北村匠海、志尊淳…実写版『幽☆遊☆白書』に“猛バッシングの嵐”のなかネトフリ実写版『シティーハンター』製作決定!主演・冴羽は「筋肉カメレオン西郷隆盛俳優」“悲願のキャスティング”も大荒れ必至!!

「劇場版シティーハンター」公式ツイッター@cityhuntermovieより

北村匠海、志尊淳…実写版『幽☆遊☆白書』に“猛バッシングの嵐”のなかネトフリ実写版『シティーハンター』製作決定!主演・冴羽は「筋肉カメレオン西郷隆盛俳優」“悲願のキャスティング”も大荒れ必至!!

8月4日(木) 7:20

提供:
多くのケースで炎上することになる「漫画の実写化」。最近では、23年12月から配信されるNetflixシリーズ『幽☆遊☆白書』のキャスト情報が、7月16日以降順次発表されている。

主人公の浦飯幽助役を 北村匠海 (24)が務めるのを筆頭に、妖狐・蔵馬役を 志尊淳 (27)、飛影役を 本郷奏多 (31)、桑原和真役を 上杉柊平 (30)という豪華キャストなのだが、すでにネットでは「これじゃない感がエグい」と、大荒れとなっている。

「演じる側には相当なプレッシャーですよね……。そんな状況下で、『 幽遊白書 』と同じく黄金期の『 週刊少年ジャンプ 』(集英社)を代表する超人気漫画作品の実写化が水面下で動いています。すでに何度か実写化されていますが、今回のキャスティングは、なかなか期待できそうではありますね」(漫画ライター=以下同)

■何度も実写化された作品ではあるのだが…

その作品とは、85~91年に連載されていた北条司の『 シティーハンター 』。新宿の街を舞台に、女好きながら超一流のスイーパー(始末屋)の冴羽リョウ(さえば・りょう/「けものへん」に「尞」)と、殉職した冴羽の 相棒 の妹でヒロインの槇村香(まきむらかおり)、敏腕刑事の冴子や同業者の“海坊主”らの活躍を描いたハードボイルドコメディ作品である。

「これまでも、原作とはほぼ別物ながら93年に ジャッキー・チェン 主演で香港映画、11年には韓国ドラマ化されています。また、19年にフランスで原作の大ファンであるフィリップ・ラショー監督・主演で実写化された『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は、舞台がフランスになっていながらも、あまりにも原作に忠実な映画化ぶりがファンからも高く評価されていました。21年に宝塚が舞台化したことはあります。

ちなみに、01年~10年まで本作とパラレルワールド設定で連載されていた『エンジェル・ハート』は、15年に日本テレビがドラマ化していますが、ここでは 上川隆也 さん(57)が冴羽、 相武紗季 さん(37)が香を演じていて、こちらも高評価でした」

このように実写化を重ねてきた『シティーハンター』シリーズ。15年当時の『女性自身』によれば、原作ファンの上川は作者の北条とバーで役作りについて熱く語り合ったり、体脂肪を10%以下に絞り込んだり、局側が原作のコメディな要素を封印しようとするも 「冴羽リョウといえばもっこりです!監督に怒られたら止めますから、やらせてください!」 と直談判したりと、原作への愛の強さで知られていたが、今回の『ネトフリ版シティーハンター』で冴羽を演じるのは、いったい誰なのか?

■昔から冴羽に憧れていた演技派俳優が抜擢された

「今回のネットフリックス版『シティハンター』の主役は、 鈴木亮平 さん(39)と聞いています。ルックスで言えば、上川さんやフランス版のフィリップ・ラショーの方が似ていますが、鈴木さんといえば徹底した肉体改造をするストイックぶりで知られているし、上川さんに負けず劣らずシティーハンターの大ファン。そういう意味では期待できますね。

ふだんの髪型も、実は冴羽に影響を受けて無意識に寄せていたとか(笑)。ちなみに、鈴木さんと原作の冴羽の身長は同じ186cmです(※注アニメ版では191.4cm)」

鈴木はこれまで幾度となく『シティーハンター』への愛を熱弁してきた。

「マンガ原作なんですが、もうちょっと歳を重ねてから、『シティーハンター』という漫画の主人公をやってみたいですね。僕、冴羽リョウが大好きなんですよ。これは有言実行の夢ですね」(10年11月10日公開『ムービーウォーカー』)

「最初声優さんになりたかったんですよ。『シティーハンター』が好きだったので、声優さんだったらこういうフィクションの世界に入り込めるかなと思ったんですよ」(18年12月30日/『 神谷明 TALK×3』CBCラジオ)

「いつか『シティハンター』の冴羽リョウを演じたい。そう思いながら俳優の仕事を続けてきました。初めて北条先生の作品に触れたのは小学3年生。あの頃からずっと冴羽リョウは僕の憧れです。今日は篠山先生( 篠山紀信 )に"冴羽リョウに似てる"!とお言葉をいただいたし、北条先生とも映像化するなら……という話で盛り上がって嬉しかった。先生、改めて企画提案に伺います」(15年3月発売の『BRUTUS』マガ ジン ・ハウス社)

■ヒロイン・香のキャスティングは?

冴羽のパートナーでヒロインの槇村香は、誰が演じるのだろうか?

森田望智 さん(25)がキャスティングされているようです。村西とおる監督を山田孝之が壮絶なまでに演じ切って、ネトフリの需要を一気に押し上げた『 全裸監督 』で、実在する伝説のセクシー女優“黒木香”を体当たりで演じ、絶賛されました。そのご褒美として今回指名された、ということになります。黒木香から槇村香ということですね。

森田さんは身長163cmですが、香の身長は168cm(アニメ版)と長身のショートヘア。ルックスの方向性も、鈴木さん以上に原作とは違っています。彼女の演技力なら問題はないでしょうが、熱が高すぎるファンも多い作品ですからね。演出ひとつで大炎上する危険はつねにつきまとっています。

原作でのお約束のギャグシーン“巨大ハンマーでスケベなリョウを制裁”は、何があっても完璧にやってもらいたいところですが……」

最終的には評価された上川版でさえ、荒れてしまった実写版『シティハンター』。はたして鈴木と森田は乗り切れるのかー-。




【関連記事】
草なぎ剛「4年半ぶり復活」、木村拓哉「SMAPメンバーとのインスタ投稿」、中居正広「心境の激変」、稲垣吾郎「28年間、6人とか5人とかでやってきた」…SMAPメンバー5人「激動の2022年夏」
『東京リベンジャーズ』異例の「実写化絶賛」で2023年続編決定!絶大評価を支えるドラケン役・山田裕貴の「バケモノ級の能力」
石田ゆり子、ベリーショートでイメージ激変の鈴木杏と2ショット!「一瞬分からなかった」「誰かと思いました」反響続々

日刊大衆

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ