川島明が『AERA』の駄じゃれコピーに挑戦有岡大貴、Hey! Say! JUMPでの取材時に意識していることを告白

「回転寿司! 横浜中華街! もしも人気店で頼んだ一皿を芸能人が作ってたら…!?」より/(C)MBS

川島明が『AERA』の駄じゃれコピーに挑戦有岡大貴、Hey! Say! JUMPでの取材時に意識していることを告白

9月9日(金) 7:00

TBS系では、9月12日(月)に特別番組「回転寿司! 横浜中華街! もしも人気店で頼んだ一皿を芸能人が作ってたら…!?」(夜9:00‐10:57)を放送。スタジオにはMCの指原莉乃、川島明のほか、有岡大貴、池田美優、おいでやす小田、こがけん、小芝風花、堀田茜が登場する。
【写真】収録中、劇画タッチの表情になる川島明

同番組では、“芸能人が世間の荒波に挑んだら、どれほど通用するのか”を徹底検証するバラエティ。高島礼子、有野晋哉、ギャル曽根、櫻坂46・守屋麗奈が、回転寿司チェーン店「くら寿司」の新メニューを考案する企画では、それぞれ3つの新メニューを4人が考案し、東京と大阪の2店舗で、名前を伏せた状態で3日間限定販売。高島は一喜一憂、守屋は自信喪失するなど、波瀾万丈な展開が待ち受ける。

また、かたせ梨乃と鈴木砂羽が、横浜中華街を舞台に熱いバトルを繰り広げる企画も。1日限定で考案した中華メニューの売れ行きをその場で見届ける2人の戦いは、徐々にヒートアップ。さらに、注文したお客さんとその場でご対面。素直なお客さんの反応に、大女優のプライドが引き裂かれる。

さらに、大喜利バラエティー番組「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)でも優勝経験を持つ、芸能界屈指の大喜利王・川島が、雑誌「AERA」の一行駄じゃれコピーの考案に挑む企画も。川島は、デーブ・スペクターと、これまで数々のダジャレコピーを考えてきたという「AERA」の副編集長を対戦相手に駄じゃれコピーを披露する。

■収録を終えた指原莉乃&川島明&有岡大貴を直撃!

――収録を振り返っていかがでしたか?

指原:挑戦してくださった皆さん、本当にたくさん考えて、いっぱい時間もかけてくださったのに、うまくいかない方もいて。胸が苦しくなる場面もあったのですが、そのぶん、見どころがたくさんありました。何と言っても、ご本人とお客さんの対面の瞬間にはドキドキしましたね。

川島:全体を通して、我々は芸歴も長いので、芸能人ということに甘えて普段暮らしているんだなと。ロケに出てくださった皆さんは、その翼をもぎ取られた状態で挑んでいるのですが、見事にボロボロに燃えた人もいるし、一方で、さらに羽ばたいていかれた人もいて。見たことない映像でした。勝負の行方を見守るスタジオは、生放送かと思うくらい、緊張感がすごかったです(笑)。

有岡:「くら寿司」での新メニューの考案は、くら寿司の社員の方も驚く結果になりましたもんね。今、この記事を読んでくださっているあなたも、もしかしたら芸能人が考案したメニューを食べることができる日が来るかもしれないですよ。そんな夢も広がる番組だなと思いました。

■指原、デビュー当時を回顧「見事にちゃんと干されてしまって…」

――VTRでは、自身が考案したメニューをお客さんに注文してもらうために、様々な工夫を凝らす姿も印象的でした。皆さんはテレビ収録をはじめとしたお仕事の現場で、「使われるため」や「スタッフさんに振り向いてもらうため」に工夫していることはありますか?

川島:現場で「スタッフさん、こういうコメントが欲しいのかな?」と思って発言しても、全然ウケへんかったり、そっちばっかり気にしちゃうと個性が死んでしまったり。非常に難しいです。この歳になっても難しいなって思いますからね。ただ、今日は小芝風花さんが大活躍されて、すごく刺激をいただきました。とにかくびっくりでしたけど、何本もホームランがありました。素晴らしかったです。

指原:昔、デビュー当時にバンジージャンプの企画に挑戦したことがあったんですけど、私、飛べなかったんです。その後、もう1回リベンジ企画をしていただいたのですが、それでも飛べなくて。そしたら、自分が悪いんですけど、見事にちゃんと干されてしまって…。そのスタッフさんに会えなくなっちゃったんです。

有岡:それからまだ一度も会えてないんですか?

指原:それが、会えたんです!どんなアピールをしたかというと、「総選挙で1位になった」。そしたらすぐ会えました。もちろん企画もうまくいかなくて、たくさんご迷惑をおかけしたなと反省しているのですが、1位になって注目度が上がるとまたお会いできるんだなって(笑)。良かったです。

川島:売れるしかないよね。

――有岡さんはいかがですか?

有岡:僕たち(Hey! Say! JUMP)はメンバーが多いので、新聞の取材を受けた時、自分のコメントが新聞に載るかというのは狭き門なんです。でも、時事ネタだったり、野球の話などを交えて話すと、結構使ってもらえるなって最近気付きました(笑)。僕はスポーツについてあまり詳しくないのですが、取材の時は野球のことを調べたりしています。

指原:それ、メンバーにバレてますよ!(笑)。

川島:突然、野球で例えたりね(笑)。でもありますよね、記者会見でも「ネットニュースになるかな?」って良かれと思って芸人と言い合ったりしたら、蓋開けたら見出しが「川島激怒」って…。

――今回、「くら寿司」と「横浜中華街」でそれぞれ芸能人が新メニューを考案しましたが、有岡さんといえばサウナ好きとして知られています。もし自分好みのサウナをプロデュースするなら、どんなサウナにしたいですか?

川島:「100%! アピールちゃん」でも、サウナ愛を語ってたもんね。

有岡:(即答で)「ケロ」という木材を使ったサウナを作りたいですね。フィンランドで採れる木材なんですけど、かなり希少価値が高くて、1年で採っていい量が決められているくらい、わずかしか採れない木材なんです。ケロは香りがとても良いし、熱にも強い。あとはやっぱり、本場フィンランドのサウナにより近づけられるんです。なのでぜひケロを使って、みんなに愛されるサウナを作りたいです!

指原:素材から!?思ったより本格的な答えがきましたね。すごい!!

「回転寿司! 横浜中華街! もしも人気店で頼んだ一皿を芸能人が作ってたら…!?」は、9月12日(月)夜9時放送



【関連記事】
【写真】収録中、劇画タッチの表情になる川島明
【写真】ゲストの池田美優&小芝風花
Hey! Say! JUMP知念侑李がメンバーとのサウナ事情明かす「一緒に過ごしている時間が好き」
有岡大貴、「大悟さんとちょっと近い」理想の女性のタイプを明かす<酒のツマミになる話>
有岡大貴、“好きな言葉”は「ご自由にお取りください」幼少期の思い出語る
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ