に黄色い悲鳴が漏れた。

そのまま流れるように、秘蔵写真を交えた「M」活動期間のエピソードトークへ。ステージバックのスクリーンには、折れ曲がるようにしてソファへ頭を突っこむ後藤威尊やスターバックスで休憩をする田島将吾など、レアなショットが映し出されていく。その写真を見ているメンバーは、とてもリラックスしている様子。多くのメンバーが立膝スタイルで座りこむなか、西洸人は始めからあぐらを決めこみ、佐野雄大は膝を抱きかかえるようにしてちょこんと体育座りをしていた。

続いて行われたゲームコーナーでは、田島がギルドマスターとなり「Shooting Star 玉入れバトル」を実施。ShootingチームとStarチームに分かれ、どちらが星型の球を相手の籠に多く入れられるか競うシンプルなルールなのだが、大きなポイントは籠を各チームの代表メンバーが背負うという点だ。敵チームが球を投げこんでくる間、籠担当はダンスをして相手を妨害する必要がある。また、「負けたチームは勝ったチームのお願いをこの場で叶える」という罰ゲームも前もって、告知された。

Shootingチームは許豊凡・髙塚・木村柾哉・西・尾崎匠海、 Starチームは池﨑理人・後藤・松田迅・藤牧京介・佐野。チームの勝敗を左右する籠担当は、許と池﨑が任された。
お手本として田島が玉入れを実演する場面では、玉の飛距離が足りず失敗。リハーサルでは成功していたこともあり、悔しそうな表情を浮かべていた。実際のバトルでは、許がパフォーマンス以上に飛び跳ねるファインプレー(?)を展開。それにより、Shootingチームの勝ちとなった。

いたずらっ子な顔つきで木村が「めちゃくちゃぶりっ子で、MINIにひとりずつ愛を叫んでいく」と罰ゲームを告げると、佐野は「柾哉君ほんまにこういうとき悪いよな(笑)」と漏らす。Starチームは全身全霊の愛嬌をやり切り、会場を一段と盛り上げたのだった。
ゲーム終わりにステージが片付くのを待っている時間ですら、INIはファンサービスを欠かさない。舞台の端で藤牧と佐野が『ドラゴンボール』のフュージョンポーズをしたかと思えば、流れ星トークが繰り広げられている横で松田は観客席のファンとじゃんけん。どうやら負けてしまっていたようで、自ら「もう1回いい?」と勝つまでリベンジを挑んでいた。


緻密なフォーメーションと表現力

後藤が「僕が3rdシングル『M』のなかで、1番好きな楽曲になっております」と紹介し、導かれたのは「STRIDE」だ。二手に分かれて別々のビートを感じながら音に乗るパフォーマンスも、彼らにかかればお手の物。別々の旋律を奏でる重奏のように、緻密に組み合わされたフォーメーションを魅せつける。メンバーが一列になり肩を組むラインダンスも美しく、”一緒ならどこへだって”歩き続けられることを力強く物語っていた。



後半のトークコーナーでは、アリーナツアーの詳細と冠番組「INIの推しごとです!」のスタートをサプライズ告知。想像以上の嬉しい報告に会場のMINIからは、何度も何度も歓声が溢れた。

そして最後には、椅子に腰をかけながらハンドマイクで「Mirror」を届ける。目をガッと見開いて歌う木村に、丁寧に言葉を紡ぐ尾崎、サビでぶわっと歌の花を咲かせる藤牧。髙塚と許のハモリも美しく、柔らかくも鮮やかに楽曲を彩る。”歌えるINI”をまざまざと刻んだステージングとなった。


INI『「M」COMEBACK SHOW』(©LAPONEENTERTAINMENT)

エンディングでは、イベントの感想や日頃の感謝をMINIへ伝えるメンバー。ラストはステージを端から端まで移動し会場のファンに愛を伝え、遠くから見守っているファンにもカメラを通してエールを送り『INI 3RD SINGLE「M」COMEBACK SHOW』を締めくくったのだった。


INI『「M」COMEBACK SHOW』(©LAPONEENTERTAINMENT)

【まとめて写真を見る】INI『「M」COMEBACK SHOW』

2022 INI 1ST ARENA LIVE TOUR BREK THE CODE

愛知公演
AICHI SKY EXPO ホールA
12月17日(土)13:00開演/18:30開演
12月18日(日)13:00開演

大阪公演:大阪城ホール
12月20日(火)18:30開演
12月21日(水)18:30開演

東京公演:有明アリーナ
12月24日(土)13:00開演/18:30開演
12月25日(日)13:00開演

福岡公演:マリンメッセ福岡A館
12月27日(火)18:30開演
12月28日(水)18:30開演

【チケット発売情報】
INI OFFICIAL FANCLUB最速先行:9月29日(木)12:00~10月5日(水)23:59
INI OFFICIAL FANCLUB会員先行:10月19日(水)12:00~10月23日(日)23:59
INI MAIL会員先行:11月4日(金)12:00~11月8日(火)23:59
【関連記事】
・BTSの名曲100選
・Stray Kidsが語る、主体的に生きることの大事さ
・キム・ヒョンジュン、2年7カ月ぶりの日本公演で伝えた喜びと深い愛情
・aespa衝撃の初来日、斬新すぎるK-POP4人組が提示した「新たなオルタナティブ」
・ヒカル、Rolling Stone Japan次号に撮り下ろしインタビューで初登場
Rolling Stone Japan

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ