向井理が竹野内豊の最大の敵に!斎藤工が黒木華と新バディ結成映画『イチケイのカラス』特報解禁

映画『イチケイのカラス』に出演する(左から)斎藤工、向井理 (C)浅見理都/講談社 (C)2023 フジテレビジョン 研音 東宝 講談社 FNS27社

向井理が竹野内豊の最大の敵に!斎藤工が黒木華と新バディ結成映画『イチケイのカラス』特報解禁

9月14日(水) 5:00

俳優の竹野内豊が主演、女優の黒木華が共演する映画『イチケイのカラス』に、俳優の斎藤工、向井理が出演することが決定。また、特報映像とティザービジュアルも解禁された。

【動画】型破りなクセ者裁判官・入間みちおと真面目すぎるエリート裁判官・坂間千鶴がスクリーンへ!映画『イチケイのカラス』特報

「モーニング」(講談社)で連載された同名コミックを原作に、2021年4月期にフジテレビ系月9枠にて放送された『イチケイのカラス』。東京地方裁判所第3支部第1刑事部“通称:イチケイ”を舞台に、伝家の宝刀“職権発動”(刑事訴訟法128条【検証】に基づき、事実発見のために必要な時は裁判所主体で検証を行うことができる)を駆使し、1つ1つの事件に粘り強く向き合う、自由奔放で型破りな裁判官・入間みちお(竹野内)と、みちおとは対照的で、東大法学部出身で立身出世をすべく努力を惜しまない、超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴(黒木)、そのほか個性豊かなイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描き、平均世帯視聴率12.6%という令和“月9”No.1の高視聴率とともに、内容面で高い評価を得た人気作が映画化される。

今回舞台となるのは、“イチケイ”を去ってから2年後、岡山県瀬戸内に異動になったみちおは、史上最年少防衛大臣にまつわる傷害事件を担当。事件の背景にあった近海で起きたイージス艦の衝突事故を調べていくが、航海内容は全て国家機密。みちおは伝家の宝刀「職権発動」が通用しない難敵に挑んでいくこととなる。一方で、みちおと共に数々の事件を裁いてきた坂間(黒木)は裁判官の他職経験制度のもと、みちおの隣町で弁護士として働き、町を支える地元大企業に関わる事件を担当するが、そこにある疑惑が―。一見異なる2つの事件に隠された衝撃の真実。それは開けてはならないパンドラの箱だった―?

このたび、みちおと対峙する最年少エリート防衛大臣を向井理が、坂間とバディを組む地方の心優しき人権派弁護士役を斎藤工が演じることが決定。

向井が演じるのは、国家権力を背景に、みちおの最大の敵として立ちはだかる、史上最年少のエリート防衛大臣・鵜城英二(うじょう・えいじ)。向井は「オファーをいただいた時、数ある法廷ものの作品のなかでも今までと違う視点で描かれる作品という印象があったので、出演がすごく楽しみでした。連ドラからのチームに映画から参加し、初めましての方も多かったですが、その中でも違和感なく過ごせたのはチームの皆さんのおかげでした」とコメント。

斎藤は、日本中を飛び回る心優しき正義の弁護士・月本信吾(つきもと・しんご)を演じる。裁判官から新たに弁護士として働く坂間にとって、月本は新しい世界を魅せる頼れる兄貴的存在でもあり、次第に坂間は惹かれていく…。斎藤は「新機軸で画期的なTVシリーズをいち視聴者として愉しく拝見していたので、そんな魅惑の世界線の仲間に入れて頂く事は、光栄かつ身の引き締まる想いでした」と心境を明かしている。

2人の出演に関して、田中亮監督は「願っていた通りのキャスティングが決まった瞬間、嬉しさと驚きのあまり目が点になってしまいました。この映画の最も重要なゲストである二役には当初からキャスティングのイメージが明確にありました」と、熱望していたキャスティングだったことを明かした。さらに「斎藤さんと向井さんの魅力に彩られて、激しくも温かい人間模様がスクリーンいっぱいに広がりました。是非楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。

さらに、特報映像とティザービジュアルも初解禁。特報は「職権を発動します!」という“イチケイ”ならではの、みちおの名台詞から始まる。みちおと真面目すぎるエリート裁判官・坂間千鶴の相容れない2人が今回挑むのは、なんと国家権力。坂間の新バディとして登場した月本や史上最年少の防衛大臣・鵜城が、2人へどのように関わってくるのか―映像では感情をむき出しにするシリアスなみちおと、なぜか涙する坂間の姿が…?普段見せない2人の表情から、開けてはいけないパンドラの箱の中に隠された秘密が、すさまじいものであることを予感させる。“イチケイ”らしいコミカルな要素の中に重厚な人間ドラマもぎゅっと詰まった期待高まる映像となっている。

そして、併せて解禁となったティザービジュアルには、法服を着て木槌を持つ裁判官らしいみちおの姿と、「今度は国を怒らせちゃった?」といつも通りのマイペース発言が。他職経験制度で弁護士として働く坂間は、弁護士バッジをつけて姿を一新。法廷を背景に、凛々しい佇まいの月本と鵜城も加わり、映画版へさらにスケールアップしたきらびやかなビジュアルに仕上がっている。本ビジュアルは、9月16日より全国の映画館(一部劇場を除く)にて順次掲出される。

映画『イチケイのカラス』は2023年1月13日より全国公開。

コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■斎藤工

新機軸で画期的なTVシリーズをいち視聴者として愉しく拝見していたので、そんな魅惑の世界線の仲間に入れて頂く事は、光栄かつ身の引き締まる想いでした。

私の演じた人権派弁護士・月本信吾の背負っているモノ、社会や地域との距離感、眼差しは、現代の司法の光と影の象徴とも言えると思います。

そして、今や世界的な撮影監督である四宮秀俊さんが田中亮監督と共に切り撮る今回の劇場版イチケイのカラスは、法律で介入出来ない地方や中央のグレーな部分にメスを入れながらも、ドラマシリーズの持つ軽やかさ、ポップさが織りなす新たなリーガル作品になるのでは無いかと、いち映画ファン、いちイチケイファンとして完成を心待ちにしております。

■向井理

オファーをいただいた時、数ある法廷ものの作品のなかでも今までと違う視点で描かれる作品という印象があったので、出演がすごく楽しみでした。連ドラからのチームに映画から参加し、初めましての方も多かったですが、その中でも違和感なく過ごせたのはチームの皆さんのおかげでした。

今回演じた鵜城英二は、野心的な政治家の面もありつつ、ステレオタイプな政治家ではない部分もあったりといろんな要素がある役です。少ない登場シーンの中でどう人間性を出していくかが難しく、現場で監督とすり合わせていきました。

僕も個人的に傍聴席に行ったことがありますが、法廷には本当に筋書きのない物語がたくさんあると思います。今作は法廷で生まれるドラマとしての面白さだけじゃなく、いろんな人たちの人間関係や張り巡らされた複雑な伏線が回収されていく爽快感がたくさんあると思いますので、ぜひ劇場で体感していただければと思います。

■田中亮監督

え?出てくれるんですか?斎藤工さんと…向井理さんが…?お二人とも?

願っていた通りのキャスティングが決まった瞬間、嬉しさと驚きのあまり目が点になってしまいました。この映画の最も重要なゲストである二役には当初からキャスティングのイメージが明確にありました。

月本は人権派弁護士として汗をかく土臭さがありながら、坂間を翻弄する大人の魅力を持っている役なので斎藤工さんにしか演じられない。鵜城は史上最年少防衛大臣という特殊なキャラクターをリアルに感じさせるほどの芯の強さと知性を持ち合わせた方に演じていただきたいので、向井理さんしかいないとそれぞれ考えていました。

最大の敵・鵜城とにらみ合うみちおの静かな怒り、新たなバディ・月本と見つめ合う坂間の穏やかな眼差し、今までのイチケイでは見せたことのない表情がそこにはあります。斎藤さんと向井さんの魅力に彩られて、激しくも温かい人間模様がスクリーンいっぱいに広がりました。是非楽しみにしていてください。

■関連記事
【写真】映画『イチケイのカラス』ティザービジュアル
【インタビュー】竹野内豊、“命がけで臨む”現場が「なによりも幸せ」
【インタビュー】黒木華、30代を迎え生まれた心境の変化を語る
【写真】ドラマ『イチケイのカラス』最終回を写真でプレイバック
【写真】ドラマ『イチケイのカラス』、型破りのクセ者裁判官とその仲間たちを振り返り!
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ