少女漫画界のレジェンドによる辛口エッセイ。ショート漫画「その後の有閑倶楽部」も収録!

『不倫、それは峠の茶屋に似ている たるんだ心に一喝!! 一条ゆかりの金言集』一条 ゆかり集英社

少女漫画界のレジェンドによる辛口エッセイ。ショート漫画「その後の有閑倶楽部」も収録!

9月13日(火) 20:00

1960年代にデビューして以来、『デザイナー』『プライド』『有閑倶楽部』など多数のヒット作を生み出してきた少女漫画界のレジェンド・一条ゆかり。彼女による大人向け辛口エッセイ集『不倫、それは峠の茶屋に似ている たるんだ心に一喝!! 一条ゆかりの金言集』が出版されました。

その作風からか、はたまたキャラクターからか、一条さんは人から相談されることが非常に多いといいます。彼女が人の悩みを聞いていていつも感じるのは、悩みの大半は本人に責任があるのに「私は悪くない」「私はかわいそう」と思っている人が多いことだそうです。本当に幸せになりたいと思うのなら、「相手のせいにするのでなく、まずは『私がへんなことしてないかしら!?』と我が身を振り返るようにしないとダメ」(同書より)だと一条さんは言います。アイタタタ......と耳が痛い人もいるかもしれませんが、そのぶん同書からは多くの気づきや学びが得られるはずです。

そもそもタイトルからして少々刺激的。これも同書に登場する一条さんの金言のひとつ。「不倫、それは峠の茶屋に似ている。お団子を食べたら、まだ明るいうちに出発しないと迷子になります」というものです。

「不倫」の場合、仮に独身女性と既婚男性の恋ならば、あくまでも妻がいる男性をちょっと借りているだけで、シミをつけたり汚したりしないのが大人のマナー、つきあいが長くなり深みにはまる前に引きあげるのが"正しい不倫のやり方"だと一条さんは持論を述べます。

これにはもちろん賛否両論あるとは思いますが、不倫を頭ごなしに否定するのではなく、「とにかく夜の峠はオオカミも出るし、迷子になると怖いので、茶屋でひと休みしたら、明るいうちに出発しましょう!!」(同書より)と茶目っ気も混ぜてアドバイスするところが、さすが酸いも甘いも噛み分けた一条さんならではです。

他にも同書には、「時に『見栄』は原動力になる」「人生のシミュレーションをする時は、自分の欲や欠点から目をそらすな!」「鯛を釣りたいなら、最低限、自分が海老になる必要がある」「そのままのキミはたいてい汚い。入口が汚いと誰もノックしてくれません」など、仕事や恋愛、美容、生き方に通じる86の金言が収録されています。

さらに、一条さんが特別に描き下ろしたショート漫画「その後の有閑倶楽部」が掲載されているのも同書の大きな魅力。剣菱悠理や白鹿野梨子、菊正宗清四郎といったおなじみのメンバーが大人になった姿が、一条さんの考察とともに描かれていて、ファンにとってはそれだけでも読む価値があることでしょう。

顔には出さずとも、心に悩みや葛藤を抱えている人は多いもの。いっときの慰めはいらない、スパッと鋭く世の中の真理を突く言葉がほしいと思う人にとって、同書は前を向いて進む勇気をもらえる一冊になるはずです。

[文・鷺ノ宮やよい]



『不倫、それは峠の茶屋に似ている たるんだ心に一喝!! 一条ゆかりの金言集』
著者:一条 ゆかり
出版社:集英社
>>Amazonで見る

【関連記事】
登録者数100万人超! 野食調理系YouTuberによる新感覚の自然科学エッセイ
谷川俊太郎、壮年期の対話記録。自我のこと、家庭のこと、老いのこと――
青木さやかは自他ともに認める"厄介なオンナ"正直で不器用な彼女が綴る珠玉のエッセイ
Web本の雑誌

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ