今井翼×塚本高史が語る、hideへの強い想い「優しいロックスターがいたことを知ってもらえたらうれしい」

今井翼×塚本高史/撮影=尾形正茂(SHERPA+)/スタイリスト=渡邊奈央(Creative GUILD)(今井)、上井大輔(塚本)/ヘア&メーク=中谷圭子(AVGVST)(今井)、YASU(塚本)/衣装協力=AKM(今井)、Sakas PR(塚本)

今井翼×塚本高史が語る、hideへの強い想い「優しいロックスターがいたことを知ってもらえたらうれしい」

7月18日(月) 6:15

X JAPANのギタリストでソロアーティストとしても活躍していたhide。彼の実弟でありマネジ
【写真】今井翼×塚本高史、背中合わせの爽やかカッコイイショット
ャーがつづった物語が「TELL ME ~hide と見た景色~」として実写映画化した。1998年に急逝したhideの遺志を継いで、彼の音楽を世に届けるため奔走する弟・松本裕士に今井翼、hideの盟友であり共同プロデューサーのI.N.A.に塚本高史が扮する。

■塚本「この作品に参加できていなかったらすごく嫉妬していた」

――まずは出演が決まったときの感想を教えてください。

今井:僕は小学生のときにX JAPANと出会い、そこから一気に好きになって…。メンバーの中でもhideさんはすごくカリスマ性を持ったアーティストで、彼の持つ独特の世界観は唯一無二だと感じていました。だからこそ、この作品のお話をいただいたときはうれしかったです。

塚本:僕は小学6年生のときにソロ曲を聴いてそこから夢中になり、中学生でhideモデルのギターを買ってもらい音楽をやるようになりました。亡くなった後も、当時はまだVHSだったのですが、ライブ映像をすり切れるくらいまで見たりして…。音楽はもちろんですが人としても大好き。この作品、もし僕が参加できていなかったらすごく嫉妬していただろうし、多分見ていなかったはず(笑)。それくらいファンなんです。

■今井「高史くんの存在は本当にありがたかった」

今井:高史くんの存在は本当にありがたかった。誰よりも詳しく、愛を感じました。hideを演じたJUONさんに対しても、このしぐさの方がhideっぽいとかアドバイスもしていて…。監修という肩書が付いてもおかしくないくらい(笑)。

塚本:好きで見てきたものだから、一ファンとしての目線でこうしたらどう?とか言わせてもらっただけで。もちろん仕事だし、I.N.A.という役割もあるんだけど、あの現場にいられた時間は、ただただ幸せでした。

――弟・裕士さんの目線で、生前のhideさんの様子や亡き後の混乱が描かれていますが、お二人は完成した映像を見て、どう感じましたか?

塚本:子供時代のシーンがすごくリアルだった。こういう映像を見られたことはかなりうれしかったです。

今井:裕士さんが弟として見たお兄さんの姿やマネジャーとして見た姿は、僕がこれまで知っているhideさんとはまた違った姿で。そして一つ思ったのは、hideさんはすごく人思いな方だったんだなと。バンドメンバーに対しての愛が強く、いつも仲間のことを思っていて…。お酒を飲むと傍若無人でマネジャーとしては困り果てたと思いますが、すごく無邪気でいとおしい人だと改めて感じました。そして物語にはもちろん裕士さんの葛藤も描かれていて。そこは高史くんがリードしてくれたことで、かなり助けられました。

塚本:細かい演技については話さなかったのですが、お互いに芝居で会話をしているような感じはありました。2人で感情のキャッチボールをしながら演じたというか。そんな彼らの悩む姿も見ていただけたら。

■今井「どこにも使用されていない本物の音も使われていたりする」

――本作は、実際にhideさんが使用していた愛車や愛用品などの他にも、ライブ音源や本人の映像も登場していますよね。

塚本:今回、どこにも使用されていない本物の音も使われていたりします。これってすごいことですよ。細部までリアルだから、本当にドキュメンタリーみたいになっています。

今井:演じたシーンでも、実際にこうだったんだろうなと感じることが多くて。時間の制限もあり、描けなかったこともありますが、この作品には人間・hideさんの魅力が詰まっています。この作品を見て、僕はhideさんをより近くに感じることができたような気がしました。

塚本:この作品を見て、優しいロックスターがいたことを知ってもらえたらうれしいです。そして、今まで彼らを知らなかった10代や20代の人たちも、これを機にいろいろな音楽を聴くきっかけになれば。ラストのライブシーンもかなり圧巻です。

今井:ライブシーンは、葛藤してきた裕士さんのいろんな感情が解き放たれた瞬間でした。すごく印象的。hideさんの魂と共に、彼らが作り上げてきた音楽の力を映画館で感じていただければうれしいです。

◆取材・文=玉置晴子


【関連記事】
今井翼が本当にやりたいことをする新番組がスタート「30代最後の夏にこういう企画ができて、貴重な時間でした」
塚本高史、身長抜かれる…?長女&長男と並んで歩く“親子3SHOT”に反響「お子さんたち背高い!」「歩いてるだけで絵になる」
今井翼、初の悪役に「ちょっとクセになりました」工藤阿須加とは“野球トーク”
塚本高史「想像できない面白さがあるのがこの世界の良さ」インタビュー<後編>
今井翼「この作品に巡り会えてよかった」映画『TELL ME ~hideと見た景色~』完成披露上映会に登壇!YOSHIKIのコメントも届く
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ