阿部寛、若手女優・見上愛との"共演"に「監督が最初に褒めたシーン。思いのほか、すごく良かった」

阿部も満足するシーンで共演した見上

阿部寛、若手女優・見上愛との"共演"に「監督が最初に褒めたシーン。思いのほか、すごく良かった」

7月31日(日) 16:00

提供:


映画『 異動辞令は音楽隊! 』の完成披露試写会が28日、都内で行なわれ、 阿部寛 清野菜名 磯村勇斗 高杉真宙 (まひろ)、 見上愛 内田英治 監督が登壇。阿部は、若手女優である見上との共演シーンに「すごくうれしかった」と語った。

本作は、犯罪捜査一筋だった刑事・成瀬司(阿部)が、警察音楽隊への異動命令により、慣れない環境で新たな居場所と生き方を模索する物語。内田監督が、YouTubeで見た警察音楽隊の映像をきっかけに作られた。



イベントが始まると、磯村から阿部に「一つお聞きしたいことがありまして......」と質問が。

「阿部さんが現場でカブトムシを見つけて、ポケットに入れたというウワサ話をお聞きしたんですけど」とその真相を聞かれた阿部は「撮影中に肩に飛んできたんです、クワガタが。小さかったので、これは入れておこうと」と真実であったことを告白。

さらに「それを見た照明さんが、その後に、カブトムシを3匹くれたんです(笑)」と明かすと、共演者たちは驚きながらも爆笑していた。



今作では、警察音楽隊を演じる阿部らが自ら楽器を演奏しているが、阿部は「楽器と聞いただけで、断ろうかと思いました」と暴露。ただ、それでも承諾したのは「『ミッドナイトスワン』を撮られた内田監督が『次に何をやるんだろう?』と思いましたし、成瀬にとっても挑戦だから、一緒に挑戦していけばいいかな」とその理由を明かした。

しかし、初めてのドラム演奏に「最初は数が多くて、どれをたたいたらいいのか分からなかった。木魚を叩くように練習していた」そう。次第に慣れ、3カ月以上の練習を重ねた結果、清野も

「もうカッコよかったです!練習から拝見させていただいていたので、どんどんアップデートされていく阿部さんを見て、プロ根性を感じましたし、尊敬していました」

と称賛を送った。



また、ギターで阿部とセッションするシーンを撮影した見上は、「始めたばかりの頃ってドラムを見るのに一生懸命になってしまう。でも、阿部さんはアイコンタクトを取りながら、リズムをキープされていて、私も心が動きながら撮影できて、すばらしいなと思いました」と阿部のドラムを絶賛。

すると、阿部も「あのシーン、監督が最初に褒めてくれた。思いのほか、すごく良かったんですよ。カメラワークも全てバッチリ決まって」と感無量の様子だった。



取材・文/鯨井隆正

【関連記事】
【写真】クワガタエピソードに爆笑する清野
元HKT48の"はるっぴ"こと兒玉 遥が大人グラビアに挑戦「女優に転身してからいい意味で喜怒哀楽が大きくなった気がします」
最も夏が似合う"王道アイドル"健在! SUPER☆GiRLSメンバーの個性大爆発座談会「『好きな人の隣にいてほしくない女のコ』の第1位になりました(笑)」(門林)
「あざと連ドラ」で注目を集める安倍乙がファースト写真集『吐息の温度』を発売!「写真集の撮影以降、運気がすごく上がって、いい予感があるんです」
安倍 乙『ぬくもり』(劇団4ドル50セント)
週プレNEWS

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ