ナイナイ矢部浩之は「共演NG」も…関根勤、山田邦子、勝俣州和、爆笑問題ほか「ベテランにハマる」“コワモテ芸人“の魅力

※画像は「関根勤チャンネル」より

ナイナイ矢部浩之は「共演NG」も…関根勤、山田邦子、勝俣州和、爆笑問題ほか「ベテランにハマる」“コワモテ芸人“の魅力

8月18日(木) 11:00

提供:
8月14日、お笑いコンビ・鬼越トマホークと、お笑いタレントの関根勤(68)が互いのYouTubeでコラボ動画を公開。鬼越トマホーク側は「芸能人格闘技大会のマッチメイクを関根勤が組んだらどんな試合になるのか?」と題した動画、関根側は「鬼越トマホークが震え関根は絶句…でも笑えます!坂井さん結婚記念!いろんな意味で怖すぎる芸能人ランキング」と題した動画を公開した。

関根は「俺はあの喧嘩止めるやつが好きでさ……」と鬼越を絶賛。格闘技の話や、昔の芸能界の話などでトークを繰り広げた。

振り返れば、2014年『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京)で披露した喧嘩芸で世に出た鬼越。坂井良多(36)と金ちゃん(36)が喧嘩を始め、仲裁に入った人に坂井が「うっせえな、おまえは〇〇〇〇〇〇〇〇だからな!」と暴言を吐き、金ちゃんがフォローするふりをして「〇〇〇〇〇なだけだと思います」と、さらに毒舌を加えるのが彼らの芸風だ。

お笑い関係者はこう語る。

「コロナ禍において、同期のお笑いコンビ・ニューヨークがYouTubeをきっかけにブレイクしましたが、鬼越トマホークも日に日に存在感を増しています。かれらの魅力はそのトーク力。他の芸能人に対するギリギリの毒舌で攻めるのが持ち味です。YouTubeの内容は、ほぼ2人か、ゲストを加えてのトークですが、それで企画を成立させられる芸人は少ないでしょう」

ナインティナイン矢部浩之は鬼越トマホークにマジギレ?

“毒舌”の芸風ゆえ、中には本当にキレてしまう人もいるが、鬼越トマホークはそれをさらにネタにする。

「2021年1月1日に放送されたラジオ番組『鬼越トマホークのオールナイトニッポン0(ZERO)』で、坂井は“ナイナイを支えてきたのは岡村さん。矢部さんのことを尊敬しているのは誰もいない”と発言。その後、2月18日に放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で直接対決した際も、矢部浩之(50)に向かって“矢部さんの返しは笑いにもなってない”などと暴言を連発。

その後、矢部は2021年3月18日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)で“鬼越トマホークぐらいかな、NG”と発言しました。それを受けて、鬼越トマホークはさらに“あれから共演一回もない(笑)”などとネタにしています」(前出・お笑い関係者)

そんな芸風だが、明石家さんま(67)に気に入られ『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で準レギュラーとして活躍。何度もラジオに呼ばれるなど爆笑問題にもハマり、YouTubeでは山田邦子(62)、勝俣州和(57)とコラボするなど、第7世代のお笑い芸人とは一線を画す動きを見せている。

「今よりも過激な表現が可能だった昭和の時代から活躍する芸能人にとって、鬼越トマホークの芸風はどこか懐かしさすら感じるはず。それが、ベテラン勢に受け入れられる理由でしょう。コンプライアンスの遵守が必要とされ、その基準がどんどん厳しくなる現在において、ギリギリを攻めるには相当な能力が必要。強面のルックスとは裏腹に、頭の切れる2人だと思います」(番組構成作家)

坂井は8月13日の『鬼越トマホークのオールナイトニッポンゼロ』で、アイドルグループ・マボロシ可憐GeNEの元メンバー・早乙女ゆみの(27)との結婚を発表。どこかで地雷を踏んでしまうのか、このまま突き進めるのか……?今後の活動に注目!

■【動画】関根勤と鬼越トマホークの息の合ったトークは必見!

関根勤を「麻里のお父さん」呼ばわり……!

「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」より

「関根勤チャンネル」より

動画の記事に戻る


【関連記事】
NHK『ちむどんどん』、60年の朝ドラ史上「ワースト酷評作品」確定!「なぜこうなった?」黒島結菜、竜星涼、宮沢氷魚らを“潰した”「3大元凶」!!
山田裕貴がインタビューでNHK『ちむどんどん』出演を“抹消”!?「史上ワースト酷評朝ドラ」で黒島結菜の“姉”川口春奈の冴えない夫を熱演も…制作統括Pにもアカウント消去の“逃亡疑惑”が!!
中居正広「8月18日」50歳誕生日を木村拓哉が祝福!?SMAP「奇跡の青」シンクロにファン感涙

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ