長濱ねる、アイドルだったことは「自分にとってすごく誇り」ファンへの思いも

2021年に続き「TIF」チェアマンを務める長濱ねるに心境を聞いた/撮影:山田健史

長濱ねる、アイドルだったことは「自分にとってすごく誇り」ファンへの思いも

7月26日(火) 10:00

「TOKYO IDOL FESTIVAL」(TIF)の二代目チェアマン・長濱ねるが、8月5日(金)~7日(日)にお台場・青海周辺エリアで開催される世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」で2021年に引き続きTIFのチェアマンを務める。初代・指原莉乃からバトンを引き継いだ2021年は、リアルとオンラインのハイブリッドで10月に開催。今年は3年ぶりの夏開催となる。また、昨年に引き続き特別番組「ねる、取材行ってきます」(フジテレビ)を放送。2回目は7月26日(火)深夜2:25から放送される。TIFに向けて気合十分の長濱に、今回の見どころを尋ねると、アイドルを経験した彼女ならではの見解を聞くことができた。
【写真】「改めてアイドルってすごくすてきだなと思う」と語る長濱ねる

■3年ぶりの夏開催、すごくワクワク

――2年連続のTIFチェアマンが決まった時は、どんな心境でしたか?

去年のTIFがすごく楽しかったので「今年もチェアマンとして携われるんだ」とうれしかったです。3年ぶりの夏開催ということで、チェアマンとしては夏のTIFを回るのは初めてなので、どんなふうになるのかすごくワクワクしています。

――初めてのチェアマンとなった昨年の思い出を教えてください。

本当に純粋に楽しませていただいた感じがしていて、チェアマンとして機能していたのかは不安に感じることもあります。実際にいろんなステージを回ってアイドルのパフォーマンスを見たり、裏側で少しお話したりして、すごく刺激的な時間でした。

■新しいアイドルを皆さんと一緒に見つけて発信

――長濱さんの前は指原莉乃さんがチェアマンを務めていましたが、長濱さんが思うチェアマンの役割とはなんでしょうか?

指原さんは皆さんが憧れるようなレジェンドの方なので、チェアマンを引き継いだ時点で指原さんのようにチェアマンができるとは思っていなかったんです。TIFの事前番組で、記者として皆さんのことを勉強したり、視聴者さんと同じ目線で新しく魅力を掘り下げたり、広めていくのが私の役割なのかなと思っています。いろんな所に足を運んだりして、新しいアイドルを皆さんと一緒に見つけて発信していくような活動ができたらなと思っています。

――昨年お話をうかがった時に、指原さんから「差し入れをたくさん用意するのがアイドルに喜んでもらう秘訣」とアドバイスをもらったと仰っていました。何を差し入れしたんですか?

去年は「冷たいものを」と思って、ジェラートを皆さんに差し入れました。今年は夏開催ということで、ちょっと迷い中です。

■アイドルという文化が日本を超えて、海外にもどんどん発信していけたら

――アイドル経験者の立場から、TIFに出演するアイドルを見て改めて感じることはありますか?

いろんなジャンルのアイドルの方がどんどん増えていて、改めてアイドルってすごくすてきだなと、間近で見ていて思います。こういった文化が日本を超えて、海外にもどんどん発信していけたらいいですよね。

さらに、バーチャルアイドルという新しいアイドルの形でパフォーマンスができるステージもあります。今年は「ウマ娘(ウマ娘 プリティーダービー)」さんが参加してくださったりと、今までTIFを楽しんでいた方だけでなく、新たにTIFに出会う方も増えたらいいなと思っています。

――長濱さんは、アイドルのどんなところに注目されていますか?

やっぱり楽曲、パフォーマンスにはすごく目を引かれますが、ミュージックビデオを見たり、オフショットから素の部分を見たりして、アイドルの沼にハマっていくようなところもあります。アイドルを応援する楽しさって、最初は楽曲から入ったとしても、一人一人の個性に人として引かれていくことが多いと思うんです。

■アイドルにとってTIFは特別

――アイドルに近い立場だからこそ伝えられるような、TIFの見どころはどんなところにあると思いますか?

アイドルにとってTIFは特別だと思うんです。グループの中だけでなく、個人にもスポットを当ててくれるフェスだと、私自身もアイドルをしていた当時から思っていました。TIFならではのステージで、アイドル同士がグループの垣根を越えて交流があったりもするし、別のグループのアイドル同士で撮ったオフショットがネットに上がったりするのも楽しめるというのは、TIFの醍醐味なんじゃないかなと思っています。

――長濱さん自身も、アイドルの頃からTIFのステージには特別な思いがあったんですね。

そうですね。自分たちを知らない方、アイドル好きの目が肥えた方など、新しい方々に自分たちを見ていただけるステージなので、そこでいかに好きになっていただけるか、すごく気合が入っていたなと思います。

――今回のTIFで注目しているアイドルはいますか?

たくさんいるので一組を挙げるは難しいですが、事前番組で私が取材した皆さんには、やっぱり注目しています。静岡発のfishbowlというグループの皆さんの、地元を盛り上げようという思いにはすごく共感しました。自分もそうありたいと思ったし、彼女たちはTIFが初めてということなので、ぜひ直接見に行きたいなと思っています。

■アイドルをやっていたことは自分にとってすごく誇り

――夏開催のTIFは久しぶりですが、長濱さんの印象的な夏の思い出は何かありますか?

夏といえば、やっぱり海とかスイカが浮かびます。地元が長崎県ですごく自然豊かなので、夏は外で真っ黒に日焼けしながら釣りをしたり、山に行ったりしていました。今でもお休みの日には釣りに行ったりすることがあります。

――夏は好きですか?

暑いのは得意ではないので、夏は引きこもりがちなんですけど、フェスがあるので好きになれます。私もいろんなフェスに足を運ぶほどフェスが好きなので、TIFをモチベーションに暑い夏を乗り越えられたらなと思っています。

――現在は俳優業なども含め、幅広い活躍をされていますが、アイドルの経験はご自身にとってどういうものでしたか?

アイドルをやっていた、ということは自分にとってすごく誇りです。アイドルというチームの一員で活動していたことや、ダンスで何かを表現する一部になれたこと、お客さんと一緒にライブを作った感覚は、俳優業だけじゃなく、いろいろな現場で「自分はチームの一部なんだ」と自覚することにつながっています。アイドルを通して、歌やダンス以外にもさまざまな経験をさせていただいたことは、今の自分の仕事から私生活での興味まで、多くのことに生きているなと思います。

■チームで仕事をする上で心掛けているのは「自分にしかできないこと」

――チームで仕事をする上で、長濱さんが心掛けているのはどんなことですか?

自分がやっていることに責任を持って「自分にしかできないこと」ができたらいいなと思っています。アイドルグループは、一人一人が違う個性を持ちながら、全員で一つのものを作ります。そういう中でも自分の色を少しでも出せるように、自分ならではのお仕事をしたいなと思っています。

――では、長濱さんの個性とはどんなところですか?

難しいですね、まだ見つけられてはいないです。ただ、生活していく中で「これは好き」「これは好きじゃない」という感覚はすごくあると思っているんです。そういう感覚を信じないと自分の個性は分からないので、自分の中にある感覚を信じて、消さないようにはしています。

――長濱さんにとってファンの存在とは?

支えであり救いです。皆さんがいてくれるから私は今、活動できています。私がいろんな新しい挑戦をしたりする時にサポートをしてくれたり、肯定してくださる方が多いので、ファンの方は変化に寛容でいてくれているような気がしています。皆さんがいてくれる安心感で、ちょっと苦手だなって思うこととか、難しそうだなって思うことも、飛び込んで挑戦できるんです。

私の応援団でもいてくれるし、私自身も皆さんの力になれたらいいなと応援団のようなつもりでいます。ファンの方から「あの時は高校生でした」というお話を聞いたりすると、長い時間ずっと一緒に過ごしてきてくれたんだなとうれしいです。自分が何か少しでも力になれていたら、と日々考えているので、TIFなどで実際に会える機会はすごく大切にしたいなと思っています。

――では、改めてTIFの開催を待ちわびている皆さんにメッセージをお願いします。

今回は8月に開催するTIFで、待っていてくださった方もたくさんいらっしゃると思います。今年が初めてという方もいらっしゃると思いますが、新しい出会いがある夏にしていただけるとうれしいです。実際に会える機会は本当に貴重だと思うので、ぜひ会場に足を運んでいただきたいです。ただ、暑いと思うので、体調には本当に気を付けて、オンラインも利用しながら無理なく楽しんでいただきたいです。

◆取材・文=山田健史


【関連記事】
【写真】長濱ねるは「支えであり救い」とファンに感謝
乃木坂46・5期生&日向坂46が最終日に登場200組超えの全出演者が決定<TIF2022>
長濱ねる「アイドルの皆さんと一緒に熱いフェスが作れた」チェアマンの大役を終え安堵の表情<TIF2021>
日向坂46、ツアー真っただ中でのTIF参戦! 迫力のステージで会場沸かす<TIF2021>
長濱ねる、チェアマン“初仕事”で開会を宣言「今年一番の思い出に残るTIFに」<TIF2021>
長濱ねる「アイドルさんの魅力を深堀りしていければいいな」二代目“TIF”チェアマンへ意気込み<インタビュー>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ