小泉今日子プロデュース、大島真寿美原作『ピエタ』舞台化決定脚本・演出はペヤンヌマキ

asatte produce『ピエタ』プロデューサーの小泉今日子

小泉今日子プロデュース、大島真寿美原作『ピエタ』舞台化決定脚本・演出はペヤンヌマキ

9月15日(木) 18:00

大島真寿美の小説『ピエタ』が、小泉今日子のプロデュース、ペヤンヌマキの脚本・演出で舞台化され、2023年夏、東京・本多劇場にて上演されることが決まった。

【写真】小泉今日子、50代も体力や気力の衰えは感じずデビュー記念ライブは“浄化”の時間に

原作小説は、2019年直木賞を受賞した大島が史実を基に描いた作品。18世紀のヴェネツィアを舞台に作曲家ヴィヴァルディを取り巻く女性たちの姿を描き、2012年本屋大賞第3位に選ばれた。美しい音楽が流れるヴェネツィアで力強く運命と向き合った女たちのはかなくて切ない人間賛歌だ。

18世紀、らん熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。「四季」の作曲家ヴィヴァルディは、孤児を養育するピエタ慈善院で合奏・合唱の娘たちを指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる―。

プロデューサーの小泉は「2020年、新型コロナウィルス第一波の混乱の中、数多の舞台作品が公演中止を決断し、幻と消えていきました。asatte produce『ピエタ』もその一本です。『ピエタ』舞台化は会社設立時から叶えたかった夢のひとつでした。18世紀のシスターフッドであるこの物語を、信頼する友人ペヤンヌマキさんとタッグを組んで作れるなんて!なんと嬉しく頼もしいことでしょう」とコメント。

脚本・演出のペヤンヌマキは「小泉今日子さんが長年温めてきた『ピエタ』舞台化の脚本と演出を任せていただけるなんて、私はなんてラッキーなんだと思い続けて時が経ちました。当初予定していた2020年は延期になってしまいましたが、私の中でラッキーは続いています。原作の大島真寿美さんの小説『ピエタ』は18世紀ヴェネツィアが舞台です。孤児、貴族、高級娼婦という身分や立場の違う女性たちが導かれ絆を深めていくという物語は、私がこれまで描いて来たテーマにも相通ずるとおこがましくも思っております」としている。

asatte produce『ピエタ』は、2023年夏、本多劇場にて上演。

■関連記事
【写真】脚本・演出を担当するペヤンヌマキ
【写真】小泉今日子×小林聡美×安藤玉恵×夏帆の四姉妹バトル、『阿修羅のごとく』ライブ配信決定コメント&場面写真も解禁
【写真】石田ひかり、憧れすぎの“小泉今日子センパイ”を撮影ネット「緊張が伝わります」
岩松了書き下ろし舞台『青空は後悔の証し』開幕石田ひかり「これまで味わったことのない感情の連続」
“BTSに夢中”の小泉今日子、ファンの推しへの気持ちが「手に取るようにわかった」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ