石丸幹二&柿澤勇人『ジキル&ハイド』、笹本玲奈、真彩希帆、桜井玲香らの出演発表

ミュージカル『ジキル&ハイド』に出演する(上段左から)石丸幹二、柿澤勇人、笹本玲奈、真彩希帆、Dream Ami、桜井玲香、(下段左から)石井一孝、上川一哉、畠中洋、佐藤誓、栗原英雄

石丸幹二&柿澤勇人『ジキル&ハイド』、笹本玲奈、真彩希帆、桜井玲香らの出演発表

8月1日(月) 18:00

俳優の石丸幹二と柿澤勇人がダブルキャストで主演を務めるミュージカル『ジキル&ハイド』に、女優の笹本玲奈、真彩希帆、桜井玲香らが出演することが発表された。

【写真】“有終の美”石丸幹二と“3代目就任”柿澤勇人がWキャスト

石丸は、初代の鹿賀丈史(2001年の日本初演から2007年まで4回にわたり主演)の跡を継ぎ、2代目として新演出でミュージカル界屈指の難役に臨んだ。その後、2016年、18年の再演を経て、唯一無二のジキル/ハイド像を構築、高い評価を得ている。石丸にとって最後となる2023年3月の再演では、ミュージカル界で異彩を放つ柿澤勇人もダブルキャストとして大作に挑む。

そして、このたび物語を彩るプリンシパルキャストが決定。ジキルとハイドの間で揺れ動きながらも破滅的な運命を辿る娼婦のルーシー役には、前回の好演も記憶に新しい笹本玲奈と、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の真彩希帆。ジキルの婚約者で、彼を一途に信じて支え続けるエマ役には、本作でグランドミュージカル初出演となるDream Amiと、乃木坂46卒業後も多くのミュージカルで着実なステップアップを見せる桜井玲香。出自の異なる4人が、対照的なヒロイン像を鮮明に描き出す。

ジキルの親友でストーリーテラーでもある弁護士アターソン役は、『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役をはじめ、数多くのミュージカルに出演してきた石井一孝と、『リトルマーメイド』エリック役で日本オリジナルキャストを務める上川一哉。エマに想いを寄せ、ジキルと対立するストライド役には、2011年の石丸版初演より同役を演じる畠中洋。研究にのめり込んでいくジキルを心配しながらも支える執事・プール役を、紀伊国屋演劇賞や読売演劇賞に名を連ねる佐藤誓、エマの父親で病院の理事であるダンヴァース卿を、三谷幸喜作品の常連としても知られる栗原英雄が演じる。

ミュージカル『ジキル&ハイド』は、2023年3月上演予定。

■関連記事
ミュージカル『ジキル&ハイド』再演決定“有終の美”石丸幹二と“3代目就任”柿澤勇人のWキャスト
舞台『ハリー・ポッター』に綾瀬はるか大興奮「テーマパークに来たみたいなワクワク感」
向井理、綾瀬はるから舞台『ハリー・ポッター』レッドカーペットに登場
桜井玲香、初のミュージカル単独主演『DOROTHY~オズの魔法使い~』上演決定
【インタビュー】元宝塚トップ娘役・真彩希帆、退団から半年カルチャーショックの連続の中に充実感
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ