日笠陽子、第一線で長く活躍できる秘訣は「時々息抜きに出掛けること」

日笠陽子にインタビューを行った/撮影:永田正雄

日笠陽子、第一線で長く活躍できる秘訣は「時々息抜きに出掛けること」

8月11日(木) 7:15

和ヶ原聡司のライトノベル作品「はたらく魔王さま!」のテレビアニメ第2弾「はたらく魔王さま!!」が、9年ぶりに地上波放送中。主人公・魔王サタン/真奥貞夫を演じる逢坂良太ら主要キャストが第1期から継続ということもあり、演じる声優陣もキャラクターも息ぴったりだ。
【写真】アラス・ラムス(CV:木野日菜)を抱っこする恵美(CV:日笠陽子)、まるで本物の“まま”のよう

今回は魔王サタンの“宿敵”勇者エミリア/遊佐恵美を演じる日笠にインタビューを行い、9年ぶりに帰ってきた本作へかける思いや仲良しの共演者陣との関係性、第1期からの9年間の変化などについて語ってもらった。

同アニメの原作は、シリーズ累計発行部数350万部を突破したファンタジー作品。勇者に破れ、異世界エンテ・イスラから現代日本の東京にやってきた魔王サタンが、日本経済の荒波にもまれながらフリーターとして働く。第1期は2013年4月から6月にかけて放送され、第2期は地上波での放送(毎週木曜夜11:30-深夜0:00ほか、TOKYO MXほか)の他、動画配信サービス・ディズニープラスでは地上波同時、見放題独占配信中だ。

■続編は「青天の霹靂」

――「はたらく魔王さま!」の第2期が、今のところ第4話まで放送されています。ほぼ9年ぶりの復活ということで、改めて思いをうかがえますか?

青天の霹靂といいますか、(続編の話を)聞いたときは本当にとにかくびっくりしました。(第1期の終了から)3年、4年、5年とたって、“もうないんだろうな”という話もしていたので、9年の時を経て、また始まるというものすごいサプライズプレゼントをもらってしまったような気がします。

こんなにうれしいことが自分の身に起こっていいんだろうかっていうぐらい、驚きとともにうれしかったです。

――日笠さんのキャリアの中で、「魔王さま」はどのような作品ですか?

第1期の頃は24、5歳頃で、まだキャパが少ないし、パンパンで気持ちもいっぱいいっぱいで何の仕事をしているか分からないぐらい忙しかったんです。当時のことは忘れちゃっていることもありますが、「はたらく魔王さま!」に関しては色が付いたように思い出すことができます。私にとってのホームみたいな存在であり、帰ってこられる場所でしたね。

単に大好きな場所というよりも、私の中では崇高なものにしている感じがあるかもしれないですね。第1期のときの最後のイベント(「はたらく魔王さま!」スペシャルイベント ~クリスマスだよ!マグロナルド日比谷公園店へようこそ!~/2013年12月15日開催)の時も、女子のみんながメンバーのことを好き過ぎて、「終わりたくない、帰りたくない」と泣きながら、ステージ上で謀反を起こすというか、「私たちはここからはけない」と言って泣き出して、その場にとどまり続けたのを覚えています(笑)。

――それからほぼ9年ぶりに集まって、事前特番の「地上波!ただいま、魔王さま~!」や本編を収録し、すぐ当時の楽しいノリが戻ってきた感じですか?

そうですね。「はたらく魔王さま!!」のメンバー、例えば私と(東山)奈央みたいな2人だけ切り取られると、もう私と奈央の空間になる。そして私と良太の2人だけ切り取られたらそれはまた別の空間になるんですけど、特番の時に感じたのは、メンバーが全員集まることで「はたらく魔王さま!!」ならではの雰囲気になるんだな、ということです。

1人がふざけると、もう1人乗っかって、また別の1人が乗っかってみたいな感じで、集まんない方がいいんじゃないかというぐらい収拾がつかない(笑)。全員が子どもに戻っている感じなんですよね。だいたい、大人になってくると、みんなが好き勝手やっている中でも、「じゃあ私がまとめなきゃ」と考える人が出てくる。でも「はたらく魔王さま!!」の現場は、そういうのを放棄するみたいな場所です。

■喜怒哀楽の感情が明確になっている

――声の出し方や表情の付け方など、第1期の時と比べて、特に留意したところは?

人間は年をとると声が低くなると言われますが、自分が思っているより、あんまり声は変わってないみたいですね。でも、以前より喜怒哀楽の感情が明確になっているとは思います。

――個人的には、第1期の勇者エミリアはとにもかくにも怒りまくっていた印象があります。怒るという行為がスタンダードというか。

めちゃめちゃ怒っていますよね。“顔芸”と言われたこともあります。その点(エミリアに)怒っているイメージを持っていた人たちからすると、(第2期は)おとなしく見えるのかもしれない。

それは良き変化というか、あんなに怒っていたエミリアが幼いアラス・ラムスを通じて成長していく物語なのかなと思いますね。そして、アラス・ラムスを通すことで、魔王と踏み込んだ関係性になってくるというか。別に恋愛とかそういうことじゃなくて。

■新キャストの木野は「以前からずっといたようななじみ方」

――そのアラス・ラムスの声を担当している木野日菜さんについての印象は?

日菜ちゃんとは別の作品でもご一緒させていただいたことがあります。赤ちゃんとかちびっ子の役を演じることが多い印象なので本人も幼い感じなのかと思いきや、めちゃくちゃ大人でした。年齢は若いけれど、精神年齢は私たちより大人なのでは?って思うことも多いですね。

(第2期のキャストとして)あえて迎え入れたというよりは、以前からずっといたようななじみ方ですね。

――第1期の頃は「いっぱいいっぱいだった」という日笠さんも、声優デビューから15周年を迎えられました。第一線に立ち続ける秘訣(ひけつ)は?

時々息抜きに出掛けることでしょうか。自然を浴びにいくと、急にやる気になってまた頑張ることができるんです。もちろん、この仕事が大好きだから続けてこられたんだと思います。

お芝居というものは本当に正解がないし、追求していくときりがないので、まったく終わらない仕事を続けている感じではありますが。もちろん苦しい時もありますけど、「はたらく魔王さま!!」のような作品に出会えて、みんな仲良くて大好きで…そうなるとポジティブな感情しかないですね。

■笹塚にはお気に入りの店も

――「はたらく魔王さま!!」の舞台、渋谷区・笹塚にまつわる思い出はありますか?

笹塚にあるレコーディングスタジオに何年も通っていたので、歌を“歌い散らかして”、汗だくになって「お疲れ様でした」と言って帰って行く場所ですかね。

あとはお気に入りのコッペパンのお店があります。フカフカでおいしいんですよ。

――では最後に、第2期の見どころを日笠さんの視点からうかがえますでしょうか?

9年の時を経て、実際に勇者エミリアに戻れるのだろうかとドキドキしながら迎えた第2期ですけれど、第1期になかったアラス・ラムスの存在や、ちいちゃん(佐々木千穂/CV: 東山)の成長など、いろんな変化を楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。

「はたらく魔王さま!!」という作品の新たな1ページが刻まれていると思うので、ぜひ楽しんでいただきたいですね。

◆取材・文=原田和典

※記事内、逢坂良太の「逢」の字は「二点しんにょう」が正式表記


【関連記事】
【写真】髪をふわっとかきあげるしぐさの日笠陽子
【写真】窓をバックに日笠陽子を撮り下ろし
【写真】劇中でおなじみの「マグロナルド」制服姿の真奥ら
逢坂良太、“働く”ことへの意識「自分が楽しんでやらないと駄目だろうなと思っています」
逢坂良太の包容力、深み、強さを加えた演技で真奥のキャラに“説得力”<はたらく魔王さま!!>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ