『魔法のリノベ』最終話小梅&玄之介を待ち受ける未来とは小梅の本心はいかに

ドラマ『魔法のリノベ』最終話より (C)カンテレ・フジテレビ

『魔法のリノベ』最終話小梅&玄之介を待ち受ける未来とは小梅の本心はいかに

9月19日(月) 11:00

女優の波瑠が主演を務めるドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の最終話が今夜19日に放送される。

【写真】『魔法のリノベ』最終話玄之介(間宮祥太朗)は小梅(波瑠)奪還に向けて動き出すのか?

本作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅と、工務店の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。

■最終話あらすじ

「私、まるふく辞めます」。小梅(波瑠)の突然の辞職宣言に、玄之介(間宮祥太朗)は大きなショックを受ける。一方で、小梅の言葉が本心ではなく、自分たちに何か隠していることに気づくが、決意を固めた小梅に、そんな玄之介の気持ちは届かない。

同じ頃、グローバルステラDホームから立ち退きを迫られていた「一休食堂」の店主・剛志(大友康平)は、妻・倭子(中島ひろ子)の助言もあり、ついに店と土地の売却を考え始める。蔵之介(遠藤憲一)への恨みと野心を胸に、20年にわたり、水面下で土地開発を進めてきた有川(原田泰造)は、ようやくすべてが思い通りになるとほくそ笑むが、その隣にはなぜか小梅の姿が。

小梅のあまりに不可解な行動に、急きょ集まった久保寺(金子大地)、竜之介(吉野北人)、ミコト(SUMIRE)の3人は、京子(YOU)からある情報を得て、小梅の真意を知るためのカギとなる人物に接触をはかる。その頃小梅は、有川から送られてきた一通のメールを思い出していた。

大手リフォーム会社でエースとして活躍するも、人間関係でやらかし、町の工務店に転職した小梅。ようやく見つけた自分の居場所を自ら手放し、宿敵の元に戻った理由とは。そんな小梅とバディを組み、営業成績0点から大きく躍進したバツ2シングルファザーの玄之介は、小梅奪還に向けて動き出すのか。

「自分の人生は自分でリノベーションするんだよ」。そのために、いつしかお互いが欠かせない存在となった2人に待ち受ける未来とは。

ドラマ『魔法のリノベ』はカンテレ・フジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

■関連記事
【写真】『魔法のリノベ』最終話場面カット
【写真】間宮祥太朗&波瑠、“風待ち中”の姿に「美しい」「神々しい」の声
【写真】間宮祥太朗、『魔法のリノベ』親子ショットがかわいすぎる「撮影の合間も仲良くじゃれてる」
波瑠の“0.1秒の対応”遠藤憲一が感心「流石だ!」
波瑠、リノベーションしたいものは脳みそ「最近ちょっと苦しくなって」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ