ジャニーズWEST・中間淳太、イケメン先生に扮し女子高生の頭をポンポン

7月1日(金) 10:00

7月1日に放送される『ちまたのジョーシキちゃん』(カンテレ、毎週金曜19:00~※関西ローカル)では、レギュラーメンバーの中間淳太(ジャニーズWEST)がロケに初参戦する。

同番組は、世代や場所、シチュエーションなどによって異なる常識(ジョーシキ)をあらゆる角度から調査し、独自の目線で紹介していく新感覚バラエティ番組。MCを横山裕(関ジャニ∞)と見取り図(盛山晋太郎、リリー)が務め、蛍原徹、中間、くっきー!(野性爆弾)がレギュラー出演する。

中間がロケに挑戦するコーナー「ウチの学校のジョーシキ」は、関西にあるさまざまな学校にレポーターが潜入し、ユニークなジョーシキを調査する好評ロケ企画。今回のSPでは兵庫県にある女子校と男子校の2校を訪ね、それぞれの校風や他校にはない独自のルール、生徒たちに親しまれている名物やイベントなど、それぞれの学校生活を探る。

中間はお笑いコンビ・さや香とタッグを組み、西宮市にある女子校「武庫川女子大学付属高等学校」通称“武庫女(むこじょ)”をレポート。人気ジャニーズアイドルの突然の来校に生徒たちは大興奮。中間はあっという間に集まった大勢の武庫女生に取り囲まれ、「キャー!」と黄色い声援を浴び、熱烈な歓迎を受けた。

続いて校内を巡った中間は、普段は持ち込み禁止のお菓子が解禁になる年に一度の“特別な日”や、食堂で大人気のスイーツメニューなど、女子校ならではのジョーシキを調査。そんななか、生徒の夢をかなえるべく、中間はイケメン先生役を演じることに。“放課後、イケメン先生に2人きりで勉強を教えてもらい、一問解けたら頭ポンポンで褒められる”という少女マンガのようなシチュエーションを中間が熱演する。

「どの問題やってるんや?」とナチュラルな演技で生徒の正面に座った中間は、「お、正解や」とやさしく頭をポンポン。「めっちゃ恥ずかしいねんけど!」と大照れだったが、「幸せです!」と感激しきりの生徒の姿に思わず笑みがこぼれていた。ほかにも、ある競技で日本代表にも選ばれた天才少女のハードな練習を体験したり、名門コーラス部の合唱に飛び入り参加したりする。

また、神戸市灘区にある男子校「六甲学院高等学校」をお笑いコンビ・すゑひろがりずが調査。およそ1000人の生徒たちが圧巻のパフォーマンスを見せる体育祭の“伝統種目”などをレポートする。

ロケを終え、中間は「めちゃめちゃ楽しかったです。みんなががんばっている姿を見て、僕もがんばろう!と背中を押されました。女子校にお邪魔したのは初めてで、すごくドキドキしましたね。“入っていいんか?”っていう(笑)。最初緊張しましたけど、みんな本当に純粋な子たちで、すごく癒されました」と、笑顔で振り返る。さらに「僕は男子校だったのですが、女子校は男子校に近い部分がちょっとあるな、と思いましたね。あんまり異性の目が気にならないからこそ自由な感じ(笑)。その辺は懐かしさを感じました。今回、女子高生の子たちも何人か言っていたんですけど、周りから“女子校でかわいそう”とか言われるらしいんです。けど、そうじゃなくて実際はすごく楽しいところなんだよっていうのが、今回のロケを見てもらったらわかると思うので、皆さんにぜひ見てほしいです!学校のすてきな部分がたくさん見えてくると思います!」とアピールした。

なお前回の放送では、新企画「離島のジョーシキ」が始動。兵庫県・坊勢島で絶品島メシなどを調査した。

関連リンク
【動画】『ちまたのジョーシキちゃん』の最新回を視聴する

【動画】『ちまたのジョーシキちゃん』

キンタロー。亡き母思いマツケンサンバで号泣「プロ根性だ」

日向坂46・齊藤京子、憧れのYOASOBIにプレゼントを贈り「待って!本当にやばい」と大興奮

令和喜多みな実・河野に祇園・木崎が不満?「次世代のMCを育てようとしてない」

磯村勇斗、初ゴチバトル「絶対払いたくない!」
テレビドガッチ

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ