森英恵さん「クリエーション魂に火がつく」創作意欲かき立てた愛孫の存在

2013年10月18日、渋谷・明治神宮参集殿で行なわれたファッションイベント「スマイルプロジェクト

森英恵さん「クリエーション魂に火がつく」創作意欲かき立てた愛孫の存在

8月19日(金) 11:00

日本を代表する世界的ファッションデザイナーの森英恵さんが、8月11日に老衰のため亡くなった。96歳だった。

「英恵さんは21歳の時に洋裁学校に通い、’51年に東京都内に洋裁店を開きました。日本映画全盛期だったその頃から、浅丘ルリ子さんや石原裕次郎さんなど数多くの映画衣装を手がけました。’65年には、ニューヨークで初の海外コレクションを発表。羽ばたく蝶をモチーフにしたエレガントなデザインは『マダム・バタフライ』と称され、レーガン大統領夫人やセレブ女優などから愛されました。そして’77年に、パリ・オートクチュール協会にアジア人として初めて承認され、ファッションデザイナーの先駆者として活躍したのです」(ファッション関係者)

18日に英恵さんの訃報が報じられると、ファッション界からは惜しむ声が相次いだ。

ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏は、毎日新聞の取材に「私が19歳の時、新人デザイナーの登竜門『装苑賞』を受賞した作品は、審査員の一人だった森英恵先生が選んでくださった1点だった。私をこの業界に引き上げてくれたのはまさに森先生だった」とコメント。

モデルの冨永愛(40)はインスタグラムを更新し、《日本の伝統美を表現し続け、日本人で唯一のパリ オート・クチュール協会の正会員、日本が誇るデザイナー森英恵さんパリで開催されていた彼女のコレクションに出演できたことは私の大切な思い出ご冥福をお祈りします…》と追悼した。

英恵さんと親交の深かった黒柳徹子(89)も、《めったに存在しない、優れた女性。森英恵先生。お疲れ様でした。私はいつまでも、先生のお洋服が着られる体型にして、美しくいたいと思います。そして、数えきれないお礼を申し上げます。ありがとうございました》とインスタグラムに綴った。

■「孫たちの話を聞くと、クリエーション魂に火がつくんです」

私生活では’48年5月に夫の森賢さんと結婚し、夫婦で協力しながら子育てと仕事を両立させてきた英恵さん。当時はまだ珍しく、英恵さんは働く女性の先駆者でもあった。

そんな英恵さんには7人の孫がいる。そのうち、モデルやタレントとして活躍する森泉(39)や森星(30)とは、テレビ番組やトークショーなどで共演することもあった。

英恵さんを“ママモリ”と呼び慕っていた泉は、18日にインスタグラムを更新。英恵さんとの思い出の写真を添えて、《ママ森、たくさんの楽しい思い出と貴重な体験をありがとうThank you for all the amazing memories and experience…R.I.P》と偲んだ。

’17年1月に英恵さんは本誌に登場し、「自分が作った服を、喜んで着てもらうことが生きる原動力です」と語っていた。当時、毎日のようにオフィスに通い、デザインに没頭していたというが、仕事場にやってくる孫たちとの会話を大切にしていたと話していた。

「7人の孫がいますが、人間関係や仕事の悩みを打ち明けにやってきます。孫たちは自分が言いたいことを勝手に話して満足するようですが、私は彼らから感性を拾い上げるのです。どんな本や音楽がはやっていて、若い人たちはどんな悩みをもっているのか。孫たちの話を聞くと、クリエーション魂に火がつくんです」

孫たちに触発されることを喜んでいた英恵さん。’19年に放送された特別番組『AIでよみがえる美空ひばり』(NHK)では、新曲「あれから」の衣裳を担当するなど、晩年も創作活動を続けてきた。

英恵さんが残した輝きは、多くの人々の記憶のなかで生き続けることだろう。

web女性自身

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ