中村光のクリスマスコメディ漫画を映画化!『ブラックナイトパレード』出演は吉沢亮、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐ら

豪華キャストが集結し、クリスマスを裏で運営するブラックサンタの実情を描きだす/[c]2022「ブラックナイトパレード」製作委員会[c]中村光/集英社

中村光のクリスマスコメディ漫画を映画化!『ブラックナイトパレード』出演は吉沢亮、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐ら

8月2日(火) 5:00

提供:
ブッダとイエスキリストの共同生活を描いた「聖☆おにいさん」など独特の世界観で人気の漫画家、中村光の最新作が、福田雄一監督、吉沢亮主演で『ブラックナイトパレード』として実写映画化され12月23日(金)より公開されことが決定。さらに、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐らの出演とともに、本映像と監督、キャスト、原作者らのコメントが到着した。
【写真を見る】原作は「聖☆おにいさん」などで知られる中村光の「ブラックナイトパレード」

原作は、良い子のところには欲しいプレゼントを持った赤いサンタが、悪い子のところには欲しくもないプレゼントを渡しに黒いサンタがやってくるという実在の伝承をもとに、中村光ワールドを炸裂させたクリスマスコメディ作品。メガホンをとるのは「銀魂」シリーズ、『今日から俺は!!劇場版』(20)などを監督し、2020年の1年間だけで監督作の興行収入が100億円を超えたヒットメーカーである福田。実写ドラマ「聖☆おにいさん」以来となる中村光とのタッグで、ダメ男が迷い込んだ奇妙なサンタのお仕事を描きだした。

受験失敗、就活失敗、彼女無しだがクリスマスの世界で大活躍することになる主人公の日野三春を演じるのは『キングダム』(19)で第43回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した吉沢。吉沢は作品に対して「インする前は喜びと緊張でいっぱいでしたが、そんなんどうでもよくなるくらいひたすら暑かったです。もちろんいろんな意味で。そんないろんな意味でホットな作品で今年の冬、一緒に暖まりましょう」とコメントを発表している。

また、吉沢演じる三春の同僚キャストも合わせて解禁に。橋本が世界中の子どもたちにプレゼントを配る会社であるサンタクロースハウスでともに働く同僚の北条志乃を、中川が、三春のコンビニバイト時代の同僚で宿敵でとにかくチャラい田中皇帝を、渡邊が寡黙で無表情だが三春の事を気にかけてくれる優しい同僚の古平鉄平をそれぞれ演じる。元々原作ファンだという橋本は「狂気的な顔をしながら機械を操る姿とか、おもしろい部分もたくさんあるので、演じるのがとても楽しかったです!」と撮影を振り返りコメント。中川は「今回演じる皇帝君は、作品の中でも大好きなキャラクターなのですが、自分に無い部分をギュイーンと持ってきてやっている感じはありますね。1シーン撮っただけで、ちょっと痩せた気がしました(笑)」と個性的なキャラを演じる難しさを語った。また、渡邊は「監督、キャスト含めずっとご一緒したかった方々なので、撮影期間は幸せでございました」と撮影を振り返っている。

さらに今回、クリスマス一色に飾り付けられた部屋で目を覚ます三春の姿を捉えた本映像も到着した。北極にあるサンタクロースハウスに連れてこられ、クリスマスを裏で運営する黒い服のブラックサンタを目の当たりにし、個性的な仲間たちとともにブラックサンタとして働くことになる三春の姿が映しだされている。ブラックサンタの仕事、そしてクリスマスの裏側など、物語の全貌が気になる映像となった。

中村光の「ブラックナイトパレード」は福田監督と豪華キャストたちによってどのように実写化されているのか?クリスマスにぴったりの本作の公開を楽しみに待ちたい。

<吉沢亮、橋本環奈、中川大志、渡邊圭祐、福田監督、中村光のコメント>

●吉沢亮(日野三春役)

「モコモコのサンタ服を着て、クソ暑い夜の街を走り回り、汗と涙と血ヘドでグチョグチョのクリスマスを過ごさせて頂きました。ブラック企業やら、働き方改革やらよく耳にしますが、多分サンタさんが一番黒いです。福田監督の映像作品は『銀魂2』以来で、初の主演でもあったので、インする前は喜びと緊張でいっぱいでしたが、そんなんどうでもよくなるくらいひたすら暑かったです。もちろんいろんな意味で。そんないろんな意味でホットな作品で今年の冬、一緒に暖まりましょう。クリスマスは映画館で!」

●橋本環奈(北条志乃役)

「元々原作が大好きで読ませて頂いていたので、どんな風に描かれるのか楽しみにしていました。演じさせて頂いた志乃ちゃんは、可愛らしい印象がありつつ、ちょっと変わっているというか(笑)可愛いだけじゃなくて、狂気的な顔をしながら機械を操る姿とか、おもしろい部分もたくさnあるので、演じるのがとても楽しかったです!ほかのキャラクターも個性的で、特に中川さんが演じた皇帝君は、話し方とかも一癖ある役なので、どんなふうに演じられたのか、是非劇場で確かめてください!」

●中川大志(田中皇帝役)

「ファンタジーと現実の世界が隣り合わせで、『もしかしたら本当に存在しているかも!』という世界観が大好きなので、原作を読ませていただいて一瞬でファンになってしまいました。今回演じる皇帝君は、作品の中でも大好きなキャラクターなのですが、自分に無い部分をギュイーンと持ってきてやっている感じはありますね。1シーン撮っただけで、ちょっと痩せた気がしました(笑)ちなみに役作りのために歯を一本抜きました!(嘘)クリスマスは是非劇場にお越しください!」

●渡邊圭祐(古平鉄平役)

「原作を読ませて頂きまして、一気に引き込まれました。とにかく続きが気になる。そしてその原作のおもしろさを存分に盛り込んだ台本が手元に届き、撮影に入るのが楽しみでした。初の福田監督作品で、演じさせていただいた鉄平は寡黙で無表情というのが大きな特徴の一つなのですが、福田組に一番適していないのではと自負しております。監督、キャスト含めずっとご一緒したかった方々なので、撮影期間は幸せでございました。クリスマスは是非劇場でお過ごしくださいませ!」

●福田雄一(監督)

「中村光先生の作品は『聖☆おにいさん』以来、2作目で、相変わらずその笑いのシュールな感じがとてもおもしろい作品です。役者陣は普段クールなイメージの吉沢亮くんがとても情けないけど、やる時はやるという珍しい顔を見せてくれています。橋本環奈ちゃんは得意のコメディパワーを全開にしてくれていますし、中川大志くんとは前に連ドラでご一緒したのですが、その時とは全く別の、とてもイケメン俳優とは言い難い怪演を見せてくれています。渡邊圭祐くんは原作から飛びだしてきた感じでピッタリです!どうぞご期待ください!」

●中村光(原作)

「福田監督に映像化して頂くのは2回目になるのですが、今回もまたやって頂けるという事で、嬉しさと期待でいっぱいです。演じて頂くキャストの方々が本当に凄い方たちばかりなので、映像で観るのがとても楽しみです。撮影現場も見学させて頂いたのですが、吉沢さんは本来の輝きを消して、三春そのものになってくれてて感動しました。橋本さんは、志乃ちゃんを描くときに『橋本環奈ちゃんみたいな感じの雰囲気が良いな』と思って描いていたので、まさか志乃ちゃんを演じて頂けるとは…(笑)中川さんは姿を見た瞬間にカイザー君そのものだ!と嬉しくなり、渡邊さんも立ち姿がすてきで、原作よりクールな鉄平君になるのではと楽しみにしています。私自身、クリスマスが好きで、誰かと過ごさないといけないというテーマが最近多いと感じていたんですが、クリスマスが好きな方も、嫌いな方も楽しめる映画になるんじゃないかなと期待しております!」

文/鈴木レイヤ


【関連記事】
『東京リベンジャーズ』2023年続編製作決定!北村匠海「みんなとまた会える、また"名前を呼んでもらえる"」
次回作は「また別次元の作品に」。原泰久&佐藤信介監督が語る、山崎賢人の“信らしさ”と「キングダム」の未来
ボーイッシュな黒髪ショートとピンクのボブ、どちらの橋本環奈がお好き?
橋本環奈、殺し屋役に挑戦で筋肉痛「『今日は30人ね』とか言われて…」
中川大志「ブースの中はまるでサウナ!」パワーアップしたソニックのアフレコ終了で放心状態
Walkerplus

国内・経済 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ