「光GENJI」35周年ライブ登場ASKAの『ガラスの十代』にファン感涙も…男闘呼組は越せて光GENJIはNG「ジャニーズの壁」の気になる今後

赤坂晃の公式ツイッター『@akira_akasaka』より

「光GENJI」35周年ライブ登場ASKAの『ガラスの十代』にファン感涙も…男闘呼組は越せて光GENJIはNG「ジャニーズの壁」の気になる今後

8月23日(火) 6:45

提供:
8月19日にアーティストの ASKA (64)がブログを更新。恵比寿のライブハウス『リキッドルーム』で行われたあるグループの35周年記念ライブについて語った。

「95年に解散した、全盛期のジャニーズを象徴する伝説的なユニット 光GENJI 諸星和己 さん(52)と 赤坂晃 さん(49)の2人が、光GENJIの35周年記念ライブを行ったこと、そこまでの経緯などが紹介されていました。

ASKAさんは“飛鳥涼”の名義で光GENJIに数多くの楽曲を提供していた、という関係性でもありますね」(専門誌記者)

ライブではASKAが手掛け、光GENJIを象徴する歌として現在も名高い『パラダイス銀河』、『STARLIGHT』、そしてアンコール曲に 《二人からステージに引っ張り出され》 て、ASKAと3人で『ガラスの十代』を披露していたことを、ASKAはブログにつづっていた。

このライブのチケットは倍率が10倍の「プラチナチケット」と化しており、

《コロナということもあり、通常スタンディングですが、今日、フロアは着席でした。

でも、誰も座ってるお客さんはいない。

終始、立ちっぱなしでしたね》

と実に大盛況だったようだが、同時に心残りを思わせるコメントもしていた。

■実は30周年に7人で復活しようとしていた

《今から5年前、

彼らが30周年を迎える直前に「諸星」から連絡をもらい、出かけて行ったところに、

「光GENJI」の5人がいた。

「30周年を迎えるにあたり、1年間限定で再結成したい。曲を作って欲しい」

と、いうお願いでした。

その日、現在、宮古島に住んでる「赤坂」も来てた。

本気度が伝わってきました。

「1年間活動し、利益は世の中に還元したい」

と、いう構想まで立ててた》

と、30周年記念の限定復活ライブを行うべく動いていたのだが、

《「 内海光司 」と「佐藤敦啓(※現: 佐藤アツヒロ )」は、現在も「ジャニーズ」ですから、事務所の枠を越えては来られなかったようです。》

《(『忘れ物はあったかい』という曲について)彼らの望んだ30周年が叶いませんでしたから、1曲だけ、自分のアルバムに入れました。》

と、再結成が果たせなかったことを、光GENJIサイドも悔やんでいた旨をつづっていたのだ。

■他グループのファンも不安視している?

「光GENJIレベルであっても、ジャニーズ事務所の壁は超えられなかったんですね……つくづく“エージェント契約”に変えていたとはいえ、ジャニーズ事務所と関係が続いている 岡本健一 さん(53)がいるのに、全員そろって今年7月から翌年8月末までの期間限定再結成を果たせた 男闘呼組 のミラクルぶりが際立ちます。

男闘呼組の復活にあたっては、他グループのファンも期待をはせたと思いますが、なかなか厳しそうですね」(前出の専門誌記者)

いまでも復活が期待されるジャニーズのグループは2つ。

1つは、16年末に解散して、22年現在は 木村拓哉 (49)のみがジャニーズに残っている SMAP 。現在もSNSで復活を望む声を聴かない日はない、と言っても過言ではない。

もう1つは、「解散」はしていないが、18年末に不祥事で 山口達也 (50)が退所してからグループでの音楽活動を辞めてしまい、21年3月末には 長瀬智也 (43)が引退してしまった TOKIO だ。こちらも、ジャニーズでは男闘呼組に並ぶ「本格的なロックバンドのグループ」だったこともあり、純粋にバンドとしてTOKIOを好いていたファンは多かった。

《35周年か・・・。

でも、区切りの年に拘る必要もないかな。

今年がダメなら36周年をやればいい。

いつか、7人揃った「光GENJI」を観れるかもしれないですね。

だって、「ひかるげんじ」と入力したら、今でも「光GENJI」って文字変換されるんですから》

ともつづっているASKA。

いつか「ジャニーズの壁」を超えられる日が来るといいのが……。










【関連記事】
黒島結菜、NHK朝ドラ『ちむどんどん』の「史上No.1酷評」で「事務所スタッフが3人辞めた」!?「第2の二階堂ふみ」の道「消滅」の“超誤算”事態!
キンキ堂本剛、9年前に師匠・吉田拓郎との対談で語っていた「結婚しない理由」
NHK『ちむどんどん』、60年の朝ドラ史上「ワースト酷評作品」確定!「なぜこうなった?」黒島結菜、竜星涼、宮沢氷魚らを“潰した”「3大元凶」!!

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ